【2019年度版】育毛剤ランキングを見る →

M字ハゲは大学生に多かった!その理由を徹底調査

大学生でM字ハゲについて解説

大学生もM字ハゲに!?

M字ハゲというと、一般的には40代以上の中年男性に多いというイメージがあるのではないでしょうか。

しかし、実は大学生にもM字ハゲに悩まれている人は意外と多くいらっしゃいます

ではなぜ大学生でM字ハゲになってしまうのでしょうか。

今回はその原因を徹底解明!

さらにM字ハゲになりやすい人の特徴や、対策方法まで詳しく解説していきます。

この先のキャンパスライフを謳歌するためにも、ぜひ目を通してみてくださいね。

大学生のM字ハゲとは

そもそもM字ハゲとはどういうものなのでしょうか。

原因や対策をご紹介する前に、最初にM字ハゲについて解説していきますね。

名前はよく聞くけど、M字ハゲについて詳しく知らない…という方は必見ですよ!

なぜM字ハゲと呼ばれているか?

M字ハゲというネーミングは、正式名称ではありませんがその形状からきています。

M字ハゲはAGA(男性型脱毛症)の一種であり、顔を正面から見た時に、額の生え際からM字型に髪の毛が後退して行く症状のこと。

今、薄毛で悩まれている男性のほとんどがAGAを発症していると言われているんですよ。

AGAはもともと体内にある男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結びつき、脱毛を促進させるホルモンに変性して引き起こされます。

しかしこのホルモンは誰の体にも存在しているので、すべての人がAGAを発症するわけではありません。

そのため、M字ハゲになるかどうかは、生活習慣が大きく関わっていると言われています。

早ければ10代でなるM字ハゲ

一昔前までは、薄毛は成人男性がなるもの、というイメージがありました。

しかし、M字ハゲは早ければ10代のうちから発症してしまうことがあるのです。

そして、10代でも薄毛に悩まされる人は年々増えているとも言われています。

10代といえば自分の外見にかなり気をつかう時期でもあり、薄毛は精神的にも大きなショックとなってしまいますよね。

しかし、本来であれば薄毛が進行するのはある程度年齢を重ねてからの話。

では、なぜこれほどまでに10代や20代の方でもM字ハゲに悩まされている人がいるのでしょうか?

次は、大学生がM字ハゲになってしまう理由を解説していきます。

大学生がM字ハゲになる理由

それではここから、M字ハゲに悩む大学生のために、まずは原因について解説していきましょう。

勉強に遊びにバイトに就活に、毎日忙しい生活を送っている大学生も多いことでしょう。

そして、その生活の中にこそM字ハゲを進行させる原因が潜んでいるのかもしれません。

以下でご紹介する理由は多くの大学生が陥りがちなものでもあります。

自分は当てはまっていないか、チェックしてみてくださいね。

極端な生活習慣の乱れ

生活習慣が乱れてる人は要注意!

大学生になるとスケージュルがある程度自由になります。

そこでどうしても乱れてくるのが生活習慣ですね。

とくに多いのが睡眠サイクルの乱れ。

多くの人が高校生の時よりも夜遅くまで外出する機会が増えるため、就寝時間も遅くなりがちです。

すると自ずと睡眠不足となり、髪の毛を成長させるための成長ホルモンが分泌されにくくなってしまうのです。

また、運動不足もM字ハゲの原因の1つ。

運動にはリラックス効果や血流を改善させるはたらきがあるのですが、運動不足は慢性的な血行不良を招きます。

すると血液とともに栄養素が頭皮まで運ばれにくくなるので、知らず知らずの内にM字ハゲを招いてしまうことがあるのです。

ゲームやパソコンの見過ぎ

パソコンやスマホ画面の見過ぎかも

今やほとんどの方がスマートフォンやパソコンを1台以上は持っている時代。

そして、スマホゲームもどんどん登場し、日夜熱中している人も多いのではないでしょうか。

ゲームやパソコンを見ることはリラックス効果がある行為のように思えますが、実は目を酷使し交感神経が優位な状態。

交感神経が優位な状態が続くと、血管が収縮するため血行不良になることも。

すると、前述したように髪の毛の成長が阻害される形になってしまいます。

また、夜寝る前にブルーライトを目にすると、脳が活性化され睡眠の質が落ちてしまいます。

このような影響が積み重なると、M字ハゲを進行させることがあるので注意しましょう。

バランスの悪い食生活

乱れた食生活はM字ハゲの大敵!

毎日の食事は体を作るための大切な原料となり、同時にエネルギーにもなります。

大学生になって睡眠と同じくらい乱れやすいのが食生活ですね。

体と同じく、髪の毛が成長するためにも栄養素は必要不可欠。

髪の毛に必要な栄養分が摂取できないと、髪の毛そのものが作れなくなるため頭皮と髪の毛にとっては緊急事態です。

基本的に体内では、生命維持に重要とされる臓器などへ優先的に栄養が供給されるようになっています。

こういった点で髪の毛は優先度が低いと言えるため、どうしても栄養不足になりがちな場所なのです。

栄養素が不足しては元気な髪の毛は作られなくなるので、次第に細く弱々しい髪の毛になりM字ハゲを引き起こすとされています。

ストレスや遺伝でもM字ハゲになる

以前は薄毛の原因は親族からの遺伝が大きな原因だと考えられていました。

しかし現在では、このような先天的な原因と同じくらい、後天的な原因も大きいと考えられるようになってきています。

後天的な原因といわれる物の中でも、ストレスはM字ハゲの大きな原因になりえます。

ではなぜストレスや遺伝がM字ハゲを招くのか、解説していきます。

ストレスがハゲになる理由

ストレスで薄毛になる!?

ストレスだと感じるケースは人によってさまざまですが、就活や単位に頭を悩ませている大学生は少なくありません。

ではなぜストレスでハゲてしまうのかというと、それは交感神経が原因。

何らかの理由でストレスを受けると体内では交感神経が活発になってしまい、血行不良を招いてしまいます。

また、新陳代謝の低下にもつながり、髪の毛をつくる細胞が活性化されなくなるとも言われています。

そのため、大学生という若さであってもハゲてしまう可能性があるのですね。

ストレスの源を完全に断つのは難しいことですが、なるべくこまめに発散するようにしましょう。

遺伝は避けられないハゲの原因

M字ハゲの原因は遺伝?

ストレスや生活習慣などの原因は、自分の行動次第で改善できる可能性は十分にあります。

しかし、残念ながら「遺伝」という原因はどうしても避けられないもの。

M字ハゲを引き起こすAGAは、25%程度の確率で遺伝されると言われています。

先ほど、AGAは5αリダクターゼという酵素が男性ホルモンに結びつくと発症すると解説しました。

遺伝するのはこの5αリダクターゼと考えられています。

また、この薄毛の遺伝子は実は父親ではなく母方から遺伝することが分かっています。

しかし、女性はAGAを発症しませんので、正確に言えば母方の祖父がAGAだと遺伝する確率も高いと言えるでしょう。

ただ、母方の祖父が薄毛だからといって、必ずしも自分もハゲるわけではありません。

あくまで原因の1つなので、あまり悲観しないようにしましょう。

こんな大学生は特にM字ハゲになりやすい!?

これまで、M字ハゲの原因を解説してきました。

しかし、やはり薄毛はなりにくい人・なりやすい人がいます。

では、どんな人がM字ハゲになりやすいのでしょうか?

以下に当てはまっている方は、生活習慣を見直す必要があるかもしれませんよ。

深夜まで勉強やゲームをする人

夜更かしは危険!

課題や論文に追われている人や、ゲームやスマホなどに熱中している人は注意が必要でしょう。

なぜなら、このような人たちは睡眠不足に陥っている傾向があるからです。

睡眠不足と薄毛の関係は、前にもお話ししたとおりですね。

睡眠時間が短ければ短いほど、髪を成長させるホルモンの分泌は減ってしまいます。

また、今までは22時〜深夜2時の間を「睡眠のゴールデンタイム」と呼びこの時間に寝ることが大切だとされてきました。

しかし今日では、大切なのは寝る時間帯ではなく、寝る時間の長さと眠りの深さだということが分かってきています。

人によって必要な睡眠時間は異なりますが、最低でも1日6時間以上は眠れる環境を作るようにしましょう。

食事の内容も時間も偏っている人

食事は「時間」も大切!

とくに大学生になって一人暮らしを始めた方が注意したいのは、食事の内容と時間です。

中には節約のため、カップ麺やおにぎりのみで済ませている方もいらっしゃるかもしれません。

すると、当然髪の毛を作るための栄養素が不足してしまうので、M字ハゲになりやすいと言えるでしょう。

また、私たちの体には、体内時計というものが備わっています。

この体内時計は正確には24時間でないため、どんどん実際の時間とのギャップが生まれ、自律神経が乱れてしまうことも。

それを正すのが、食事の役割でもあります。

なるべく毎日同じ時間帯にバランス良く栄養を摂取すると、自律神経を整えて安定して髪の毛に栄養を供給することができますよ。

タバコも酒も嗜む人

タバコとお酒は薄毛を招く!?

タバコや過度なお酒を嗜んでいる大学生も注意が必要です。

お酒は適量なら血行を促進する効能もあるため問題ないのですが、過度に飲んでしまうと肝臓で分解する際に大量の栄養を消費します。

すると、頭皮や髪の毛の栄養不足につながってしまうのです。

また、タバコのニコチンには血管を収縮させる作用があります。

そのため、酸素や血液が十分に行き渡らず、毛母細胞が活性化されなくなってしまうと言われています。

とくにタバコは吸い始めるとなかなか止められなくなってしまう人も多いので、日頃から喫煙している方は十分注意しましょう。

M字ハゲの大学生がやるべき4つのこと

M字ハゲを改善する方法

M字ハゲの原因が分かったところで何より大切なのは、これから改善してくことです。

前にもお話ししましたが大学生の場合、先天性の原因だけではなく、日頃の習慣が薄毛を招いている可能性が非常に高いのです。

しかし、いきなりいつもの習慣をガラッと変えるのは至難のワザ。

そのため、まずはいつもの習慣に「ちょっとした工夫」を心がけてみるといいでしょう。

では、その方法をご紹介していきます!

パソコンは休みながらにする

課題やゲームなどでパソコンを使う際は、休み休みするように意識しましょう。

長時間続けてやると、どうしても同じ姿勢になりがちです。

すると、首から肩の筋肉が硬くなりやすく、頭部への血流が滞るので髪の毛へ十分な血液が行き届かなくなることも。

M字ハゲの改善のためには、少なくとも30分ごとに適度な休憩をとり、体を軽く動かすようにしましょう。

また、この時頭皮マッサージをすると薄毛改善には効果的!

血行促進かつリフレッシュ効果もあるので、疲れたらぜひ試してみてくださいね。

アルコールは控えタバコは抑える

禁煙を目指してみよう

大学生になると、付き合いの関係でお酒の席が増えますよね。

しかし過度な飲酒はM字ハゲの進行を加速させるので、なるべくアルコールは控えるようにしましょう。

ビールは1,2杯までにとどめ、あとはノンアルコールのものを飲むようにしましょう。

また、タバコは薄毛や体への害の大きさを考えると、禁煙することをオススメします。

しかし日常的に吸っていた人がいきなりゼロ本にするのは難しいので、まずは「1日3本まで」としっかり決めることが大切です。

今は禁煙外来などもあるので、自力ではどうしても抑えられない方は一度受診を検討してみてはいかがでしょうか。

肉だけでなく米と野菜も食べる

ジャンクフードはほどほどに

若盛りの学生にとって、脂身の多い肉やジャンクフードは身近な食べ物。

もちろん肉も体にとっては欠かせない食べ物ですが、肉だけに偏ってしまうのは危険です。

髪の毛の成長をジャマするものの1つに、過剰に分泌された頭皮の皮脂があります。

肉料理中心の食事が続くと体内からの皮脂の分泌が過剰になって、頭皮の毛穴がふさがれてしまう可能性があるのです。

毛穴がふさがれると、当然髪の毛はうまく成長できません。

野菜やお米など、毎食バランスを考えて食事するように心がけてみてくださいね。

走らないまでも散歩を定期的にする

食事・睡眠が改善できたら、体を動かすことを意識してみましょう。

運動は体の血行促進やストレス解消のためには欠かせません。

しかし、いきなりジョギングなどの激しい運動にトライしても長続きしにくい傾向があります。

そのため、まずは散歩などの軽い運動を定期的に取りいれてみましょう。

また、通学路を徒歩に変えたり、一駅分を歩いたりするのも有効ですよ。

自分の続けやすいペースで取り組んでみてくださいね。

本気でM字ハゲと戦う大学生がやるべき2つのこと

M字ハゲをどうしても改善できなかったら…?

ここまでご紹介した方法で対策しても、改善が見られなかった場合。

そんな時は別の方法を試してみましょう。

上記の生活習慣の改善に+αの方法として参考にしてみてくださいね。

育毛剤の力を頼る

数え切れないほど存在する育毛剤ですが、今や薄毛ケアとしては主流の方法になっていますね。

メーカーによって違いはありますが、頭皮環境を整え血行を促進させるための成分を豊富に配合していることが特徴です。

そのため、毎日の習慣を顧みつつ、育毛剤でケアするとより効果的と言えるでしょう。

大半が通販で購入できるため、ドラッグストアでは購入しづらいという方でも安心ですね。

では、大学生が使用できる育毛剤にはどんなものがあるのでしょうか?

今回は、中でもM字ハゲに効果的とされる育毛剤を3つピックアップ。

成分や効能など、それぞれに特徴があるので自分に合っているものを探してみてくださいね。

プランテルEX

まず紹介するのはプランテルEXです。

もともとM字ハゲに特化した育毛剤として大人気だったプランテル。

2018年6月にAGA専門の育毛剤としてリニューアルしました!

値段 通常価格:13,800円+送料640円
定期コース:9,700円
使用期間 1本1ヶ月
特徴 リデンシル、特許出願成分ペブプロミンα配合

さて、そんなプランテルの注目すべき成分の1つに、「リデンシル」というものがあります。

こちらは発毛成分であるミノキシジルの約2倍の効果があるとも言われているんですよ。

また、M字ハゲを引き起こす5αリダクターゼを阻害するため、ペブプロミンαを独自配合。

ペブプロミンαは特許出願成分で、現在プランテルEXのみでしか効果を実感することができません。

少し値段は高いですが、高い効果を期待したい方にはおすすめの育毛剤ですよ。

30日間の全額返金保証制度も充実しているので、気軽に試すことができますね。

ただし、プランテルEXは予想を大幅に上回る売れ行きのため商品の生産が追いついていないようです。

下記のボタンからアクセスし、公式サイトが問題なく表示されれば現在は注文可能ですが、ここ数ヶ月間は表示されない状態が続いています…

もしかすると今は買えるかもしれないので、ぜひ一度アクセスして確認してみてくださいね。

AGA通信スタッフ

公式サイトはこちら

ポリピュアEX

続いてご紹介するのはポリピュアEXです。

ポリピュアEXは今回紹介する育毛剤の中で一番安い育毛剤です。

値段(定期購入) 6,800円
使用期間 1本1ヶ月
特徴 4つの有効成分と独自成分2種類を配合

ポリピュアEXは男性育毛剤の中ではとても安い育毛剤です。

もちろん値段が安ければいいわけではありません。

しかし、一般的に育毛剤は6ヶ月以上使用するものだと言われています。

自分にとって高すぎる育毛剤を購入しても続けることができなかったら意味がありません。

お財布に余裕がない大学生は値段を重視して育毛剤を選ぶのも大いにアリです。

もちろん成分にもこだわっているので詳しくは公式サイトをチェックしてみてください。

公式サイトはこちら

フィンジア

最後に紹介するのはフィンジアです。

フィンジアは二大先進スカルプ成分という2つの成分を配合しています。

定期購入 9,980円
使用期間 1本1ヶ月
特徴 二大先進スカルプ成分配合、ゲートアクセス理論採用

フィンジアには、二大先進スカルプ成分と呼ばれるキャピキシル、ピディオキシジルを配合しています。

これらの成分は、発毛成分ミノキシジルと似た働きをするとして注目を集めています。

似た働きをするだけでなく、ミノキシジルとは違い副作用の心配がないのも魅力です。

これらの成分を効率よく頭皮に浸透させるためにゲートアクセス理論を採用。

カプサイシンを配合することにより、毛穴に効率よく育毛剤を浸透させています。

こちらも全額返金保証制度が整っているので、試しに使用してみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

AGA治療薬の力を借りる

より確実に、M字ハゲを改善させたい方はAGA治療薬がおすすめです。

AGA治療薬と一言で言ってもさまざまありますが、中でもプロペシアやミノキシジルなどがポピュラーですね。

これらはAGA治療薬として認められた薬で、M字ハゲの原因となる5αリダクターゼを抑え、積極的に発毛を促すことができますよ。

育毛剤と比べると治療費も高くなりがちですが、月々10,000円未満で治療できるクリニックも多数あります。

多くのクリニックでは無料カウンセリングを実施しているので、まずは相談してみることをおすすめします。

M字ハゲの大学生についてまとめ

たとえM字ハゲになっても、大学生には薄毛の環境を改善する力がたっぷりと残っています。

M字ハゲが進行する前に生活習慣をもう一度見直して、自分に合った育毛剤を試してみましょう。

必要であればクリニックの受診なども検討してみてくださいね。

これからの大学生活を満喫できるよう諦めずに治療に取り組んでいきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です