【2019年度版】育毛剤ランキングを見る →

そりこみが後退するのには原因があった!改善策はあるの?

そりこみの後退には原因があった!

鏡を覗いてびっくり、そりこみ部分をよく見てみると前よりも後退しているような気がする。。

そんな不安を抱えてはいるものの、見て見ぬふりをして対策を怠った生活をしていませんでしょうか。

そのそりこみ部分の後退は、放置しておくとどんどん進行してしまうかもしれません。

今回はおでこにあるそりこみ部分がなぜ後退してしまうのか、その原因改善策について解説していきたいと思います。

そもそも「そりこみ」とは?

そりこみってなに?

よく「そりこみ部分」と言いますが、そもそもどの部分を指しているのでしょうか?

確認のために、いま一度おさらいをしてみたいと思います。

そりこみとはどの部分か?

そもそもそりこみはおでこの両端に位置している部分のことを指しています。

昔の不良はそりこみ部分を深く剃っていることもあり、剃りこみを深くすることがステータスという感覚がありました。

しかし、この部分がどうな形になっているのかは様々なタイプがあります。

おでこが丸い形をしている人や四角い形をしている人など様々ですが、そりこみはおでこの端だと思っていただければ良いでしょう。

そりこみは誰でもあるのか?

そりこみには定義が無く、そりこみ=おでこの端っこであることを考えると、誰にでもあると言えばあるものです。

元々そりこみが深い人もいますし、おでこが四角い人もそりこみ部分が明確になっていることが多いです。

しかし、おでこが丸い人は剃りこみ部分が見当たらない場合もあるといえます。

しかし大抵の人はある程度の予測で、そりこみ部分を把握することはできるでしょう。

そりこみとハゲを判断!セルフチェックの方法を紹介

確認してみましょう

突然そりこみ部分がハゲてしまうと言われても、そりこみとハゲている人の判断はどこですれば良いのでしょうか?

気になっている方も多くいらっしゃることでしょう。

そこで、ここでは自分自身でできるチェック方法を紹介しますので、一度確認してみてくださいね。

そりこみが前より鋭角になっているか?

まずは、以前と比べてそりこみ部分が「前より鋭角になっているか?」がポイントです。

何となくでも、そりこみ部分が鋭角に後退しているように感じた方は要注意といえます。

そりこみ部分が後退している場合は角度が鋭角になっていきます。

以前の自分のそりこみ部分の角度に比べて、鋭角になっているか?を見極めて判断してみましょう。

そりこみの生え際の頭皮が硬い

もう一つの方法として、そりこみの生え際の頭皮の硬さで判断することも可能です。

頭皮が硬くなっている人は、肌がダメージを受けて硬化している証拠です。

頭皮が硬くなると、衝撃によって髪の毛が抜けやすくなるほか、毛穴がきつくなって髪の毛の成長の妨げとなるのです。

つまり、そりこみの生え際の頭皮が硬ければ、抜け毛が増えて髪の毛が細くなってしまう危険性が高いと判断ができます。

そりこみ部分の髪が細くて短い

頭皮が硬いと細い髪の毛しか生えて来れなくなることを説明しました。

すでに剃りこみ部分の髪の毛が細くて短い場合、髪の毛が上手く成長できていないと判断することができます。

ただ、弱い髪の毛が抜けて、成長している最中という判断もできますので一概にはハゲが進行しているとは言いいきれません。

日を追って観察してみて、いつまでも細くて短い髪の毛であるならばハゲが進行しやすい状態になっていると言えるでしょう。

そりこみの後退する理由①男性ホルモン

そりこみの後退する理由は?

そりこみ部分はなぜ後退してしまうのでしょうか

理由がわかれば、どう改善していけばいいかもわかりますよね。

そこで、そりこみ部分が後退してしまう主な理由について紹介していきたいと思います。

そりこみが深くなるのはDHTが原因

そりこみが深くなってしまう主な原因には、男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)が大きく関与しています。

DHTが体内に増えることで抜け毛が増加するのですが、なぜDHTがそりこみ部分をハゲさせてしまうのでしょうか?

それはDHTと結合する受容体が、頭頂部からおでこの生え際にかけて密集しているためなのです。

これらの理由から、側頭部と後頭部のみが残ったハゲ方をしてしまう人が多くなっています。

しかし受容体は人によって個人差があります。

そりこみ部分に多く受容体が密集していれば、自然とそりこみ部分の抜け毛が多くなり、どんどん深くなって行きます。

DHTは男性ホルモンであることから、男性の方がDHTの影響によって抜け毛が起こりやすい理由がわかっています。

DHTがハゲを進行させるメカニズム

続いて、DHTはなぜ抜け毛を多くさせてしまうのか?についてご説明をします。

DHTはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンと、酵素である5-αリダクターゼの結合によって生成されます。

生成されたDHTが受容体と結合することによって産生されるのが、TGF-βと呼ばれる物質です。

このTGF-βは、髪の毛が成長途中であるにも関わらず、強制的に脱毛を指令して抜け落とさせてしまう物質となっています。

DHTと受容体が結合すればするほど、このTGF-βが産生されてしまいます。

そして抜け毛が増えてしまいそりこみがハゲてしまうことに繋がるのです。

そりこみの後退する理由②老化

そりこみハゲは若い方にも十分起こりうることですが、老化によって引き起こされてしまうのもあります。

そのため、できるだけ細胞を老化させないことが重要と言えるでしょう。

では、細胞が老化してしまうことによって、何故そりこみが深くなるのでしょうか?

その関係性について解説していきましょう。

老化による血行不良はハゲのもと

細胞の老化は様々な捉え方がありますが、ここでは細胞が酸化=老化と捉えることにします。

体内には常に活性酸素が存在しており、細胞を傷つけて細胞の活動を低下させる働きを酸化と呼びます。

細胞の働きが低下してしまうと、その細胞を構成している組織の働きも低下してしまいます。

全体的に機能が低下する=身体が衰えてしまう、老化現象と結びつきます。

血液は身体全体に酸素と栄養素を運び、種々の組織の細胞を活性化させる役割を持っています。

その血液の流れは様々な要因で変化しますが、細胞が老化することで血行不良になりやすくなってしまいます。

すると、髪の毛の成長に必要な栄養素を頭皮に送りにくくなってしまいます。

そして髪の毛は栄養不足になり、痩せ細った髪の毛になってしまうのです。

老人性脱毛症とは?

老人性脱毛症は60歳以上の方に起こる脱毛現象のことを指します。

男性型脱毛症であるAGAと混同されることも多いですが、老人性脱毛症は細胞の老化による脱毛です。

より自然現象に近い脱毛症と言えるでしょう。

老人性脱毛症の場合は、AGAよりもはるかに回復する見込みが薄く、改善したとしても老化によって細胞機能が低下しているため、再発する危険性がかなり高いといえます。

少しでも細細胞の老化を防ぐことで、改善の見込みを高めることはできますが、期待度はさほど高くない点だけ把握しておきましょう。

そりこみの後退を抑える方法

どんな方法があるのでしょうか?

ここまでそりこみ部分の後退の原因を説明してきました。

抜け毛予防は時間が勝負なので、そりこみ部分の後退を防ぐため、早めに手を打っておきたいですよね。

そこで、AGA通信おすすめの育毛剤を、何点かピックアップして紹介していきましょう!

育毛剤の使用がおすすめ

手軽にはじめられる抜け毛予防としては、何と言っても育毛剤ではないでしょうか。

育毛剤は頭皮環境を整えて、良質な髪の毛を育てる土台作りをサポートしてくれるもの。

頭皮に直接塗布するタイプの治療薬です。

頭皮に直接有効成分を浸透させることができますので、より確実に育毛成分を作用させることが期待できます。

頭皮トラブルと一言にいいますが、AGAや血行不良による薄毛、栄養不足や皮脂の過剰分泌で皮膚常在菌の大量繁殖による炎症など、要因は様々です。

それらの要因を幅広くサポートするのが育毛剤の役割で、うまく生活の中で活用していくことでそりこみの回復が期待できるしょう。

おすすめ育毛剤

育毛剤について説明してきましたが、おわかりいただけたでしょうか?

続いては、おすすめできる育毛剤を3点ほど紹介していきたいと思います!

プランテルEX

まずはAGA専門の育毛剤として大きな効果が期待できる、薬用プランテルEXをご紹介したいと思います。

プランテルEXは2018年6月にリニューアルしたばかりなのですが、発売直後から注文が殺到。

生産が追いつかない状況となり、現在は予約のみ受付中です。

そんなプランテルEXには高濃度リデンシル5%のほか、独自の特許出願成分ペブプロミンαが配合されています。

更に育毛を促進させる有効成分などが頭髪環境を整えることで、育毛の効果が期待できるのです。

ただし、プランテルEXは予想を大幅に上回る売れ行きのため商品の生産が追いついていないようです。

下記のボタンからアクセスし、公式サイトが問題なく表示されれば現在は注文可能ですが、ここ数ヶ月間は表示されない状態が続いています…

もしかすると今は買えるかもしれないので、ぜひ一度アクセスして確認してみてくださいね。

編集スタッフ

公式サイトはこちら

チャップアップ(chapup)

続いてはチャップアップをご紹介します。

チャップアップは、多くのメディアでも特集されるほどの人気育毛剤。なぜそんなに人気なのか?

その理由の一つとして、業界最大級である70種類以上の育毛ケア成分を配合していることにあります。

その成分配合数の多さから、DHTの抑制、血行促進、頭皮の栄養であるアミノ酸、保湿作用、抗炎症、ふけかゆみ防止と、かなり多岐に渡り頭皮をサポートしてくれます。

公式サイトはこちら

ブブカ(bubka)

そして最後にブブカをご紹介したいと思います。

ブブカはM-034と呼ばれる海藻エキスを主成分として、頭皮の血行促進や保湿、毛母細胞の活性化を促すことを目的としています。

一番の特徴として、育毛剤の刺激成分となってしまうアルコールを最大限にカットして作られているところです。

アルコールの刺激が頭皮に合わない人にも優しく成分が浸透することを実現している育毛剤といえます。

公式サイトはこちら

そりこみは他の髪でカバー出来る?

ここまで育毛剤について説明してきました。

しかし育毛剤は継続して使用することが必須で、効果を感じられるまでに最低でも数か月必要です。

そりこみ部分の薄毛が進行してしまっている場合、なんとか隠せないかと思われるかたもたくさんいらっしゃると思います。

見た目が気にならないようにカバーすることは可能なのでしょうか?

髪を長くしてそりこみを隠す方法

そりこみ部分を隠そうと考えた場合、まず髪を長くすれば隠せるのではないか?と思われる方が多いかと思います。

そりこみ部分は両端にありますので、ヘアスタイルによってそりこみ部分を隠すことは可能といえます。

髪を長くして真ん中のおでこを出し、両端に髪をかぶせるヘアスタイルなら、自然な形でそりこみ部分が隠れますね。

ただし、真ん中のおでこが広くなってしまっている方や、顔が縦に長いひし形のタイプの方は注意が必要です。

シルエットが縦に伸びてしまいますのでバランスが崩れてしまいます。

髪を短くしてそりこみを目立たせない方法

そりこみを隠そうとするとかえって目立ってしまうことがあります。

いっそのこと髪を短くして、そりこみを出すことによって目立たせなくさせる方法もあります。

髪を長くしヘアスタイルを整えても、そりこみ部分が見えてしまった時には、視線がそりこみに注目してしまいます。

しかし、髪を短くしながらソフトモヒカンのように重心を上に持っていくと、そりこみが目立たないように作ることができます。

短髪にすればするほど、髪とおでこのギャップは少なくなります。

目線はそりこみよりも髪の毛全体に移動し、目立たなくさせることができます。

長くするか短くするかは顔の輪郭で決めよう

顔の輪郭によっては、かえってそりこみが目立ってしまう人もいます。

そりこみを隠す場合は美容師に相談の上で決めるのが、安心安全といえます。

ただ長い髪でそりこみ部分を隠すのには限度があり、場合によっては不自然になってしまうこともあります。

髪を短くする場合は、ほとんどの方は違和感を覚えるようなことはありません。

自分の好みと工夫で、納得がいく髪型にしてみましょう。

そりこみの後退についてまとめ!

ここまで、そりこみはげについて説明してきました。

そりこみのハゲを治すと考えても、原因を知らなければ効率の良い改善方法を行うことはできません。

自分の大切な髪の毛だからこそ、しっかりと自分のそりこみが後退してしまった原因を突き止めましょう

そして育毛剤の使用や、またはクリニックへ行くことも一つの手になります。

また育毛剤を使用しても生活習慣が乱れていては、本来の効果を得ることはできません。

睡眠、運動、バランスが取れた食事などを考慮しながら、薄毛対策に取り組みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です