M字ハゲを判定する基準とは?〜ハミルトン・ノーウッドの法則あり〜

あなたのおでこがM字ハゲなのか判定しよう!

最近おでこが広がってきたと感じたことはありませんか?

もしかしたら、それは前髪の生え際が後退していくM字ハゲの症状かもしれません。

自分がM字ハゲだなんて、なかなか認めたくないですよね。

しかし原因によっては、さらにM字ハゲが進行し、ますます薄毛が拡大していく可能性があります。

自分が将来薄毛で後悔しないためにも、ここで自分がM字ハゲかどうかを判定しておきましょう。

いま対策を実行すれば、M字ハゲを改善できる可能性はあるはずです。

そもそもM字ハゲってどんな状態のこと?

m字ハゲとはどんな状態?

男性の薄毛の症状に多いM字ハゲ。

AGA(男性型脱毛症)の典型的な薄毛のタイプとして知られています。

M字ハゲという言葉、なんとなく浸透している様子ですが、正確にはどのような薄毛の状態を示しているのか?

実際にはよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

続いてM字ハゲの特徴や基準、症状について説明していきたいと思います。

M字ハゲの特徴

まずM字ハゲの特徴からご説明いたします。

前髪の生え際のうち、中央部分を残して左右の両端だけ薄毛が進行し、剃りこみを入れたような生え際になる状態を指しています。

このため顔を前面から見ると、その生え際にM字型のラインが浮き上がって見えることが特徴です。

しかし、このM字型のラインは、初めからくっきりとしているわけではありません。

最初は、生え際が少し後退したかな?といった感覚からはじまり、次第に生え際の両脇が後退して、M字ハゲが完成していくのです。

もちろんこのM字ハゲは、必ずしも左右均等に剃りこみ部分が後退していくとは限りません。

人によっては、片側のみの薄毛が進行し、まるで「へ」文字のように見える方もいるのです。

M字ハゲの自覚症状

M字ハゲの自覚症状として、生え際部分にかゆみを感じることがあるようです。

生え際部分は皮脂分泌が多く、不潔になりやすい場所。

皮脂分泌が多いことで、皮脂を餌に雑菌が繁殖すると、頭皮が炎症が起きて抜け毛が増加する可能性もあるのです。

かゆみを感じているということは、なんらかの異常が表れているサインととらえることもできます。

M字ハゲになっていないか判定基準

自己判定してみましょう

AGA(男性型脱毛症)が原因のM字ハゲは、進行していくことが特徴です。

このため、前髪の生え際が少しずつ後退していくだけでなく、次第には頭のつむじ部分にまで薄毛が進行していくことになります。

そして最終的には、生え際とつむじ部分がつながって、側頭部と後頭部のみの髪しか残っていない状態にまで進行していく人もいるのです。

このような状態を避けるためにも、まずは自分の髪にm字ハゲの兆候があらわれていないか、正確に判定することが大切です。

ここではM字ハゲによる兆候を見分ける4つの基準をご紹介します。

前髪のボリュームは減っていませんか?

M字ハゲと判断する基準として、まず前髪の生え際の髪の抜け毛が増加することで、前髪のボリュームが気になるようになります。

前髪を下ろしているときにおでこが透けて見えたり、前髪に細くて短い毛が増えてきたら、注意信号だと言えるでしょう。

こめかみにそりこみが入っているように後退してませんか?

前髪の生え際のうち左右両端のみが後退して、そりこみが入っているように見えるなら、M字ハゲの兆候が現れている可能性があります。

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンが体内にある酵素5αリダクターゼと結びつくことが引き金となって症状が現れます。

活性化した男性ホルモンはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれ、髪の成長に関わる毛母細胞の分裂を阻害することがわかっています。

このため、髪の成長期が極端に短くなり、太く長く成長できなくなって、抜け毛や薄毛が加速していくのです。

特に頭部のうち、M字ハゲの症状があらわれやすい前頭部には、このDHTを受け入れる男性ホルモンの受容体が多く存在しています。

そのため男性は特にM字ハゲになりやすいのです。

生え際にかゆみや炎症はありませんか?

頭皮にかゆみや炎症があると、健康な髪の成長が妨げられるため、抜け毛の原因となる場合があります。

特に頭皮の生え際は皮脂分泌や汗の分泌が多く、雑菌が繁殖しやすい場所です。

その結果頭皮が炎症を起こしてしまうと、かゆみを伴うため、かきむしった場合はさらに抜け毛を増加させる要因ともなってしまいます。

特に男性は男性ホルモンの影響によって、皮脂分泌が多いため、脂漏性脱毛症の要因となっている場合があります。

このような場合の頭皮のかゆみは、生え際部分を清潔にするように心がけることである程度改善が期待できます。

炎症が鎮まれば、抜け毛の症状も落ち着きを見せるでしょう。

髪のセットがしにくくなっていませんか?

AGA(男性型脱毛症)が進行すると、髪の成長期が短くなることで、細く短い髪が増えます。

そのため、ある程度M字ハゲの自覚症状がある場合、前髪が弱々しくなっていることに気がつくはずです。

髪が細くなることで、これまでと同じように整髪料などで髪型をセットしようとしても、思い通りになりにくくなっていることがわかります。

せっかくセットしたつもりでも、すぐにへたってしまえば意味がありませんよね。

手遅れになる前にチェック!M字ハゲの進行度は?

AGA(男性型脱毛症)対策は、早期発見早期対策が鉄則。

早く対策を開始すればするほど、その効果への期待も高まります。

そこで重要なのは、自分が一体どの段階のM字ハゲなのかというところです。

ここでは、M字ハゲの進行具合に分けて、その特徴をご紹介していきます

初期段階のM字ハゲ

初期段階のM字ハゲはどのようなものなのでしょうか。

まず、抜け毛が増えた感じや、前髪の生え際のうち、左右両端の髪が細くなってくる初期症状があらわれます。

本来健康な髪はツヤとコシがありますよね。

しかし、AGA(男性型脱毛症)の影響を受けている前髪は、次第にツヤを失い、パサついてくることも特徴として挙げられます。

また頭皮の皮脂の分泌が多い人の場合、雑菌が繁殖しやすく頭皮が炎症を起こすことで、生え際部分にかゆみがある場合もあります。

一方、まだ生え際部分はM字型のラインではないため、なかなか自分ではM字ハゲの初期段階とは気が付かない人もいるでしょう。

進行したM字ハゲ

初期段階ではそれほどわからなかった生え際も、進行していくことで次第に、M字型が浮き出てくるようになります。

前髪をおろしている状態ではわかりませんが、前髪を上げると、比較的はっきりとM字型が判別できるようになります。

この頃には、自分でもM字ハゲかもしれないといった自覚症状を持つようになり、M字ハゲ部分を隠したいという思いを抱くようになります。

前髪のボリュームが減ることで、思い通りに前髪のセットができなくなり、自分に似合うヘアスタイルを模索していく時期でもあります。

そして意外に見落としがちなのが、前髪の生え際部分だけでなく、つむじ部分でも薄毛が進行している可能性があることです。

そのためM字ハゲが気になり始めたら、生え際だけに注目するのではなく、手鏡などを活用して、定期的に後頭部も確認することがおすすめです。

生え際部分とは異なり、頭のつむじ部分は、その場所の特性上薄毛が目立ちやすい場所です。

自分では気が付きにくいだけに、要注意なのです。

手遅れレベルのM字ハゲ

M字ハゲは、放置しておくと、さらに生え際が後退し、おでこが広がっていきます。

生え際部分の産毛自体もなくなり、つるつるとした頭皮になってしまいます。

ここまでの状態になると、髪の成長に関わる毛母細胞が死んでいるため、M字ハゲ部分から再び髪を生やすことは困難となっていきます。

またこの頃には頭頂部の薄毛も広がってきています。

今後は生え際からの薄毛と頭頂部からの薄毛がつながって、薄毛の範囲が一気に広がっていく可能性があります。

そしてハゲを放置したままにすれば、最後には、側頭部と後頭部の髪だけが残る状態になるのです。

ほかにもある!M字ハゲの進行度の判断方法

M字ハゲの進行度の判断方法

髪に覆われた頭頂部、つまりつむじハゲの場合、自分がどの程度薄毛が進行しているか一目で判断できます。

一方M字ハゲの場合、生まれつきおでこが広いのか、それとも薄毛によって生え際が後退しているのかがわかりにくいといえます。

実はM字ハゲを判断する基準は、他にもいくつか存在しています。

その中でもここでは、実際にAGAクリニックでも活用されているハミルトン・ノーウッドの法則による判断基準をご紹介しましょう。

ハミルトン・ノーウッドの法則での判断方法

ハミルトン・ノーウッドの法則では、顔を横に向けた状態で、判定を行います。

耳の中央部分で地面から垂直方向に縦向きの直線を引きます

今度は、同じようにして横から見て一番生え際の深い部分から、地面と垂直方向に縦向きの直線を引きます。

そして、この縦向きの二つの線の距離を測って2センチ以下なら、つまり距離が近いほどAGA、M字ハゲである可能性が高いと判断されます。

鏡を見ながら自分でも診断できるので、ぜひ直線の距離を測ってみて下さい。

M字ハゲと判断したあとは?

M字ハゲの対処法

ここまでいくつかの判断基準をご紹介してきました。

自分でいろんな角度から生え際を観察してみて、やはり結論としてM字ハゲだとわかった場合はどうしたらいいのでしょうか?

大切なのは、一刻も早く対策を実行することです。

特にAGAによるM字ハゲの場合、このまま放置していると薄毛は進行していく可能性が高いでしょう。

AGAは進行すればするほど、改善への期待が難しくなるため、一刻も早く対策を実行することが大切です。

育毛剤を使ってみよう!

育毛剤をお勧めします

M字ハゲの対策として、育毛剤を使ってみることも、一つの選択肢です。

育毛剤であれば、一日1回または2回程度育毛剤を頭皮に塗布するだけなので、それほど時間も労力も必要としません。

継続的に使用することによって、頭髪環境を整えて、弱々しくなった髪の毛を元気にする効果が期待できます。

手軽に育毛対策を始めることができる点が、育毛剤のメリットと言えるでしょう。

育毛剤の効果

育毛剤にはその配合成分によってさまざまな特徴があります。

そのため、育毛剤の中でもM字ハゲに効果が期待できる成分が配合された育毛剤を選ぶと良いでしょう。

AGAによるM字ハゲの場合、まずは活性化した男性ホルモンDHTによって抜け毛が増加していることが考えられます。

そこで、DHTの生成を抑制する成分が配合された育毛剤を使用すると、毛母細胞の働きを守り、髪が太く長く育つ期待ができます。

さらにM字ハゲの要因として、頭皮の血流が悪化し毛母細胞が栄養不足に陥っていること。

そして、頭皮の皮脂分泌によって雑菌が繁殖し、頭皮が炎症を起こすことで抜け毛が増えていることも考えられます。

そのためDHTの生成を抑制する成分の他に、頭皮の血流を改善したり、頭皮の炎症やアレルギーを鎮める成分が配合されている育毛剤もオススメです。

M字ハゲへの効果が期待できるはずです。

おすすめ育毛剤

M字ハゲに悩む方におすすめする育毛剤はプランテルEXです。

プランテルはAGAなどの薄毛の方から、厚い支持を集めている育毛剤です。

2018年にリニューアルを行い、AGAに特化した成分が追加されたため、M字ハゲの方にもぴったりと言えるでしょう。

そのAGAに特化した成分とは、ペブプロミンαのこと。

これは、ヒウオギ・ボタン・ビワ葉を組み合わせた、プランテル独自の新成分です。

ペブプロミンαには、AGAを引き起こす5αリダクターゼの活動を阻害し、DHTの生成を抑える作用があることが分かっています。

そのため、M字ハゲで悩まれている方の薄毛抑制に効果的と言えるでしょう。

また、注目すべきはペブプロミンαだけではありません。

リデンシルという、スイス生まれの細胞を活性化させる作用のある成分も、高濃度配合。

毛母細胞を修復し、髪の毛を成長させる効果が期待できますよ。

では実際に、プランテルを使った方の口コミを1つご紹介します。

こちらの方は、プランテルEXを使ってここまで薄毛が回復したそうですね。

昨年リニューアルしたばかりということもあり、口コミの数はそこまで多くないようでした。

しかし、もともと人気の高かったシリーズだったので、効果にも期待が持てそうですね。

では、気になる価格もチェックしておきましょう。

単品購入 13,800円(税込)+送料640円
定期コース 13,800円
9,700円(税込)

定期コースだと送料もかからない上、1万円以内で購入することができます。

また、定期といっても回数に縛りはなく、いつでも解約・休止することができるのも嬉しいですね。

M字ハゲで悩まれている方は、一度気軽に試してみてはいかがでしょうか

ただし、プランテルEXは予想を大幅に上回る売れ行きのため商品の生産が追いついていないようです。

下記のボタンからアクセスし、公式サイトが問題なく表示されれば現在は注文可能ですが、ここ数ヶ月間は表示されない状態が続いています…

もしかすると今は買えるかもしれないので、ぜひ一度アクセスして確認してみてくださいね。

AGA通信スタッフ

公式サイトはこちら

まとめ

今回はM字ハゲかもしれないと悩む人に向けて、M字ハゲの特徴や進行度に合わせた判定基準をご紹介しました。

たとえ前髪の生え際がM字ラインをしていても、生まれつきおでこが広い方は、特に心配はありません。

一方、生え際のM字ラインがAGA(男性型脱毛症)によるものである場合、今後進行していく可能性が高いため注意が必要です。

いずれにせよ、AGAは早期発見と早期の対策が大切だと言われています。

まだ毛母細胞が生きている間は、対策することで髪が生えてくる期待が持てるためです。

男性のM字ハゲは、AGAの典型的なパターンと言われているだけに注意が必要です。

自分にM字ハゲの兆候があらわれていないかどうか、今すぐ基準をチェックして今後の対策に役立ててください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です