【2019年度版】育毛剤ランキングを見る →

プロペシアを飲むと筋トレの効果が出ないって本当?その真偽は?

プロペシアを服用して筋トレしても効果ないの?

果たして、プロペシアはテストステロンに、どのように作用するのでしょうか?

プロペシアを服用しながら筋力を向上させることはできないのでしょうか?

筋肉を鍛えるにはテストステロンという男性ホルモンが必須です。

テストステロンは筋肉や骨格などを強化したくましい体をつくることができます。

プロペシアを服用することで筋トレの効果が得られないというのは、プロペシアが男性ホルモンに関わる薬であることが理由のようです。

まずはプロペシアがどんな薬なのか説明したいと思います。

そもそもプロペシアとはどんな薬なのか

プロペシアはどんな薬なの?

プロペシアフィナステリド)とは何にどのように作用する薬なのでしょうか。

プロペシアの成分であるフィナステリドは酵素であるⅡ型5α-リダクターゼを阻害する効果があります。

Ⅱ型5α-リダクターゼを阻害するとなぜ薄毛症状の改善につながるのでしょうか?

Ⅱ型5α-リダクターゼは、男性ホルモンであるテストステロンと結合することでジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変わります。

そしてDHTという新たな物質に変化し、それが毛乳頭にあるアンドロゲンレセプターと結びつきます。

そしてTGF-βと言われる増殖抑制因子が生まれてしまうのです。

これがAGAのメカニズムになっています。

このTGF-βは毛乳頭に髪の生成を抑えるよう命令し、これにより発毛サイクルが短くなります。 発毛サイクルが短くなることで、髪が成長しない、または成長しきらず細いまま抜けるなどの症状が出てきてしまいます。

そこでフィナステリドは、テストステロンがDHTに変化しないよう、変化に必要な酵素5α-リダクターゼを阻害します。

つまり直接テストステロンへ作用するわけではなく、テストステロンがDHTに変化するために必要な酵素を阻害することで、DHTへ変化させないというものです。

フィナステリドはテストステロンの減少や働きを悪くするなど、テストステロンに直接影響するものではありません。しかしながら、間接的には影響を及ぼすので、この点が筋肉強化を抑制してしまうといわれる原因かもしれません。

なぜ筋トレをしても効果ないと言われているのか

プロペシアを服用するとなぜ筋トレをしても効果がないと言われているのでしょうか?

プロペシアは直接男性ホルモンに働きかける薬ではありませんが、男性ホルモンと密接に関わる酵素を阻害します。

また副作用として男性機能障害や乳房肥大などの女性化が報告されていることから、何らかの影響を受けている可能性はあります。

その点で筋肉にも影響すると言われているのでしょう。

実際にネットでの口コミやQ&Aなどには、筋肉や筋トレに影響があるという意見と全く影響がないという意見と、どちらも見られるようです。

その中から、いくつかの口コミをご紹介したいと思います。

プロペシアはフィナステロイドという薬剤の商品名ですが、フィナステロイドとステロイドは異なるものです。 
ステロイド核をもつ蛋白同化ホルモンではありません。 
もちろん逆に筋肉がつきにくくなることもありません。

出典 : 自毛植毛や植毛の専門医ヨコ美クリニック

プロペシアの服用で運動機能が低下するという副作用はありません。

プロペシアがAGA治療薬としてアメリカで認可されたのは、1997年のことです。 
それから20年近くが経過し、世界中で多くの人に服用されていますので、副作用はほとんど報告されているはずです。

プロペシアを服用して筋肉が低下するということはほとんどないと考えるべきでしょう。

出典 : プロペシア・フィンペシア通販個人輸入情報

以上、こちらはプロペシアが筋肉や筋トレに影響を与えることはないという意見です。

そして、次にご紹介するのは、筋トレに影響があるという記事です。

イソロイシンというアミノ酸は筋肉を強化したり、疲労を回復させる効果があります(1)。

実はジヒドロテストステロンはこのイソロイシンを筋肉に取り込ませる働きがあることが報告されています(2)。一方、テストステロンは取り込ませる働きはないようです。

つまり、筋トレを行っている人にとって、ジヒドロテストステロンの量を減少させてしまうデュタステリドやフィナステリドは、筋肉の強化や疲労回復が抑制することが考えられるため、筋トレの効果に悪影響を与える可能性があると言えます。

出典 : 最強の育毛剤とは?その答えはここにある!【育毛研究所Age35】

このように意見がわかれると、影響があるのかないのかわからなくなってしまいますよね。

そこで次に、本当に効果がないのか?ご説明をしていきいたいと思います。

本当に効果がないのか?

本当に効果がないのか?

プロペシアを服用しながらの筋トレについて、上記で説明しましたが、「効果がない」というもの、反対に「影響しないというもの」両方の口コミが存在します。

では本当にプロペシアを服用しながらの筋肉強化は難しいのでしょうか?

プロペシアは男性ホルモンを減少させるなどの直接的には作用しないとされていますが、残念ながら現在のところ臨床試験などによる医学的な証明はなされていません。 現段階では可能性として予測の範囲でしかないのです。

プロペシアを服用することで起こる可能性のある副作用にも関係してきますので、以下で副作用についてお伝えしたいと思います。

プロペシアの副作用について

どんな副作用が?

ここまでプロペシアがどんな薬なのか、筋肉の与える影響はあるのか?などについて説明してきました。

そこで気になるのは副作用についてだと思います。

プロペシアを服用することで体にどんな影響があるのでしょうか?

プロペシアの副作用としては以下のものが報告されています。 ここではそんなプロペシアの副作用について説明していきます。

薬によるアレルギー反応

アレルギー反応は、一般的な薬でも発生する可能性は十分があるのですが、プロペシアには皮膚の痒み、蕁麻疹、発疹、血管浮腫などの副作用の可能性が挙げられています。

プロペシアはそもそも医薬品なので医師からの処方がないと購入することはできません。

アレルギー反応だけではなく、服用後に異変が起きたら、医師へ相談をしましょう。

肝機能障害

プロペシアは肝臓で代謝されますので、服用することにより肝臓へ負担がかかり肝機能に影響が出ることがあります

プロペシアには服用の上限年齢はありませんが、高齢者や肝臓の悪い方などが使用する際は、医師への申告を忘れず行いましょう。

GPTやγ-GTPの上昇が報告されています。

性機能障害

1日1mgのプロペシアを1年継続して服用した場合、2.9%に勃起機能不全,射精障害,精液量減少などの性機能障害が国内臨床試験により確認されています。

また頻度不明ではありますが、睾丸痛、男性不妊症、精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等)が認められています。

これから妊活を始めようと考えている方には注意が必要かもしれません。

体の女性化

臨床試験において頻度は不明確ではありますが、乳房痛や乳房肥大など体の女性化が報告されており、プロペシアの説明書にも明記されています。

これは男性ホルモンを抑えることで、女性ホルモンが勝ってしまうと考えられていますが、現在のところその関係性については推測の域を出ません。

特に乳房肥大などは見た目に変化がでてしまうので注意が必要ですね。

後遺症 ポストフィナステリド症候群

副作用というのは服用している時に起こりうるものを指しますが、プロペシアにはこれらの副作用が後遺症として残る場合があるとされています。

その中でも代表的なものに、男性機能障害、腎機能障害、うつ症状などが挙げられます。

海外ではポストフィナステリド症候群財団(PFS)が設立されています。

筋トレとプロペシアの関係

先にも述べたようにプロペシアは5α-リダクターゼを阻害し、テストステロンがDHTへ変換されることを抑制します。

これにより本来DHTへ変化するはずのテストステロンが体内に残ることになります。そこで体内では、テストステロンが足りていると判断され、生成が抑えられることがあります。

この状態が続くとテストステロンの分泌が少なくなり、精巣の機能が低下することから精巣萎縮が起こる場合もあります。

筋トレとプロペシアの関係

プロペシアテストステロンへ直接作用する薬ではありません。しかし上記のように男性機能低下の副作用が認められていますので、間接的な男性ホルモンへの影響や低下につながることも考えられるでしょう。

それらが「筋トレが効かない」といわれている要因となっているのかもしれません。

男性機能低下については臨床試験で報告されていますが、テストステロンへの直接的な影響や、筋力低下との関連性など現時点では確実に証明されているものではありません。

気になることは必ず医師へ相談し、理解・納得した上で服用することが大切です。

副作用をしっかりと把握し正しい診断のもと服用しましょう。

筋トレの効果を出しながら薄毛改善したい人は?

体も鍛えたい!

AGAの治療もしたいけれど、体も鍛えたい!という人も多いでしょう。

プロペシアの服用による筋力低下については、明確に証明されているわけではありませんが、気になる人はプロペシア以外の治療も検討してみるのも良いでしょう。

現在AGA治療薬として日本で効果が認められ認可されているものはプロペシアのみですが、他にも医薬部外品や化粧品として発売されている育毛剤は多数あります。

それぞれの商品を比較し、副作用の心配がないものを使用してみてはいかがでしょうか。

自然由来の成分を使用しているもの

育毛剤は、自然由来の成分を使用しているものを選ぶのがコツです。

もともと育毛剤は医薬品を使用していないので、副作用の心配はそれほどありません。

その上自然由来の成分を豊富に配合している育毛剤は、さらにお肌に優しく使えるという特徴があります。

自然由来の成分でも薄毛にしっかりとアプローチしてくれる成分はあるので、自分に合ったものを探してみるといいでしょう。

以下ではAGA通信がおすすめする3つの育毛剤を紹介します!

筋トレしながら薄毛も改善させたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

プランテルEX

おすすめする1つ目の育毛剤はプランテルEXです。

プランテルは2018年にリニューアルし、AGAに特化した育毛剤として人気を集めています。

AGAに効果的と言われている理由に、独自配合成分のペブプロミンαがあります。

この成分は男性ホルモンをDHTへ変化させる、5αリダクターゼの活動を阻害する作用が期待されています。

つまりプロペシアと似たような作用を持っているのですが、ペブプロミンαは自然由来成分を組み合わせた成分。

副作用の心配はほとんどなく、安心して使えるでしょう。

ただし、プランテルEXは予想を大幅に上回る売れ行きのため商品の生産が追いついていないようです。

下記のボタンからアクセスし、公式サイトが問題なく表示されれば現在は注文可能ですが、ここ数ヶ月間は表示されない状態が続いています…

もしかすると今は買えるかもしれないので、ぜひ一度アクセスして確認してみてくださいね。

AGA通信スタッフ

公式サイト

ポリピュアEX

2つ目にご紹介するのは、シリーズ累計400万本も売れているポリピュアEXです。

ポリピュアEXは、2種類の独自成分が配合されていることが特徴。

1つはバイオポリリン酸という、ナノサイズの海洋酵母エキスです。

これは髪の毛のもととなる細胞へ働きかけて活性化させ、成長を促進させる作用があると言われている成分なんですよ。

そしてもう1は、同じく酵母エキスのバイオパップス。

バイオパップスは乱れたヘアサイクルを整え、髪の毛の成長を無理なくサポートする役割があり、薄毛の予防や改善にうってつけですね。

敏感な肌にも安心して使えるよう、低刺激処方で作られているので、副作用が不安な方はポリピュアEXを試してみてはいかがでしょうか。

公式サイト

フィンジア(FINJIA)

3つ目にご紹介するのは、元K-1チャンピオンの魔裟斗さんも愛用しているフィンジアです。

フィンジアは、世界でも注目を集めるスカルプケア成分が配合されていることでも知られています。

それがキャピキシル。

これは「アセチルテトラペプチド-3」と「アカツメクサエキス」を組み合わせた成分で、細胞を修復し活性化させる作用があるそうです。

ある研究によると、ミノキシジルの2倍もの効果が認められたというデータもあり、育毛業界で注目を集めているんですよ。

ミノキシジルのように副作用のリスクも低いので、医薬品を使うのには抵抗がある、という方にもぴったりですね。

そのほかにも植物由来成分をはじめ、10種類の毛髪成分を配合し、髪の毛に元気を与えてくれるでしょう。

クリニックでの治療にも使われているキャピキシルの育毛効果を試してみたいという方には、フィンジアをおすすめします。

公式サイト

自分にあった治療をしましょう

プロペシアはAGAに効果的な治療薬として認められていますが副作用もある薬です。 また海外では日本で報告のない副作用の事例などもあるようです。

薄毛のメカニズムや薄毛治療については、まだ解明されていないことも多いため、副作用についてもすべての人に出るとは限りません。

AGA治療は長期的に行わなければ効果を得ることは難しいですから、不安を抱えたまま治療せず、医師へ相談する、育毛剤を使用するなどして自分にあった治療を見つけることが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です