【2019年度版】育毛剤ランキングを見る →

髪の毛が痛みすぎてやばい時の改善策!市販のトリートメントで治せる?

髪の毛が痛みすぎてやばい!

髪の毛が痛みすぎてやばい!

枝毛や切れ毛、手ぐしを通したときのゴワゴワ・チリチリする感触…
髪の毛の痛みは知らないうちに進行していることがほとんどですよね。

痛んだ髪は、乾燥してまとまりが悪いうえに絡まりやすいです。
さらに髪が痛みすぎてしまうと切れやすくなってしまったり、枝毛になってしまいます。

今回は、そんな困った髪の毛の痛みの原因や市販のトリートメントで治せるかどうか、効果的な改善策を見ていきましょう!

そもそも髪の毛の痛みとはどんな状態?

髪の毛の痛みってどんな状態?

たくさんの人が悩みを抱えている髪の毛の痛みですが、どんな状態なのか知っていますか?

髪は一番外側のキューティクル、その内側のコルテックス、中心にあるメデュラの3層で構成されています。
髪がダメージを受けると、外側のキューティクルがめくれたり剥がれ落ちたりします。

そしてこのキューティクルのダメージにより、髪の内部の水分がなくなりタンパク質が流出してしまうのです。

それによって髪の内部は空洞ができた状態になり、髪の粗しょう化と呼ばれる状態になります。
髪の内部の水分やタンパク質が少なくなってしまうと、パサつきやゴワつき、きしみにつながります。

さらに髪が痛んでしまうと枝毛や切れ毛になってしまうのです。

髪の毛の痛みの原因とは

髪の毛の痛みの原因

髪が痛むことをした記憶はないのに、痛みが気になる方もいるのではないでしょうか?

髪の毛の痛みの原因は普段の生活の中にたくさんあります。
パーマやヘアカラーなどの薬剤はもちろんですが、髪は熱や摩擦、紫外線に弱いのです。

他にも髪が痛む原因があるので、詳しく見ていきましょう。

慢性的なストレス

慢性的なストレスに注意

慢性的なストレスは髪の毛が痛む原因にもなります。

ストレスは自律神経の乱れにつながり、それによってホルモンバランスが乱れます。

そしてホルモンバランスが乱れることにより、頭皮の毛細血管が収縮するのです。

頭皮は髪の健康のために重要な役割を担っています。

頭皮の毛細血管が収縮して血行が悪くなってしまうと、髪に十分な栄養を送れなくなってしまうのです。

それによって新しく生える髪も健康な状態ではなくなってしまうのです。

ちなみに、仕事や人間関係などのストレスだけでなく、髪の毛の痛み自体がストレスになる可能性もあります。

そうなってしまうとなかなか抜け出せない悪循環に陥ってしまう可能性もあるのです。

パーマやヘアカラー

女性の方の中には、パーマやヘアカラーを定期的にしている方も多いのではないでしょうか?
たび重なるパーマやヘアカラーも髪の毛の痛みの原因です。

パーマやヘアカラーは髪の内部に薬剤を浸透させるために、キューティクルを無理やり開きます。
そして髪の内部にあるタンパク質の形状を変えたり、着色したりするのです。

キューティクルを無理やり開くという行為は、髪の毛の痛みにつながります。
また、髪の内部まで薬剤が作用するので髪が痛んでしまうのです。

ドライヤーなどの「熱」

ドライヤーなどの「熱」は髪の毛の痛みの原因

毎日のドライヤーの熱も髪の毛が痛むの原因です。
あなたはドライヤーを使用するときに、髪や頭皮に近いづけて風を当てていませんか?

髪や頭皮に近づけてドライヤーを当ててしまうと、髪が熱風にさらされてしまいます。

また、ドライヤーを長時間使用することも髪に高温を加えることになりますよ。

髪のタンパク質は、熱を加えることにより形状が変わってしまいます。
また、髪の外側にあるキューティクルは熱に弱いのです。

ということから、ドライヤーやヘアアイロンなどの熱は、髪の痛みの原因になってしまうのです。

シャンプー後の自然乾燥

「今日はすごく眠いから、髪の毛を乾かさずに寝たい」
そう思うことはありませんか?

髪の毛が濡れているときは、キューティクルが開いている状態です。
キューティクルが開いていると、髪が無防備な状態になります。

そして髪の内部のタンパク質が流れ出ていきます。
タンパク質が失われた髪は、痛んだ状態で乾燥しやすくなります。

また、髪が濡れたまま寝てしまうことも痛みの原因です。
枕と髪の摩擦により、キューティクルがボロボロになってしまうのです。

このシャンプー後の自然乾燥によって、髪の毛は簡単に痛んでしまいます

紫外線

紫外線も痛みの原因

髪は顔や体に比べて、紫外線のダメージを5倍も多く受けると言われています。
紫外線を長時間浴びることにより、キューティクルは壊れてしまいます。

そして髪の内部のメラニン色素を破壊してしまいます。
そればかりか、正常な細胞を酸化させて老化を早めてしまう「活性酸素」を作りだしたりします。

これが髪を痛めることにつながってしまうのです。

さらに、髪を直接痛めるだけではなく、頭皮にも影響を及ぼします。
頭皮にある毛根組織は髪に栄養を送る働きとともに、新しい髪を作る働きをします。

頭皮が紫外線を長時間浴びることにより、毛根組織の働きは弱くなります。
それによって、健康な髪が作れなくなってしまうのです。

市販のトリートメントで髪の毛の痛みは治せる?

市販のトリートメントで髪の毛の痛みは治せる?

髪が痛んでいるとパサついたり広がったり、ひどい場合には枝毛や切れ毛になってしまいますよね。
見た目も悪いし絡まりやすくなってしまうので「なんとか治したい!」と思っている方も多いと思います。

痛んでしまった髪を治すのに、まず真っ先に浮かぶのは市販のトリートメントではないでしょうか?
市販のトリートメントでは、髪の毛の痛みを治すことはできません。

また、その他の方法でも「治す」ことはできないのです。
なぜなら、髪の毛は爪と同じで細胞分裂の終わった死んだ細胞でできているからです。

例えば、割れてしまった爪を元に治すことはできませんよね。
それと同じで、髪の痛みも治すことはできないのです。

ただし、痛んだ髪は改善することができます。
髪の毛の痛みを改善することによって、パサつきや広がりを抑えることはできるのです。

髪の毛の痛みは改善・ケアすることが大事!

痛んだ髪の毛は改善・ケアしましょう!

痛んでしまった髪は完全に治すことはできませんが改善・ケアすることは、とても大事です。

髪や頭皮のケアは痛んでしまった髪を改善することと、新しく生えてくる髪を健康な髪に導くことができるのです。

髪の毛の痛みを改善・ケアするだけでなく、これから生えてくる髪も健康な状態になるようにしましょう!

痛んだ髪の毛はカットする

トリートメントをしても治すことのできない髪の毛の痛み。
痛んだ髪に手を焼いている方も多いと思います。

そこで、痛んだ髪の毛はカットしてリセットすることをおすすめします。

痛んだ髪の毛は一時的に改善しても、すぐにパサついたりゴワついたりしてしまいますよね。
痛みの進行してしまった枝毛や切れ毛はトリートメントでも治すことはできません。

ですが、髪が痛んでいるとを感じたときにカットすることによって、髪の毛の状態をリセットできます。
痛んだ髪をカットすることにより、健康な髪だけ残るのです。

痛んだ髪の毛を思い切ってカットして、一度リセットしてみませんか?

トリートメントを使用する

カットに抵抗のある方や痛んだ髪を全てカットしきれなかった方はもちろんですが、髪を新たなダメージから守りたい方もトリートメントを使用して痛みを改善しましょう。

トリートメントを使用することによって、痛んだ髪に栄養を補給すると同時に表面をコーティングできます。
つまり、髪の毛の痛みを補修すると同時に髪を新たなダメージから守ることもできるのです。

女性には「ボタニスト」

女性におすすめしたいトリートメントはボタニストです!

ボタニストは植物由来の成分が入っていて、痛んだ髪を改善する効果が期待できます。

トリートメントをしても、そのあとのすすぎで洗い流されてしまって効果があまり感じられないこともありますよね。

ですが、ボタニストのトリートメントに含まれる成分の中には、髪の内部に吸着してすすいでも流されないものがあるのです。

それだけではなく、もともとキューティクルに存在する成分も含まれています。

この成分は、髪にしっとり感やツヤ感を与えるもので、キューティクルの補修に重要な成分なのです。

ボタニストで髪の痛みを改善することにより、しっとり・サラサラな髪を実感していただきたいです!

男性には「MARO薬用デオスカルプトリートメント」

男性におすすめしたいのはMARO薬用デオスカルプトリートメントです!

様々な理由でトリートメントの必要性を感じていない男性も一定数いらっしゃると思います。

ですが、男性にもトリートメントは必要なのです。

このMARO薬用デオスカルプトリートメントは、マッサージをするように頭皮と髪にまんべんなく塗布することが推奨されています。

MARO薬用デオスカルプトリートメントはノンシリコンなので髪と頭皮に優しく、メントールで爽快感も実感していただけます。

それによって頭皮の清潔感を保ち、髪を適度に保湿する効果が期待できます。

MARO薬用デオスカルプトリートメントで、頭皮と髪が健康な状態になることのをぜひ実感していただきたいです!

頭皮や髪に優しいシャンプーを使う

頭皮や髪に優しいシャンプーを使用しましょう

頭皮や髪を健康な状態にして痛みを改善・ケアするためには、しっかり洗浄して清潔にすることが大切です。

しかし洗浄力の高すぎるシャンプーは頭皮や髪の毛の痛みの原因となります。

洗浄力の高すぎるシャンプーにより、髪にダメージが蓄積されたり頭皮が乾燥してしまうのです。

特に頭皮のダメージは髪を育てる機能が低下するため注意が必要です。

髪の痛みを抑え、改善するためには頭皮や髪に優しいシャンプーを使いましょう。

女性には「haruシャンプー」

頭皮や髪に優しいシャンプーで、女性に特におすすめなのがharuシャンプーです。

haruシャンプーはノンシリコンで化学合成成分が入っていないので、頭皮への優しさが特徴的です。

頭皮や髪に優しいシャンプーは、洗浄力が弱いのではないかと心配になってしまいますよね。

しかしharuシャンプーは、ヤシ由来の洗浄成分で頭皮の汚れを優しく、きちんと洗い流します。

haruシャンプーは植物由来の保湿オイルで髪の痛みを補修し、髪をコーティングするので、洗いあがりの感触の良さを実感していただけると思います。

haruシャンプーを使用して、コーティング効果を実感していただきたいと思います。

公式サイトはこちら

男性には「チャップアップシャンプー」

髪の痛みが気になる男性におすすめしたいのが、通販などで話題のチャップアップシャンプー

チャップアップシャンプーはノンシリコンで、頭皮環境を改善する効果が期待できる天然成分が含まれています。

頭皮を覆っている保湿因子は、乾燥や刺激から保護するために必要なものです。

そこでチャップアップシャンプーは保湿因子を破壊せず、正常な状態に保つように作られています。

また、健康な人の頭皮と同じ弱酸性なので頭皮のタンパク質を破壊することもなく、とても頭皮に優しいシャンプーなのです。

ぜひチャップアップシャンプーで洗ったあとの頭皮のスッキリ感と髪のしっとり感のバランスの良さを実感していただきたいです!

公式サイトはこちら

髪の毛の痛みに関するまとめ

髪の毛の痛みを改善・ケアして健康な髪に

痛んでしまった髪は完全に治すことはできませんが、保湿力や修復力の高いトリートメントや頭皮と髪に優しいシャンプーを使用して改善できます。

そして新しく生えてくる髪についても、あらかじめ予防・ケアをすることでより健康な髪の状態に導くことができるのです。

髪の痛みは改善・ケアがとても大切です。

トリートメントやシャンプーは頭皮や髪に良いものを選び、しっかり改善・ケアをしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です