【2019年度版】育毛剤ランキングを見る →

チャップアップで白髪が改善する?その真相とは

チャップアップで白髪が改善されるって本当?

チャップアップで白髪が改善されるって本当?

大きな育毛効果が期待できる育毛剤・チャップアップ

そんなチャップアップの利用者の中には「増えてきた白髪をもう一度黒く戻したい」との目的で使用されている方もいるようです。

でもチャップアップの公式サイト内を探してみても「白髪を改善!」などの文言は見当たりません。

では果たして、チャップアップを使うことで、本当に黒髪に改善することは可能なのでしょうか?

今回は、その部分をクローズアップして検証を行なっていきたいと思います。

【本題】チャップアップには白髪を改善させる可能性あり

白髪を改善させる可能性が?

チャップアップの公式HPで、白髪の改善ができることについて記載されていないことは前で述べた通りです。

しかし、結論から先に言ってしまうと「チャップアップには白髪を改善させる可能性がある」のです。

といっても、直接的に黒髪に変化させる効果を持つ成分が含まれるわけではありません。

白い髪の毛が生えるメカニズムとチャップアップの含有成分やその効果とを照らし合わせてみると「充分に起こり得る現象」と考えられるのです。

なぜチャップアップが白髪の改善をさせるかを、順を追って解説していきたいと思います。

公式サイト

そもそも白髪が生えるのはどうして?

なぜ白髪になるの?

個人差はありますが、男性の場合だと30代前半から、女性の場合だと30代後半から、少しずつ白髪がみえはじめるといわれます。

では、どうして髪の毛が白くなるのでしょうか?

まず頭皮の中には、幹細胞と呼ばれる細胞が存在しています。

その幹細胞は、様々な機能を持つ細胞に分化することができたり、自身の複製をつくることができるのです。

そこでできるのが、髪の毛をつくり出す「毛母細胞」と「色素細胞」になります。

その毛母細胞が髪の毛をつくり出すのですが…実はこの時、つくられた髪の毛には色がありません

そこに色素細胞によってつくられた「メラニン色素」を合わせることで、黒い髪の毛となって生えてくるのです。

しかし何らかが原因で、色素細胞が正常に働かなくなってしまうと、毛母細胞がつくり出した髪の毛に色を乗せることができません。

毛母細胞が何らかの理由で正常に働かなくなった場合も、メラニン色素を受け取れず、やはり髪の毛に色を乗せられないことがあります。

そして、そのまま生えてきてしまうのが白髪となるのです。

色素細胞が弱まる原因とは?

色素細胞が弱まる理由

白い髪の毛が生えてくる「メカニズムを説明してきましたが、おわかりいただけたでしょうか。

文中にもありましたが、色素細胞や毛母細胞が何らかの理由で働かなくなることで、白髪が生えてきます。

では何故、色素細胞が弱まって正常に働かなくなってしまうのでしょうか?

その主な原因を以下で説明してきたいと思います。

睡眠不足

まずは睡眠不足です。

どうしても生活が不規則になりがちな現代人にとって、睡眠不足は最も身近な問題だと言っても過言ではないでしょう。

ところで、なぜ睡眠と白髪が関係しているのでしょうか。

それは「頭皮を含めた肌における毛乳頭細胞が活性化する時間帯は、就寝から3~4時間の間」と言われているからなのです。

その時間をしっかりと確保できなかったり、時間を確保しても眠りが浅かったりすることも多くあります。

すると正常な活動に支障をきたし、白い髪の毛を産みだす原因となってしまう場合があります。

ストレス

ストレスもまた現代人の抱える大きな問題の一つですよね。

何らかの大きなストレスを抱えたことで「一晩にして黒髪が全て白髪になった」などという話を聞くこともあります。

ストレスを強く感じることが、体内に活性酸素を産みだす原因となってしまいます。

これが増加してしまうと様々な細胞を酸化させてしまい、本来その細胞が行なうべき働きができなくなってしまうのです。

しかし、ストレスを一切感じないまま生活を送ることは不可能といえます。

上手にストレスを発散しながら、なるべくストレスを溜めないような生活を心がけましょう。

老化

白髪の原因として最も知られているものが、老化ではないでしょうか。

身体の中の細胞は、弱体化など加齢と共に様々な変化が起こります

正常に働けなくなる細胞が増えたり、そもそもその細胞自体の生成がままならなくなってしまったり……。

そこで色素細胞も他の細胞と同じように、正常に働けなくなることがあるのです。

老化現象を止めることはできませんが、日々の生活の中で地道に生活習慣を改善することで、その進行を遅らせることは不可能ではありません。

チャップアップが白髪を改善するかもしれない理由

チャップアップが白髪を改善するかもしれない理由とは?

それでは「何故チャップアップが白髪を改善するかもしれないのか?」についてお話ししていきましょう。

チャップアップは大きな育毛効果が期待ができる育毛剤です。

チャップアップに含まれる多くの有効成分が血行促進効果を発揮します。

それがなぜ、白髪を改善するのでしょうか?

それは強力な男性ホルモン・ジヒドロテストステロンを抑える効果が、白髪の発生の原因となる毛母細胞や色素細胞の異常に対しても、有効に働く可能性が高いからなのです。

公式サイト

白髪だけじゃない!チャップアップの作用

どんな効果があるの?

チャップアップは、配合されている育毛有効成分・天然成分によって、白髪の改善にも様々な効果を見出すと考えられます。

以上、おわかりいただけましたでしょうか?

次には、チャップアップの主な効果と白髪改善への働きを3点ご紹介したいと思います。

血行促進

白髪の改善に有効なことは、まず頭皮の血行を良くすることで、頭髪に栄養素を行き渡らせることが大切です。

チャップアップでは、ジフェンヒドラミンHCなどの成分によって、炎症や痒みを抑えると共に、血行を促します。

他にも血流改善を目的とした成分が20種類も配合されており、毛髪一本一本に、栄養を行き渡らせることが可能です。

更に、ウメ果実エキスやチンピエキス、マロニエエキスなどによって頭皮の硬化を抑え、育毛に効果のある成分の浸透を補います。

つまり、基本的には育毛や抜け毛予防を目的とされていますが、白髪の予防や改善などの効果も充分に期待できるのです。

男性ホルモンの抑制

男性ホルモンが還元酵素の働きによってジヒドロテストステロンへと変換されると、毛母細胞の増殖が抑制されてAGAが発症します。

それによって毛母細胞や色素細胞が正常に働かなくなってしまう場合があるのです。

チャップアップには、ジヒドロテストステロンの生成される量を減少させる育毛有効成分が含まれています。

主な成分にはオウゴンエキス・チョウジエキス・ヒオウギ抽出液・ビワ葉エキスなどがあります。

還元酵素の働きを抑制することで、毛母細胞や色素細胞の異常化、及び抜け毛の防止をはかることができるのです。

頭皮環境を整える

センブリエキスなどの成分によって、頭皮に栄養を行き渡らせ、同時に保湿作用を与えることで頭髪の成長促進を助けます

また、ダイズエキス・ドクダミエキス・オドリコソウエキスなどの成分が皮脂過剰分泌や抜け毛、フケ、毛穴詰まりを抑制します。

それらの働きが、チャップアップに含有される様々な有効成分を、より一層効果的に頭皮へ浸透させ、白髪改善に影響を与えていると考えられるのです。

まとめ

この機会にチャップアップを試してみてはいかがですか?

チャップアップがなぜ白髪改善に効果があるかについて説明してきましたが、いかがでしたか?

チャップアップは、育毛のことだけではなく「頭皮環境全体を改善することで育毛に繋げる」というコンセプトの商品です。

白髪の改善にも効果が出る可能性が高いのではないかと考えられます。

もちろん正式に効果がうたわれているものではなく、個人差もあるので「絶対に」とは言い切れません。

しかし白髪にお悩みの方は、チャップアップを一度試してみてはいかがでしょうか?

公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です