【2019年度版】育毛剤ランキングを見る →

AGAでもかっこいい髪型に!おしゃれに目立たなくしよう

AGAでもおしゃれな髪型にできる?

AGAでもおしゃれな髪型を楽しめる?

頭頂部や生え際から薄毛が進行するAGA

AGAになってしまったら、もう髪のおしゃれは楽しめない…とあきらめていませんか?

実は、AGAになってしまったとしても工夫次第でおしゃれな髪型も楽しめるんですよ。

今回は、AGAで髪型に悩んでいる人必見です。

おしゃれで薄毛が目立たない髪型や、同時に行うべきAGAの治療方法をご紹介していきます。

自分の症状はAGAに当てはまる?

AGAの症状とは

そもそも、自分の薄毛の症状はAGAに当てはまるのか分からないという人もいますよね。

実は、AGAとそれ以外の薄毛では、症状の現れ方などに違いがあります。

以下の部位のいずれか、もしくは両方に薄毛の症状がみられる場合は、AGAである可能性があるためチェックしましょう。

M字ハゲ

こめかみの辺りから進行し、徐々に生え際がアルファベットのM字型に後退していく症状です。

生え際はAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)が多く分泌される個所であるため症状がでやすく、AGAの典型的な症状だとされています。

頭皮環境の悪化などの原因も考えられますが、年々額が広くなっているなど、生え際の後退が進行していると感じたらAGAの可能性が高いでしょう。

頭頂部ハゲ

生え際と同じく、AGAの症状が出るとされているのが頭頂部(O字ハゲ)です。

つむじもある場所なので、薄毛が目立ちやすい箇所ですよね。

生え際の薄毛と違い、鏡を正面から見ただけでは気付きにくい箇所なので、症状が進行してから気付く人も多い場所です。

AGA治療は早く気づくことが大切なので、薄毛の心配がある人は定期的に頭頂部をチェックする習慣をつけましょう。

AGAを髪型でおしゃれに目立たなく!

AGAは生え際や頭頂部といった、隠しづらい箇所から薄毛が進行する症状であることが分かりましたね。

では、AGAになってしまったらおしゃれな髪型を楽しむことはできないのでしょうか。

部分的に薄毛が進行するため、残念ながら長髪の髪型をおしゃれにきめることは難しいです。

しかし、ポイントを抑えれば薄毛が目立たないおしゃれな髪型を楽しむことができます。

おすすめの髪型と、薄毛が目立つNGな髪型をご紹介します。

ショートヘアーで目立たせない!

AGAなどの薄毛を隠す基本は、髪を短くすることです。

髪を長く伸ばし、伸びた髪で薄毛をカバーしようとすると、余計に目立って見えるものです。

思い切って短い髪型に切り替えおしゃれを楽しみましょう。

しかし、短い髪型といっても色々な種類があります。

今回は、その中でも特にAGAの薄毛が目立たないおすすめの髪型を3つご紹介します。

ソフトモヒカン

ソフトモヒカンは、シンプルながら爽やかな印象を与える髪型です。

サイドを短く刈り上げるので、生え際の薄毛もそこまで目立たないでしょう。

また、トップの髪は少し短めに切ると自然と立ち上がりボリューム感がでるので、頭頂部のカバーにもなります。

ビジネスシーンでも違和感のない髪型ですので、迷った時にはソフトモヒカンをチョイスしてみるとよいでしょう。

ツーブロック

ツーブロックは、頭頂部を残しサイドとバックを刈り上げる髪型です。

トップの髪の長さやボリューム、セットの仕方などで雰囲気も変わる、おしゃれで人気な髪型ですよね。

ソフトモヒカンやボウズよりも自由度があるので、よりおしゃれを楽しみながら薄毛をカバーしたい人におすすめです。

ボウズ

薄毛が気になりだした時の定番の髪型といえば、ボウズですよね。

薄毛が最も目立たないので、いよいよ誤魔化せないとなった時にボウズにしようと考えている人は多いです。

一見おしゃれではいように思えますが、部位によって髪の長さを変えたりすると、おしゃれボウズヘアを楽しむことができます。

毎朝の髪のセットがなによりも楽なので、ヘアセットに時間をかけたくない方におすすめの髪型です。

NGな髪型

NGな髪型とは

ここまでは、AGAを上手にカバーするおしゃれな髪型をご紹介しました。

薄毛が目立たない髪型がある一方、AGAがより目立ってしまうNGな髪型も存在します。

目立たせたくない、どうにか隠したいと考えている人は、下記のような髪型に注意しましょう。

サイドの毛が長い

生え際が後退するAGAの症状。

カバーできる髪型でご紹介したものは、サイドの毛を刈り上げるモヒカンやツーブロックですよね。

正面から見た時に、フロントの毛量はどうしても短くなってしまうため、サイドの毛が長いと薄毛が目立ちます。

そのため、もみあげに長さが残る髪型はNGなのです。

もみあげが残っていたほうが、小顔効果があるのに…!という気持ちも分かります。

しかし、がAGAをカバーする場合は、サイドの毛は短くしておいたほうがかっこよくきまるでしょう。

毛の量がバラバラ

薄毛が目立つ髪型の典型的なものは、サイドの毛だけボリュームが残っているものではないでしょうか。

髪が残っている箇所は、短くしたくはない。

その気持ちはわかりますが、髪の量や長さに差があると薄毛部分が目立ちやすくなります。

AGAによる薄毛部位をカバーするのであれば、下手に髪を残すのではなく、短くそろえた髪型のほうがおすすめです。

【番外編】AGAの人が髪型以外でやること!

AGAの可能性を疑ったら、早めに治療を開始することが大切です。

髪型でカバーできたから、このままでいいか!と安心してはいけません。

AGAは、進行性の脱毛症であるため治療をしない限り薄毛の症状が悪化してしまうのです。

では、具体的に治療とはどのような方法があるのでしょうか。

AGAのお手入れ方法をいくつかご紹介します。

育毛剤

一番手軽なお手入れ方法は、育毛剤の使用です。

育毛剤は多くが医薬部外品に分類されるもので、副作用のリスクがなく安全に頭皮ケアができるでしょう。

しかし、医薬品ではないために、髪の毛が抜けてしまった部分に髪の毛を生やす効果は望めません。

ただ、頭皮環境を改善することでAGAの進行速度をゆるやかにすることは期待できるでしょう。

育毛剤は、AGAの予防対策として取り入れることがおすすめです。

AGA専門の育毛剤ならこちら

内服薬

飲み薬を服用

AGA治療で最も一般的な治療法は、内服薬の服用でしょう。

AGA治療のガイドラインで効果があると認められているのも、内服薬(フィナステリド)の服用です。

医薬品であるために副作用のリスクはありますが、より確実にAGAの治療をしたい人には有効な方法です。

AGAに効く内服薬は市販されておらず、個人輸入などをすすめるWEB記事もありますが、安全性が確保されていません。

内服薬での治療を検討している人は、クリニックなどで処方してもらうようにしましょう。

無料で相談できるクリニックはこちら

お医者さんを受診

専門医を受診

適格かつ安全に治療をすすめられるのは、病院を受診する方法です。

CMでも「AGAは病院で治療する時代!」とよく目にしますよね。

日本国内では、AGAに悩む人はおよそ1260万人ほどいると言われています。

成人男性の3,4人に1人はAGAを発症していると言われるほど、身近な薄毛の症状なのです。

では、病院で治療する場合は何科に相談すればいいのかをご紹介します。

皮膚科

AGAは脱毛症の一種であるため、皮膚科での治療も当然できます。

AGAの治療ガイドラインを作成しているのも、日本皮膚科学会なので最善の治療は受けられます。

ただし、すべての皮膚科がAGA治療に対応しているわけではありません。

同じ「皮膚科」であっても、AGA治療は必須診療科目ではないため、取り扱っていない可能性もあるのです。

皮膚科に足を運ぶ前に、AGA治療に対応しているかどうかは確認しておきましょう。

AGA専門クリニック

AGAに悩む人が増加している近年、AGAを専門に扱うクリニックが多く開院されています。

CMでも、複数の専門クリニックを目にするよになりましたよね。

専門クリニックであるためにAGA治療の症例数も多く、クリニックによっては治療方法も多岐にわたるでしょう。

また、AGAを専門に扱っているということもあり、医師の知識も豊富です。

クリニックは自由診療であるため、初回カウンセリング無料などのサービスが充実しているというメリットもありますね。

AGA治療を目的とするなら、通える人はAGA専門クリニックを選んで受診することをおすすめします。

生活習慣改善

生活習慣を改善しよう

薄毛改善に欠かせないポイントが、生活習慣の改善です。

これだけでAGAの治療ができるわけではありませんが、生活習慣が乱れていてはAGAの治療はうまくいきません。

食生活の乱れや睡眠不足、過度なストレスはAGAを進行させる大きな要因となります。

例えばクリニックを受診したとしても、生活習慣の見直しは指摘されるポイントでしょう。

副作用のリスクもなく、少し意識をするだけで始められるお手入れ方法です。

薄毛が気になる人は、すぐにでも生活習慣の見直しを行いましょう。

AGAは髪型でカバーしよう!

AGAは髪型でカバーしながら治療を進めよう

今回はAGAの方におすすめの髪型と、AGAの改善について解説してきました。

AGAは、早めに治療を開始すれば改善できる脱毛症です。

しかし、どんな治療方法であっても、すぐに髪がはえてくるわけではありません。

最近は若い世代でもAGAに悩んでいる方が多いので、治療中でも薄毛は隠したいですよね。

無理にスタイリングで隠そうとすると、余計に目立ってしまうケースもあります。

気になる見た目は、髪型を変えることで上手にカバーして、治療の効果が出るまでを乗り切りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です