【2019年度版】育毛剤ランキングを見る →

女性の薄毛治療薬5選|口コミから費用まで徹底解説

女性の薄毛治療薬について解説!

女性にも多くの薄毛治療薬があります!

今回は、女性専用の薄毛治療薬についてご説明します。

育毛剤などは医薬部外品が多く、個人での購入もスムーズに行えます。

しかし治療薬は、医薬品として定められている物が多く、使用するには、基本的に医師の処方箋や、薬剤師の説明が必要です。

効果が大きい代わりに、副作用が発生する可能性も高く、扱いが難しくなっています。

治療薬の危険性や、扱い方なども含め、女性専用の薄毛治療薬についてご説明していきます。

女性の薄毛治療薬5選【口コミ・費用あり】

女性による女性薄毛治療薬の口コミなど!

それでは、女性の薄毛治療薬を5つご紹介します。

使用するには、基本的に医師や、薬剤師の許可が必要です。

また、「おすすめの女性薄毛治療薬」というご紹介の仕方ではなく、あくまでも女性薄毛治療薬の「種類」のご紹介となります。

服用する際は、医師や薬剤師の指示をよく守るようにしましょう。

リアップリジェンヌ

日本で初めて発毛効果が確認された薄毛治療薬、「リアップ」の女性用です。

リアップリジェンヌは、リアップ同様、第1類医薬品として定められており、購入する際は薬剤師の説明が必須となっています。

壮年性脱毛症による、抜け毛や薄毛の治療薬として使用され、発毛効果や、脱毛予防の効果を持っています。

外用薬なので、薬剤を頭皮に直接塗布し、使用します。

また、未成年の方や、妊娠中の方、壮年性脱毛症か不明な方の使用は禁止されているので、使用する際はよく相談するようにしましょう。

口コミ

リアップリジェンヌを使用した女性の口コミをご紹介します。

使い始めて約1年になりますが、地味にいいです。ゆっくり効いてくる感じ。 
いきなり増える!って感じではないですが、とにかく抜けない。 
シャンプーの時にゴッソリ抜ける不安はこの一年まったくなかったです。
加齢からくる頭頂部の薄毛には効果があると思います。

出典 : @cosme

壮年性脱毛症とは、基本的に40代から50代あたりの方に発症した脱毛症を指します。

リアップリジェンヌは、壮年性脱毛症が治療対象の薬なので、使用方法を間違えなければ、薄毛改善に大きな期待ができるようです。

費用

前述しましたが、リアップリジェンヌは第1類医薬品なので、購入の際には薬剤師の立ち合いが必要です。

男性用女性用などは、関係ありません。

また、販売が認められているサイトであれば、ネットでの購入も可能です。

ただし、ネット購入でも薬剤師との連絡は必要です。

サイトの使用方法をよく理解した上で、購入を行いましょう。

費用については、発売元である大正製薬公式サイトの記載通りにご紹介します。

リアップリジェンヌ(1本 60ml) 5,239円

パントガール

女性の内服用薄毛治療薬として、世界で初めて効果と安全性が認められた、海外生まれの「パントガール」。

効果も高く、副作用が少ない優秀な女性薄毛治療薬の1つです。

この治療薬は、リアップリジェンヌのように市販はされておらず、医師の処方がなければ手に入りません。

しかし、個人輸入で手に入れる方も多いようです。

個人輸入はすべて自己責任ですので、できるだけ、医師の処方を受け、手に入れるようにしましょう。

口コミ

パントガールの口コミをご紹介します。

飲み始めて1年半程になります。 
結論から言うと、飲まないより飲んだ方がいいです。 
私も途中効果が感じられなくて3ヵ月程にやめた時がありました。でもその時の抜け毛があまりに酷く、やはり飲んでいるだけの効果はあったのだと感じました。 
劇的に増えたということはないですが、以前より分け目は目立たなくなりました。体質改善の為、他にもサプリやら運動やらをしています。

出典 : オオサカ堂

薄毛治療は、治療薬の効果に頼るだけではなく、自ら体質を改善することも必要です。

体が健康でなければ、健康な髪の毛も生えてきません。

費用

多くのクリニックで処方されており、費用もそれぞれです。

治療薬以外の治療法や値段、クリニックの実績、また医師との相性も大切です。

無料カウンセリングなどを活用し、クリニックの雰囲気なども加味して、受診するクリニックを決めるようにしましょう。

東京ビューティークリニック 1か月分8,000円(初回7,000円)
城本クリニック 30日分12,000円
聖心毛髪再生外来 1か月分12,000円

他にもパントガールを処方しているクリニックは存在します。

前述したことも踏まえ、クリニックを決めることをおすすめします。

記載している費用はすべて税別です。

パントスチン

パントスチンは、頭皮に直接塗布する外用薬であり、主に抜け毛を防ぐ効果を持ちます。

発毛効果はそれほど高くないため、他の薄毛治療薬と併用しながら治療を行うことが多いようです。

また、症状が初期段階のうちに服用を始めると、パントスチンのみでも発毛効果が望めます。

こちらも医薬品なので、医師の処方により購入が可能となります。

口コミ

パントスチンの口コミをご紹介します。

使い始めはアルコールの匂いにびっくりしました。時々、頭皮にヒリヒリ感も感じます。しかしミノキシジル配合の養毛剤より、使用感は良かったです。髪にコシが出てきました。

出典 : オオサカ堂

アルコールの臭いが強めなようです。

また、ヒリヒリ感などもあるようなので、肌の弱い方や、頭皮に湿疹などがある方は、医師とよく相談するようにしましょう。

使用感がわかるのが、口コミの良さでもあります。

内服と併用していますが、抜け毛減少とアホ毛がだいぶ生えてきました。 
やはり、内服と併用がいいのかなと思います。

出典 : オオサカ堂

パントスチンで抜け毛増加を抑えつつ、発毛効果のある治療薬と併用するのが効果的なようです。

しかし、クリニックで検査を受け、パントスチンのみでも治療が可能だと判明すれば、治療費を抑えることができます。

適切な検査を受けてからの使用がおすすめです。

費用

パントスチンを処方しているクリニックは少ないようです。

もし、パントスチンの使用を考えている場合は、クリニックに直接問い合わせをし、処方の有無を確認するようにしましょう。

費用は1か月分で約1万円から始まり、2万円まではいかないとされています。

しかし、薄毛治療薬の併用によっては、総合的な費用が変わるので注意しましょう。

聖心毛髪再生外来 1か月分11,000円(税別)

ロゲイン

発毛効果のある「ミノキシジル」が配合されており、アメリカで初めて発売された発毛剤です。

また、大正製薬の「リアップ」は、ロゲインの日本版として発売されている商品です。

基本的に、男性はミノキシジルが5%配合された「5%ロゲイン」、女性は「2%ロゲイン」を服用します。

効果は、頭皮の血行促進や、発毛促進などです。

ロゲインは、女性男性型脱毛症に効果を発揮するとされているので、薄毛の原因が不明なまま使用するのは危険です。

必ず医師の処方を受けてから、使用を始めましょう。

口コミ

ロゲインを使用した女性の口コミをご紹介します。

ロゲインを使い始めてから2年が経過しました。 
頭皮の劇的な変化がわかるというわけではないですが、おでこが広くなるなど髪の毛が薄くなってはいないのでやはりこちらが効いているのだと思います。 
これからも使い続けます。

出典 : オオサカ堂

育毛剤や、発毛剤はすぐに効果が実感できることはほぼありません。

多くの育毛剤や発毛剤は、3か月から半年の使用で効果が現れるといいます。

副作用などが発生しない限りは、できるだけ使用を継続することが大切です。

費用

ロゲインを処方しているクリニックはさほど多くありません。

市販はされていないので、手に入れるには、医師の処方か、個人輸入かの2つになります。

個人輸入だと、価格をかなり抑えることが可能ですが、前述したように自己責任となります。

医師の処方を受けた場合、ロゲインの値段は、1か月分で約6,000円から13,000円程度と言われています。

男性用女性用でも、費用はあまり変わらないようです。

また、クリニックによっても違うので、ご注意ください。

青山ラジュボー・クリニック 6,300円(1本)
よつば皮膚科 初回7,000円(2回目以降5,000円)(1本)

育毛メソセラピー

こちらは、治療薬ではなく、治療法の一環となり、男性に限らず、女性の薄毛治療としても行われています。

育毛効果のある成分を、頭皮に直接注入することで、発毛や育毛を促します。

また、薬物療法よりも、比較的短い期間で効果が現れる傾向にあります。

頭皮に直接注射針を刺す方法、特別な機器を使用する方法など、クリニックごとに違いがあります。

痛みを不安視されると思いますが、多くのクリニックでは、治療時に麻酔を使用するなど、痛みを感じさせない工夫が施されています。

口コミ

育毛メソセラピーに関して、女性の口コミをご紹介します。

4回目の施術を受けました。 
全体的に毛が強くなり 
明らかに増えている事は 
確かです。

出典 : 美容医療口コミ広場

育毛メソセラピーは、約1か月に1回の治療が多いようですが、症状や患者さんによっては治療間隔が変わると思います。

費用

育毛メソセラピーと似た治療法として、「HARA療法」があります。

注入する成分が大きな違いとして挙げられます。

HARG療法では「成長因子」という、より発毛効果の高い成分を注入します。

しかし、最近では育毛メソセラピーとして治療していても、成長因子を注入するクリニックが増えています。

今回は、育毛メソセラピーとして治療を行っているクリニックの治療費用をご紹介します。

銀座総合美容クリニック 19,440円(1回)
ウォブクリニック中目黒 30,000円(1回)

ほんの一例をご紹介しました。

成長因子の有無で大きく費用が変わります。

注入成分と費用をしっかりと確認するようにしましょう。

女性の薄毛治療薬の選び方

今まで女性の薄毛の治療薬について説明してきましたね。

数ある女性の薄毛治療薬の中から何を選べばいいのでしょうか?

女性ならではの問題も…

基本的には症状に応じて医師が処方するものですが、費用によっては購入が難しい場合もあると思います。

医師とよく相談をし、納得した上で治療薬の処方を受けましょう。

価格は大丈夫?

不安要素として一番に挙がるのは、やはり価格の問題ではないでしょうか。

薄毛治療は、軽い風邪のように1週間薬を服用すれば治る、なんてことはありません。

最低でも、3か月から半年以上の継続治療が必要です。

比較的安価な治療薬でも、数か月は続けなければならないことを考えると、決して安くは済みません。

1か月あたりの費用を毎月支払えるかなども考え、治療を受けるようにしましょう。

また、薄毛治療薬や、育毛メソセラピーなど、薄毛治療には医療保険が適応されません。(適応される脱毛症もあります。)

費用は、全額負担であることも考慮しましょう。

薄毛の症状に合ってる?

どの治療薬が、どんな薄毛症状に効果を持っているのかを知ることも必要です。

多くの医師は、症状に合わせて治療薬の処方を行います。

しかし、なかには適当な治療を行い、適当な処方をする医師もいるかもしれません。

多少なりとも治療薬の知識を持っていれば、さらに納得のいく診察が受けられるようになると思います。

誤った治療薬の継続は時間やお金を無駄にし、症状を悪化させる場合もあるので注意しましょう。

すべてを医師に任せるのではなく、事前に薄毛治療について学んでおくことも大切です。

副作用は大丈夫?

育毛剤やサプリメントとは違い、効果の高さゆえに、副作用が発生する可能性も高くなっています。

特に女性は、状況によって服用を禁止されている薬も存在します。

今回ご紹介した治療薬や第1類医薬品は、医師や薬剤師の許可が下りなければ購入ができないので、基本的には大きな心配をする必要はありません。

自身の体の状態をしっかりと伝え、医師や薬剤師との認識の相違によって誤った治療薬を処方されないよう、十分注意してください。

もし副作用が発生した場合は、クリニックや、購入したお店などに連絡を取るようにしましょう。

副作用が気になる女性におすすめの薄毛治療

どうしても副作用などが気になり、治療薬の服用が怖いという方は、育毛剤の使用をおすすめします。

中でも、「ベルタ育毛剤」という女性専用育毛剤がおすすめです。

使用成分のほとんどが天然由来であり、副作用の起きる可能性は非常に低くなっています。

育毛剤も、一定期間の継続は必要ですが、治療薬の継続よりはリスクも低く、比較的安全です。

しかし育毛剤には、直接発毛させる効果はなく、育毛の促進が主な効果です。

薄毛症状がかなり進行している場合、育毛剤ではあまり効果を望めません。

進行性の脱毛症が発症している場合は、一刻も早い薄毛治療が必要なので、勇気を出してクリニックを受診することも必要です。

ベルタ育毛剤の公式サイト

まとめ

治療を受けるなら男性も女性も薄毛について知ろう!

女性の薄毛治療薬、薄毛治療法についてご紹介をしてきました。

今回掲載した女性専用薄毛治療薬は、ほんの一部です。

また、効果や効能によって費用も変わり、クリニックによって扱っている治療薬も違います。

女性の薄毛は、男性とは原因も違うので、女性は女性の薄毛治療を受けることがとても大切です。

進行が進むにつれて、費用もかかり、時間もかかります。

クリニック選びは慎重に行い、納得のいく治療が受けられるよう、薄毛についての知識を身に着けておくことも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です