【2019年度版】育毛剤ランキングを見る →

シャンプーボトルに水を入れて薄めると菌が繁殖する!?精製水って何?

シャンプーは使うときに薄める方がいいの?

シャンプーを使う時はどうする?

この記事では、シャンプーを使うときは薄める方がいいのか解説していきます!

自分が選んで購入したシャンプーには様々な「効力」があるはずです。

例えば、強い洗浄力だったり、ダメージケア重視で髪に優しい効果だったり、本当に数多くの効力です。

しかし、そのものの「効力」とは違った効果を期待させる工夫こそが「水で薄める」ことなのです!

そして、その方法をとった場合、菌が繁殖するといったデメリットについても知っておきましょう!

シャンプーを薄めるメリット

まずはメリットを知ろう!

シャンプーを薄める方法が世に出回っているのは、「ちゃんとした効果がある」ことと同義です。

では、早速メリットを理解してみましょう!

特に、自分の髪を大切にしたい人は必見ですよ!

経済的

水を足した場合、薄くはなってしまいますが、より長い時間使用することができます。

例えば「60日使える」と言われているものでも、途中で水を増した場合、とにかく「量」は増えるわけです。

量があるのなら当然長持ちしますよね。

それを長い期間続けた場合、間違いなく節約することができるでしょう。

市販のものならそのありがたみは感じないかもしれませんが、何千円何万円とするシャンプーを使っている場合、その経済的なありがたみがわかるはずです!

強い洗浄剤を薄くできる

薄くできるのもメリット!

「強すぎる洗浄力」は、時には髪を痛めてしまう可能性があります。

髪を綺麗に洗いたい場合、洗浄力はなくてはならない存在ですが、逆に髪や頭皮にダメージを与えてしまうことがあるのです。

ハゲや薄毛の原因にもなってしまうので、「髪を守る」観点から考えた場合、どうしても洗浄力が高いと仇になります。

しかし、シャンプーを薄めることで、「水」の容量が増えるため、その洗浄力を減らすことが可能なのです!

つまり、髪にダメージを蓄積させないことになりますよね。

低刺激シャンプーは薄めるとしっかり洗えない可能性が…

低刺激のものは避けたい

水を含めた場合、気をつけておきたいことも理解しておきましょう!

それは「低刺激のシャンプーを薄めるないようにする」ことです。

低刺激のシャンプーは「洗浄力が弱い」ことで知られています。

そのようなアイテムは、例えば「ハゲ、薄毛対策」「ダメージケア」としての役割が求められているため、洗浄力はもともと弱いのです!

そんな刺激の弱いシャンプーをこれ以上薄めてしまった場合、逆にしっかりと髪を洗うことができない可能性があるのです!

シャンプーボトルに水を直接入れて薄めると菌の温床に!?

もしかしたら菌が繁殖する!?

シャンプーに水を直接入れた場合、菌の温床になってしまうかもしれません!

元々、シャンプーには「防腐剤」も使用されています。

しかし、水を入れてしまうことで、洗浄力と同時に、その「防腐効果」までも薄れてしまうわけです!

防腐効果がないのなら、腐りを防ぐことができませんので、シャンプーはどうしても腐りやすくなります。

腐った場合、菌やカビなどが好んでその場所に居つくことになります。

つまり、腐れば腐るほど菌は浸食してしまいます!

シャンプーは使うときに薄めるのが一般的!

薄め方に工夫がいる!

上記で説明したのは「ボトルに直接水を入れた場合」です。

その場合、ボトル内には菌が増殖して、どんどん侵されてしまうわけです。

しかし、洗浄力低下効果も魅力的に感じる人も多いのではないでしょうか。

そのような人は、「使おうとするときに水で薄める」方法を試してみてください!

ボトル内には水は一滴も入っていないことになるので、菌の繁殖の心配は一切ありません!

手にシャンプーを適量垂らして、その中に水を含ませてみてください。

直接ボトルでシャンプーを薄めるには精製水がいいの?

直接ボトルに水を入れる場合は?

まずは精製水について説明します。

精製水とは、水道水のように不純なものを極力取り除いて、純粋な「水」としての濃度を向上させた水のことです。

余計な成分は使用されていません。

飲み水で言うところの「ミネラルウォーター」のようなものです。

そして、その精製水を直接ボトルに入れてシャンプーを薄める方法ならば、まだ菌は繁殖しづらくなるのです!

綺麗で純粋な精製水は、余分な成分の割合はかなり少ないはずです!

当然、菌の増殖に関する成分も含まれていないことになります。

もし、上記の使う度水を足す方法が面倒ならば、精製水を使ってみてはいかがでしょうか。

シャンプーを薄める場合は正しい方法を守ろう!

正しい方法を守ろう!

今回は、シャンプーを薄めて使用するコツを紹介しました!

非常にシンプルで行動に移しやすいですが、デメリットとして菌の増殖があることも忘れないでください。

自分の髪を守るために薄めているはずなのに、かえって自分の髪を汚してしまう結果になりかねません!

特に、精製水については知識として持っておくことはおすすめです。

髪を守るための知識はいくら持っておいても損はありません。

自分にぴったりで、なるべく楽な方法で髪を守っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です