【2019年度版】育毛剤ランキングを見る →

【薄毛の救世主?】イソフラボンの育毛効果について

イソフラボンの育毛効果について解説!

イソフラボンについて

イソフラボンと言えば納豆や豆乳などに豊富に含まれている大豆イソフラボンが有名です。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、ホルモンバランスが乱れがちな女性にとって心強い味方です。

しかし、その効果は女性だけにとどまらず男性の育毛にも期待できるのはご存知でしたか?

今回はそんなイソフラボンの育毛効果について解説していきます。

イソフラボンの育毛効果とは

イソフラボンの効果とは?

薄毛に悩んでいる方にとって一番気になるのはイソフラボンの育毛効果についてかと思います。

まずはそれが起こるメカニズムについてご説明していきましょう。

そもそもイソフラボンで効果があるとされている薄毛は、AGA(男性型脱毛症)です。

AGAは男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素によって、DHTというホルモンに変性することから起こります。

このDHTには薄毛を引き起こす作用があるため、これが増えれば増えるほど薄毛が進行してしまいます。

一方大豆イソフラボンにはDHTの増加を抑える効果があるという研究結果があります。

このことからイソフラボンにはAGAの進行予防及び育毛効果が見込めるとして、ヘアケア製品にも多く配合されています。

イソフラボンは女性にも育毛効果はあるの?

女性でも効く?

大豆イソフラボンはAGAに効果が見込めるとお伝えしました。

では、男性ホルモンがもともと少ない女性にとっても効果はあるのでしょうか?

先ほど軽く触れましたが、大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをします。

女性の薄毛はこのエストロゲンの減少によって引き起こされていることが往々にしてあります。

大豆イソフラボンには加齢やストレスなどで減少するエストロゲンを補う効果があるため、女性の育毛効果にも期待できると言えるでしょう。

イソフラボンが薄毛に効いた方の体験談を紹介

効果があった!

イソフラボンが薄毛に良い理由はここまでご説明した通りです。

とはいえ、その効果が本当に得られるのかどうかはまだ半信半疑ではないでしょうか?

そこで、実際にイソフラボンを摂取した方の体験談を調べてみました。

一カ月間豆乳を飲み続けた結果、脂ギッシュだった髪がサラサラに変わりました(´∀`*)

ハゲが改善するといったことはなかったのですが、頭皮のギトギトがなくなったのは豆乳の効果だと思います。男性ホルモンは頭皮の皮脂を分泌させる働きもあるので、豆乳のおかげで適度に調節されたんだと思います。

出典 : 薄毛診療所

こちらの方は一か月豆乳を飲み続けて効果を調査してみたそうです。

その結果、髪質や頭皮の肌質に良い変化が見られたとのこと。

一か月では直接的な育毛効果が実感できるまでの期間として短すぎますが、頭皮環境の改善は髪が生えやすい状態になったとも言えます。

つまり、その後も続けていけば抜け毛予防や髪の成長促進効果も期待できるかもしれないということですね。

イソフラボンを効率よく摂る方法

イソフラボンでの育毛効果が期待できるとわかったところで、それを効率よく摂るにはどうした良いのかをご紹介しましょう。

無駄なく上手にイソフラボンを摂取することでより効果が期待できるかもしれません。

食品で摂取!

食べて摂取

まず思いつくのは食事での摂取ではないでしょうか?

イソフラボンといえば納豆や豆乳が思い浮かびますが、それ以外にももちろん様々な食品に含まれています。

含有量の多いものでいえば豆腐、油揚げ、きな粉などの大豆製品です。

醤油も大豆製品ですのでもちろん配合されていますが、塩分量も考えれば摂りすぎは禁物ですね。

豆腐と油揚げのお味噌汁などが体にも優しくておすすめですよ。

サプリメントを活用!

サプリで摂取

食品でイソフラボンを摂ることはできても、毎日となるとなかなか難しいかもしれません。

それにいくら大豆製品だからといって摂りすぎればその分カロリーもアップしてしまいます。

そんなときにはサプリメントを活用してみましょう!

髪の毛の質をアップさせる目的や、育毛効果を目指すサプリメントなどがさまざまなメーカーから発売されています。

例えばサプリメントの中でも有名な大塚製薬のネイチャーメイドシリーズのひとつに大豆イソフラボンがあります。

1粒に25mgの大豆イソフラボンが配合されており、1日1粒を目安に飲むだけでとても手軽に続けられます。

また、育毛をよりメインに考えたいのならイクモアがおすすめです。

こちらは大豆イソフラボンの他、L-リジンや亜鉛など髪に良い成分が多数配合されています。

そのためイソフラボンのみのものよりも、さらに効果的に頭皮への育毛アプローチが期待できるのです。

摂取しすぎには注意!?

摂りすぎ注意

しかし、いくらイソフラボンが体に良いとは言っても摂りすぎは禁物です。

過剰摂取してしまうと体に良いはずのものが反対に毒になってしまう場合も…。

イソフラボンには女性ホルモンのバランスを整える効果があるとお伝えしましたが、摂りすぎると逆効果になってしまいます。

たとえば女性ホルモンのバランスが崩れると子宮内膜症の可能性が高まりますが、イソフラボンの過剰摂取でも同じことが起こるのです。

髪のためにと摂っていても体調を崩してしまっては健康な髪の毛は生えてきません。

ですので、食事やサプリメントを上手に活用して過剰摂取を避けるようにしましょう。

イソフラボンと一緒に摂取したい栄養素

イソフラボンが髪の毛に良い効果をもたらす理由と同時に、その危険性についてもご説明しました。

では、それ以外に髪の毛にとって必要な栄養素とはなんなのでしょうか?

今度はイソフラボンと一緒に摂取したい栄養素について見ていきましょう。

ミネラル

栄養素①ミネラル

髪の毛に良い栄養素のひとつはミネラルです。

ミネラルといえば海藻を思い浮かべる方が多いかと思いますが、ミネラルの中にも色々なものがあります。

例えばカリウム、ナトリウム、マグネシウムなんかは有名ですね。

またクロム、銅、亜鉛なんかもミネラルの一種です。

亜鉛は特に育毛効果があるとして有名ですので、亜鉛配合のサプリメントや育毛剤も多数あります。

タンパク質

栄養素②タンパク質

つぎにタンパク質です。

少し話が変わりますが、髪の毛はどのような成分で出来ているかご存知ですか?

美容に関心が高い方は聞いたことがあるかも知れませんが、毛髪はケラチンという成分で出来ています。

ケラチンは食事などでとられたタンパク質が体内でアミノ酸に分解された後に作られます。

ということはつまりタンパク質が髪の毛を作る元であり、不足すると髪が作れないということですね。

納豆など大豆食品はタンパク質とイソフラボンのどちらも豊富なため、髪の栄養摂取にうってつけです。

それ以外には牛肉、卵、あるいはプロテインなどでも効率よく摂ることができますよ。

ビタミン

栄養素③ビタミン

髪の毛に良い栄養素と言えば、ミネラルとタンパク質は割と有名ですよね。

しかしそれだけでは育毛効果があるとは言えません。

ミネラル同様ビタミンにもさまざまな種類がありますが、育毛の為に必要なものは全部で4種類。

ビタミンA、ビタミンB群(ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン)、ビタミンC、ビタミンEがそうです。

これらを摂取することで血行促進や頭皮環境の改善、育毛促進の効果が期待できます。

レバーやマグロ、ナッツ類などビタミンの種類によって適した食材は異なります。

毎日取り続けるのは難しく、また過剰摂取を抑えるためにもサプリメントなどを上手に活用しましょう。

イソフラボンだけで育毛は完璧?

イソフラボンやその他食材がいかに髪の毛の成長にとって必要かをご説明しました。

では、これらをしっかりと摂っていればそれだけで髪が生えるのかと言うと個人差によります。

薄毛の状態が軽く、栄養不足が原因であれば効果的でしょう。

しかし薄毛がそこそこ進行していて栄養摂取をしていても効果が得られない場合には、本格的な育毛対策開始の時期かもしれません。

育毛剤で外から対策!

外からも対策

本格的な育毛対策とはなんぞやと思われるかもしれません。

そんな方にまずご紹介したいのが育毛剤の使用です。

育毛剤は頭皮や髪のケア成分が多く配合されており、食事やサプリメントと異なり頭皮に直接塗布する医薬部外品です。

医薬品ではないため副作用の可能性が低く、製品によっては天然由来成分や無添加素材で刺激が少ないものも出ています。

頭皮の状態をクリアに近付け髪の成長を促す成分が配合されているので、食事改善と併用することでより効果が期待できますよ。

製品によっては全額返金保証制度がある場合もあるので、そうしたフォローも含めて調べて見てはいかがでしょうか?

男性はこちら

女性はこちら

治療薬でしっかり対策!

薬でしっかり対策

育毛剤よりももっと効率よく薄毛対策に取り組みたいのなら治療薬がおすすめです。

治療薬は基本的にクリニックで処方してもらう必要がありますが、その効果は国にも認められていることが大きな利点です。

薄毛の治療薬と言えばプロペシアが有名ですが、これはAGAの進行を抑制する効果があります。

DHTを減少させる大豆イソフラボンのさらに強力バージョンだと考えて頂ければわかりやすいかもしれません。

発毛や髪の成長を促進するのにはミノキシジルが用いられます。

これは市販の発毛剤にも含まれていることが多い成分ですね。

男性用と女性用では配合量が異なったり、プロペシアは女性の使用が禁忌だったりと注意すべき点があります。

治療薬の使用時にはしっかりと医師の説明を聞き、処方されたとおりに服用することが大切です。

イソフラボンについてまとめ

イソフラボンまとめ

今回はイソフラボンと育毛の関係についてご紹介しました。

イソフラボンは髪の毛だけではなく、女性にとっては美容の面でも効果的な栄養素です。

しかしその反面、過剰摂取によるリスクも伴います。

健康を損なわないよう適度に活用し、場合によってサプリメントや育毛剤などの使用も検討してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です