【2019年度版】育毛剤ランキングを見る →

古くからの言い伝え【ひじきでハゲが良くなる】は誠なのか?

ひじきはハゲを良くするって本当なの?

昔から、「ひじきを食べるとハゲが治る」って言われ続けてきましたよね。

それって本当でしょうか?

古くからの知恵なのか、はたまた、ただの迷信なのか…。

現代科学をもって、今日その真相をはっきりさせましょう!

【結論】ひじきでハゲが良くなるは迷信!?

どうやらひじきにはハゲを治す力はないようです。

では、なぜ「ひじきはハゲを治す」なんて迷信が生まれたのでしょうか?

その理由は、ひじきは髪の毛を健康にする成分を多く含むからなんです!

ひじきはハゲているところから髪の毛を生やすことはできないですが、弱った髪の毛を健康にする力はあります。

その力が、「ハゲを治す力」と間違って伝わっていったようです。

では、なぜひじきは髪の毛を健康にできるのでしょうか?

その真相を、ひじきに含まれる成分から紐解いていきましょう!

ひじきの主な成分

ひじきには髪の毛を健康にする成分が多く含まれています。

今回はひじきに含まれている成分のうち、特に髪の毛にいい影響があるとされる
1.ビタミン
2.ヨード
3.亜鉛
の3つについてみていきます!

1.ビタミン

まずはビタミンです。

ひじきに含まれるビタミンは、
ビタミンA
・ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
・βカロテン
に分けられます。

そのうち、髪の毛の育毛に効果のあるビタミンA、ビタミンB2、ビタミンCについて効果を紹介します!

1-1.ビタミンA

ビタミンAは頭皮の水分量を調節し、頭皮を健康にする働きがあります。

ビタミンAが不足していると、頭皮が硬くなってしまい、髪の毛まで栄養がいかなくなってしまうので要注意です!

結果的に、薄毛の原因になりかねないので意識的に摂取するようにしましょう!

ビタミンAを多く含む食べ物はひじきの他に、レバーや卵、チーズなどの乳製品があります!

1-2.ビタミンB2

このビタミンB2は細胞が成長する手助けをしたり、新たに細胞を作る手助けをします。

実は、ビタミンは、それ自体がエネルギーを作るわけではありません。

しかし、体の機能を調節しエネルギーを上手に働かせる役割を持っています。

そのため、いくら髪の毛の元となる栄養素をとっていてもビタミンが不足していたらその栄養は髪の毛になることはできないのです。

それほど重要なビタミンの中でも、特に体の機能を調節する役割を大きく担ってるのがこのビタミンB2です。

ビタミンB2はたんぱく質を髪の毛に変える重要な役割を持っているんです!

1-3.ビタミンC

髪の毛に元気がない、抜け毛が多い、ハゲてきた。

これらは、どれも原因は1つではなく複数の要因が絡まって起こっています。

そして近年、その原因に必ずと言っていいほど絡んでいる要因がストレスです。

ストレスを軽減できたら抜け毛が減ったという方は非常に多いです。

それほど髪の毛とストレスは深い関係があるのですが、このストレスを軽減するのにビタミンCが役に立つんです!

しかし、ビタミンCは水に溶け出してしまう性質があるため、溶け出しても大丈夫なようにスープやドリンクなどで体に取り入れることをお勧めします。

ビタミンCを多く含む食材は他にも、
・パプリカ
・レモン
・トマト
・ブロッコリー
などがあります。

季節によっては冷たいスープなんかも美味しそうですね!

2.ヨード

ヨードはヨウ素とも呼ばれ、
血行を促進させる
成長ホルモンの分泌を刺激する
効果があります。

髪の毛に必要な栄養は、血が運んできてくれるので血行がよくないと健康な髪の毛が生えてきてくれません。

さらに、成長ホルモンは髪の毛の成長も促すホルモンですので、刺激してあげることでより健康な髪の毛が生えてきやすくなります。

実は、ヨードはひじき以外にも多くの海藻に含まれている成分なんです。

そのため、和食を好んで食す人はヨードを取りすぎている可能性もあります。

そして、取りすぎは発熱や甲状腺腫の原因になってしまうので注意が必要です。

大豆食品と一緒に摂取すると余分なヨードの吸収を抑えてくれるそうですよ!

3.亜鉛

亜鉛は、髪の毛を作るだけでなくハゲないためにも一役買っている栄養素です!

AGAという症状の方は、5αリアクターゼという酵素によって髪の毛が生えないホルモンが作られてしまいハゲていきます。

その5αリアクターゼの働きを抑える効果が亜鉛にはあるのです。

さらに、それだけでなく、亜鉛は髪の毛を作るために必要な成分なので健康的な髪の毛を作る効果もあるんです!!

ひじきだけでなく、牡蠣やレバーなどにも多く含まれているので意識的に摂取してみてはいかがでしょうか?

とはいえ、実は亜鉛は食事で摂取しても吸収率があまり良くありません。

そこで、ビタミンもそうですが、亜鉛はサプリメントにもなっています。

食事に加え、サプリメントを併用することをおすすめしています。

栄養満点だけど食べすぎると…

実はひじきには無機ヒ素という過剰摂取すると毒性を持つミネラルも含まれています。

無機ヒ素を過剰摂取してしまうと、頭痛、吐き気、発熱を発症してしまう場合があります。

そのため、髪の毛に効果のある栄養を、毎日ひじきで摂取することはおすすめしていません。

これらの栄養素を含む他の食材もありますので、バランス良く栄養を摂取してみてくださいね!

本当にハゲは良くならないの?

ひじきは髪の毛にとてもいいということは栄養素から見ても納得していただけたかと思います。

でも、それじゃ、ハゲ改善に効果がない理由にはならないですよね。

ひじきにハゲを治す力がないというのはどういう理由があるのでしょうか?

ハゲの原因は一つではない

先ほども話した通り、人がハゲる原因は一つではありません。

睡眠不足が関係していたり、運動不足やストレスが関係していたり、もちろん食生活が関係していたりします。

しかし、多くの人の場合はハゲる原因は一つではなく、複数あります

そのため、食生活だけ改善できても、他の原因を改善できないとハゲを治すことはできないというわけです。

なくなった髪の毛を食事療法だけで取り戻すのは難しい

ハゲを改善することはとても難しいことなんです。

ハゲてしまっては、たとえ原因をすべて改善しても髪の毛が生えないことがあります。

すべての原因を改善すればこれ以上ハゲることはないかもしれません。

しかし、一度なくなった髪の毛は原因を対処しただけでは戻ってこないのです。

そのため、いくらひじきが髪の毛によくても、無くなった髪の毛を再び生やすことはできないようです。

ハゲ改善するには

では、ハゲを改善するにはどうしたらいいのでしょうか?

ハゲを改善する方法は大きく3つあります。

1つ目は、原因の改善
2つ目は、育毛剤の使用
3つ目は、クリニックへの通院、医療薬の使用

となります。

1.原因の改善

原因の改善は、こちらに詳しく書いてあるのでぜひ参考にしてみてください。
薄毛やハゲで髪が全体的に薄い時の原因と対策【理由はAGA?】

2.育毛剤の使用

次に、育毛剤の使用についてです。

育毛剤は頭皮環境を整え、髪の毛に栄養を与えることで髪の毛が生えやすくする薬のことです。

詳しくは、AGA改善なら育毛剤!実際に症状を抑えた人の声あり
こちらの記事にわかりやすく説明されています。

3.クリニックへの通院、医療薬の使用

薄毛専用のクリニックがあることをご存知でしたか?

初回無料相談などをやっているところも多いようです。

自分の薄毛の原因を詳しく診察してくれるので、少しでも気になったら足を運んでみてはいかがでしょうか?

場合によってはクリニックでしか処方できない医療薬を処方してもらえる場合もあります。

ひじきやその他の食事は髪に良い!

食生活でハゲを改善することはできませんが、髪の毛を丈夫にしたり、これ以上ハゲにくくすることはできます。

しかし、毎食自炊をするわけにも行かないし、どういう食事をすればいいのか悩みどころですよね。

そこで今回は朝、昼、夜に分けてできるだけ髪の毛にいい食事の例を紹介するので参考にしてみてください!

もちろん、毎食健康に気を使えというわけではありませんが、この食事が習慣になると髪の毛の状態もだいぶ変わってくることと思いますよ。

朝ごはん

やはり、日本人には日本食が合うのでしょうか?

日本食は本当に健康にいいものばかりです。

特に日本らしい朝食は髪の毛にも効果的ですよ!

1.納豆ご飯

これは朝忙しい人でもパパッと食べられるのではないでしょうか?

納豆は大豆食品なので、イソフラボンなど髪の毛に大切な栄養素がいっぱい詰まっています。

2.ひじき

今回説明してきたようにひじきはとても髪の毛にいい食べ物です。

最近はコンビニなどでも味付けしてあるひじきが置いてあるので、わざわざ作らなくてもいいですね。

乾燥ひじきを使うときは下ごしらえや味付けなど少々時間と手間がかかるので、作り置きしてもいいかもしれません。

昼ごはん

さて、お昼ご飯は好みが分かれますよね。

しかし、仕事などもありなかなか手作りというわけにはいきません。

そこでコンビニで買うことのできる食事を例として選んでみました!

1.サラダ

皆さんはちゃんとサラダを食べていますか?

お昼にサラダを食べるとそれなりにお腹も膨れて満足感がありますよ。

コンビニでもいろんな種類のサラダが置いてるのでいろんなサラダを試してみるものいいでしょう。

2.野菜スープ

野菜スープには栄養ぎっしりです。

野菜からもれた栄養をスープがキャッチしてくれるので、スープまで飲みましょう。

特に、トマトベースのものはビタミンの摂取が期待できます!

3.フルーツヨーグルト

お昼はサクッと済ませたい、なんて方もいるかと思います。

そういう方はヨーグルトはどうでしょうか?

ヨーグルトなどの発酵食品は抜け毛対策になるとも言われているんですよ。

フルーツと一緒に食べてビタミンや食物繊維も補いましょう。

夜ご飯

夜ご飯は美味しいものをたくさん食べたいですよね。

でも、夜ご飯の食べすぎは厳禁ですよ!

夜ご飯を食べすぎてしまうと、消化に時間がかかり、寝てる間も胃腸が休めなくなってしまいます。

そうすると、髪の毛を育てる成長ホルモンの分泌が減少してしまうのです!

夜ご飯は腹八分までにしておきましょう。

1.牡蠣

さて、夜ご飯にオススメの食事の1つ目は牡蠣です。

牡蠣には亜鉛が多く含まれているためとても髪の毛にいいとされています。

好き嫌いが分かれる食材ですが、髪の毛のためには食べることをオススメします!

2.レバー

レバーもまた亜鉛を多く含む食材です。

レバニラ炒めや、焼き鳥など食べ方はいろいろありますね。

実は食べ過ぎもよくないですが、髪の毛にいい食材であることは間違いありません。

3.卵料理

卵には髪の毛の元となるたんぱく質が多く含まれています。

さらに、ビタミンやミネラルもバランスよく含まれています。

しかし、生卵を食べすぎると抜け毛の原因になるという意見もあるので、できるだけ加熱してから食べるようにしましょう。

「ひじき」だけでなく食事は髪の毛の基本!

ひじきや他の食べ物だけでハゲを治すことはできません。

しかし、食生活が乱れていては、何をしてもハゲを治すことはできません。

バランスのとれた食事は髪の毛の基本です!

「ハゲが治るわけではないからひじきは食べない」のではなく、「ひじきを食べた上でハゲ対策をする」とハゲが治るかもしれませんよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です