【2019年度版】育毛剤ランキングを見る →

チャップアップをつけすぎると逆効果?適切な使用量とは

チャップアップはたくさんつけすぎるとダメって本当?

つけすぎはダメ?

最も知名度が高い育毛剤といえば、チャップアップを挙げる方がたくさんいらっしゃるでしょう。

育毛効果が高いと評判ですが、育毛剤はそもそもじっくりと効果が出てくるものです。

一日でも早く効果を出そうとして、必要以上に頭皮に塗布していませんか?

つけすぎることで逆効果になるという口コミも確認することができます。

そこで今回は、チャップアップを付けすぎると逆効果になるのか?について解説していきたいと思います。

チャップアップの1回あたりの使用量とは

用法用量は守りましょう

まず、チャップアップの使用量についてです。

チャップアップは1日1回の使用で、約4mlの塗布を推奨しています。

約4mlといってもわかりにくいですが、公式ホームページによれば「30プッシュ」と説明されています。

この回数を多いと思って勝手に減らしてしまう人や、特定の場所のみ集中して塗布する人がいらっしゃいますよね。

しかし、あくまでも約4mlの塗布をすればこそ、育毛剤が最も効果を発揮するのです。

多いと感じていても、必ず30回を頭皮にまんべんなく塗布して下さい。

チャップアップをつけすぎると逆効果になる?

逆効果になるのでしょうか?

それでは、チャップアップを多量に使用した場合はどのようになるのでしょうか?

結論として、多量に使用したからと言って、その分の効果を実感できる可能性は低いでしょう。

効果に変わりがないどころか、逆効果になる可能性も考えられるので注意が必要です。

まず、育毛剤の育毛成分は、頭皮に塗布された後、時間をかけてじわじわと浸透していき、吸収されます。

一定時間で浸透・吸収される量には限度があり、その量を超えて塗布しても、流れ落ちてしまったり、蒸発してしまいます。

それに加え、過剰に塗布することで肌が荒れてしまったり、ホルモンバランスが乱れてしまう可能性も出てくるのです。

すると、頭皮環境を更に悪化させ、抜け毛を促進してしまうことになりかねません。

必ず用法用量を守って、安全に使用していきましょう。

チャップアップのおすすめの使用方法

チャップアップを使用する際は、用法用量を守ればこそ効果を得られると解説してきました。

では、どのようにチャップアップを使用すればいいのでしょうか。

ここでは、チャップアップを使用する際の手順について、具体的に説明していきたいと思います。

ブラッシング

まず、チャップアップを使用するシャンプー前にやっておきたいことがあります。

それは、髪の毛のブラッシングです。

そもそも、ブラッシングには、頭皮へ適度な刺激を与えて、血行を促進するなどの効果が見られます。

ここでは、これらの効果に加えて、髪の毛に付着したホコリやフケを落とすことも目的とします。

しかし、力を入れすぎてブラッシングすると、頭皮や毛根を傷つけ、頭皮環境を悪化させてしまいます。

できるだけ優しく、また静電気が起きることがない木製や毛製などのブラシを使用することをお勧めします。

丁寧な予洗い

予洗いをしましょう

そしてシャンプーを行う前には、髪の毛をシャワーのお湯で予洗いしましょう。

正しく行うことで、髪の汚れの約8割をシャンプー前に落とすことができるのです。

時間としては2分程度を目安に行うといいでしょう。

指を髪の中に入れ、手のひらにお湯をため、地肌を洗っていきます。

手のひらのお湯を頭皮に直接かけるようなイメージで行ってください。

また、髪をかき分け、地肌を露出させ、直接お湯をかけるのも効果的ですよ。

シャンプーする

シャンプーにもいろいろな方法がありますよね。

お勧めとしては、手のひらに適量のシャンプー剤をとり、倍くらいの量のお湯を加えて薄める方法です。

この方法で洗えば、シャンプー剤は伸びがよくなった状態になり、頭皮に行き届きやすくなります。

無理に泡立たせる必要はありません。

洗い方のもう一つのポイントは、「下から上に指を髪の間に差し入れること」です。

髪の毛は、一般的に上から下に向かって生えています。

これに逆らうようにシャンプー剤をつけることで、毛根部までシャンプー剤が行きわたり、頭皮をきれいに洗うことができます。

爪を立てて洗髪すると頭皮が傷ついてしまうので、指の腹を使って優しく行うことポイントですよ。

ドライヤーで髪を乾かす

頭皮は一定の湿気が必要ですが、余分な水分があると雑菌が繁殖しやすくなります。

そのためにも、シャンプー後に正しく髪を乾かすことが必要になります。

しかしドライヤーをかけすぎると、髪は勿論のこと、頭皮にもよくありません。

長時間のドライヤー使用を避けるためにも、まずはきっちりとタオルドライをしましょう。

タオルドライとは、簡単にいえば、タオルで余分な水分を取り除くことです。

そしてドライヤーをかける際は、噴出口から15㎝以上離すようにしましょう。

離すことによって、熱による髪の毛の蛋白変性を避け、ダメージを最小限に抑えることができます。

チャップアップをつける

育毛剤を塗布しましょう

ここでいよいよチャップアップの出番です。

使い方はごく簡単です。1日1回、シャンプー・ドライヤーの後に、約30回プッシュします。

なるべく頭部全体に吹きかけるように意識しましょう。

連続して30回プッシュしてしまうと、液だれをしてしまい、頭皮に浸透されなくなってしまいます。

複数回に分け、指の腹で、優しく浸透させるように軽く押さえながら塗り込んでください

くれぐれも、正しい容量を守って使いましょう。

頭皮マッサージをする

頭皮マッサージ

最後に仕上げの頭皮マッサージです。

最低でも1分以上はマッサージをしましょう。

特に頭頂部と側頭部を重点的に、指先に力を入れて頭皮を押し揉むような感じで行ってみてください。

マッサージを行うことでさらに頭皮の血流が良くなり、頭皮環境がより整いやすくなるでしょう。

チャップアップが逆効果にならないように気をつけよう!

今回はチャップアップをたくさんつけすぎると逆効果?について解説してきました。

用法用量を守らないで使用すると、効果を得られないばかりか、頭皮環境を悪化させる恐れさえあります。

あくまでも用法用量を守ればこそ、最大限に効果が発揮されるものです。

そもそもチャップアップは、モンドセレクション金賞を2年連続で受賞した高品質の育毛剤です。

3種類の有効成分のほか、55種類の天然成分、15種類のアミノ酸を配合

これらの成分が頭皮環境を整え、育毛効果に期待することができます。

また無添加無香なので、敏感肌の方にも優しいつくりになっています。

そして初心者の方でも気軽に使用できるよう、返金保証制度も整っているので安心ですよね。

このようにチャップアップには、うれしいポイントがたくさんあります。

薄毛の改善は焦りがちになってしまいますが、決められた量と回数を守って使用していきましょう

公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です