【2019年度版】育毛剤ランキングを見る →

プロペシアで肌荒れが起こるって本当?ニキビができる?

プロペシアの服用で肌荒れがおこる?

発毛に大きな効果が期待できるプロペシア

しかし服用することによって、肌が荒れてきた、ニキビができてきたなどの報告が見られます。

プロペシアは効果が期待できる反面、大きな副作用の可能性があることは知られています。

そのプロペシアに副作用のなかには、肌荒れなどが存在するのでしょうか?

今回はプロペシアと肌荒れの関係性について解説していきたいと思います。

プロペシアでニキビなどの肌荒れが出来るの?

プロペシアには、男性機能低下、肝機能低下のほか、いくつかの重篤な副作用が挙げられています。

添付文書を確認してみても、肌荒れなどの副作用の記載は見当たりません

しかし、薬が身体に合わなかった時に肌荒れやニキビとして出てしまう可能性があることはゼロではないと想像できますよね。

そういった場合はプロペシアの服用を止めて様子を見てみると解決できる問題といえます。

しかし、服用を中止しても肌荒れが改善しない場合は違う要因で肌荒れが起こっている可能性があるので注意が必要です。

プロペシアでニキビなど肌荒れを感じる理由

プロペシアAGA(男性型脱毛症)治療のための発毛剤です。

AGAにはいくつかの原因が上がられますが、その原因自体が肌荒れにもつながっているといえます。

では、ニキビや肌荒れの要因にはどういったものがあるのでしょうか?

以下で説明していきたいと思います。

他の薬との併用によるもの

他の薬との併用によるもの

プロペシアと併用している薬に、ニキビや肌荒れの要因が潜んでいる場合があります。

プロペシアと併用できるミノキシジルや育毛剤には、血管拡張成分が含まれています。

頭皮の血行促進で栄養を隅々に行き渡らせる一方、皮膚の代謝も良くなるため皮脂の分泌量が増加してしまうことがあります。

すると肌トラブルのリスクも上がってしまうので肌荒れを起こしやすくなります。

また、その併用している薬が自分の肌に合わず、炎症を起こしてしまっている可能性も考えられます。

ストレスを抱えている

ストレスを抱えている

ストレスを抱え込むと体内のホルモンバランスが乱れてしまい、肌荒れを引き起こす可能性があります。

ストレスは肌荒れのみならず、種々の体内器官に異常をきたしてしまうこともあるので注意が必要です。

ストレスを受け体内器官に損傷がでてしまうと、修復のために大量の栄養素をその器官に運び消費することになります。

この栄養素は生命に関わる部分から優先的に運ばれるので、肌に関する部分は後回しになってしまうのです。

しかしストレスを感じずに生活を送ることは難しいですよね。

少しづつでもいいので、自分なりのストレス発散する法を見つけ、実践していきましょう。

生活習慣が乱れている

生活習慣が乱れている

生活習慣が乱れていると、体内のホルモンバランスを保つことが難しくなるため肌荒れが進んでしまいます。

寝不足気味の人が肌荒れをしやすいのは、就寝している際に身体のメンテナンスを行う成長ホルモンの分泌が上手く行っていないからです。

また肌の健康を保つためにはビタミン類や良質なタンパク質等の摂取が必要となります。

食生活が乱れ、偏食になっている方は肌も不健康になり荒れてしまう傾向にありますよ。

このように生活習慣が乱れていると、肌だけではなくプロペシアの本来の効果も期待することができません。

自分ができる生活習慣の改善から行っていきましょう。

洗髪を怠っている

洗髪を怠っている

洗髪を上手く行わないと、ニキビや肌荒れの原因になることは言うまでもありません。

シャンプーに含まれている界面活性剤は、人の肌にとって刺激の強い物質です。

綺麗に洗い流すことができておらず付着し続けていると、やがて炎症を起こし肌荒れの原因となります。

逆に、洗髪を一日に何度も行うことも、肌荒れの要因となるので注意しましょう。

頭皮には普段必要最低限の皮脂が分泌されていますが、それが失われると体内で皮脂を分泌する指令がでてしまいます。

すると、必要以上に皮脂が分泌されがちになってしまうのです。

洗髪をする際は洗いすぎに注意しながら、しっかりと髪や頭皮についたシャンプーを洗い流しましょう。

プロペシアを使っていて異常が出たときは?

医師に相談しましょう

以上のことを行っていないにも関わらず、肌荒れが治らない場合、まずは一度プロペシアの服用を止めてみましょう。

そして、クリニックなどに相談されることをお勧めします。

プロペシアを止めることで症状が和らぐのであれば、プロペシアがあなたの身体に合わないことも考えられます。

異変が起こっているのに使用し続けていると、肌荒れ以外の副作用が現れてしまう可能性もありますので注意しましょう。

肌荒れ以外のプロペシアの懸念点を知っておこう!

プロペシアには直接的に肌荒れが起こる副作用はありません

しかしプロペシアには、そのほかに大きな副作用の可能性がいくつか確認されています。

場合によっては重篤な症状につながることがあるんですよ。

プロペシアは、副作用をよく理解して、自分の体の状態を確認しながら使用する必要があります。

それではどのような副作用があるのか、以下で説明していきたいと思います。

勃起不全

勃起不全

プロペシアの有効成分はフィナステリドと呼ばれる物質です。

このフィナステリドの働きとしては、男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)の抑制です。

DHTは抜け毛を促進させてしまうホルモンで、髪の成長期にも関わらず脱毛させてしまいます。

しかし、髪を抜けさせてしまうだけがDHTの作用ではなく、性機能に関する作用も併せ持っています。

そのためDHTを抑制してしまうと精子量が減少し、勃起不全、いわゆるEDになってしまうことがあります。

副作用として報告される中には、服用を中止してもしばらくEDが治らなかったケースもみられます。

性欲減退

性欲減退

EDと関連して、性欲が減退してしまう副作用も懸念されています。

理由はEDと全く同じですが、精子量が減少すると性欲が低下してしまい、同時に倦怠感を引き起こすことがあります。

副作用として報告される中では、この性欲の減退が一番多く挙げられています。

肝機能障害

肝機能障害

肝臓機能が低下している方、肝臓の弱い方がプロペシアを服用すると、肝機能障害を引き起こすリスクがあります。

肝臓は絶えず働いていますが、特にアルコールが体内に入った時はフル稼働して分解に努めます。

すると肝臓の機能は低下し、プロペシアを服用したときに支障をきたしてしまう場合があるのです。

肝機能障害になるリスクを抑えるため、プロペシアの服用前後のアルコールは控えましょう。

うつ病

勃起不全

プロペシアはDHTと呼ばれるホルモンに作用するため、ホルモンバランスの乱れが発生します。

男性ホルモンと女性ホルモンのバランス調整が身体の中で常に行われていますが、それが崩れてしまうと自律神経も乱れてしまいます。

自律神経が乱れると、なんでもない時にめまいや頭痛が起こってしまい、進行するとうつ病にもつながります。

うつ病になってしまうと、通常の生活に支障をきたすことも考えられるので、副作用が出た場合はすぐに中止しましょう。

女性化乳房

女性化乳房

プロペシアは、DHTの原因であるテストステロンと5-αリダクターゼの結合を阻害する働きがあります。

このテストステロンが体内で多くなってしまうと女性ホルモンであるエストロゲンに変化する性質を持っています。

そのため、プロペシアの作用が効いてくると体内では結合できないテストステロンが増えてしまします。

それがエストロゲンに変化され、体内では男性ホルモンより女性ホルモンの量が多くなります

すると女性化乳房と呼ばれる副作用が現れるようになります。

女性化乳房は、男性でありながら女性のような胸の膨らみができてしまい、乳房周辺にしこりや痛みを生じるケースもあります。

プロペシアの懸念点が気になる人は…

大きな効果が期待できる反面、副作用のリスクの可能性があるプロペシア

実際使用するとなると、懸念点が気になる方もいらっしゃると思います。

そのような方は、どのようなAGA治療を行えばよいのでしょうか?

プロペシア以外のAGA治療法をいくつかご紹介したいと思います。

育毛剤

育毛剤は一番手軽に始められるAGA対策といえます。

育毛剤はあくまでも頭髪環境改善のためのもので、発毛効果は期待できません。

しかし、天然成分を多く含んだものが多いため、頭皮に合わないために起こる炎症や肌荒れは起こりづらいといえます。

肌荒れトラブルが起こらないよう配慮しているものが多いので、安心して使用できますよ。

そこでオススメの育毛剤はチャップアップです。

チャップアップには3種の有効成分、55種類の天然成分、15種類のアミノ酸が配合されています。

これらの成分が頭髪環境を整え、育毛の効果を期待することができます。

また返金保証制度もあるので、初心者の方でも安心して使用することができますよ

植毛

植毛

肌荒れを起こす心配や副作用の心配がないAGA治療の一つに植毛が挙げられます。

現在の主流となっている植毛技術は、自分の髪の毛を移植するため拒絶反応も無く、定着率も非常に高い数値を示しています。

いわゆる自毛植毛と呼ばれますが、DHTの影響を受けにくい部位が頭皮にあり、後頭部や側頭部はそれにあたります。

その後頭部や側頭部の髪の毛の量が多い部分から、前頭部や頭頂部に髪の毛を移植する方法です。

薄くなっていた部分を、自分の髪の毛で増やすことができる技術なので安心ですね。

HARG治療法

HARG治療法

HARG治療法も副作用の心配がいらない治療技術の一つです。

まずは人の万能細胞と呼ばれる幹細胞から、成長因子を数百種類抽出します。

この抽出した成長因子に、ビタミン類やアミノ酸類を豊富に含むHARGカクテルと呼ばれるものを頭皮に注射します。

すると幹細胞の成長因子が頭皮に働きかけ、かつ栄養を大量に注入されていますので細胞が活性化するのです。

そして、今まで休眠状態だった毛母細胞が代謝を始めます。

生えてこなかった部分の髪の毛が生えてくるだけではなく、現状で生えている髪の毛にも育毛効果があります。

HARG治療法は発毛・増毛・育毛の3つの効果が期待できる治療法です

プロペシアについてしっかり理解しましょう!

プロペシアが直接的に、ニキビや肌荒れを起こす可能性は低いことおわかりいただけましたか?

プロペシアを使用してニキビや肌荒れを感じている方は、その他に原因がある可能性があります。

またプロペシアには肌荒れのみならず、重篤な副作用の可能性があるので注意が必要です。

プロペシアは用法用量を守って、安心安全に使用していきましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です