【2019年度版】育毛剤ランキングを見る →

ハゲや薄毛にジョギングは効果的?走るときの注意点も

ジョギングをするとハゲは良くなる?

ジョギングをすると、ハゲが改善されるというのは本当でしょうか。

これには有酸素運動と呼ばれる運動の仕方が深く関わっています。

体に持続的に軽い負荷がかかるのが有酸素運動で、ジョギングはこれに含まれます。

筋トレや重量上げ、短距離走のような瞬発力を必要とする無酸素運動とは区別されます。

では、有酸素運動であるジョギングはなぜハゲの改善に効果的なのでしょうか?次に、ジョギングがもたらす四つの効果「血行促進」「ストレス発散」「自律神経のバランス改善」「DHTの排出」についてまとめました。

ジョギングによるハゲへの効果

ジョギングはハゲをする上でどのような効果があるのでしょうか?

血行促進につながる

ジョギングがハゲの改善にもたらす効果として、第一に血行を促進することが挙げられます。

なぜ血行が促進されるとハゲが改善されるのでしょうか?それは、血液が髪の毛に栄養を運ぶ役割を担っているからです。

血行が悪いと髪の毛に栄養が行き渡らず、脱毛の原因になってしまいます。

運動をしたあとに体が温かくなる経験は誰にでもあると思います。

これは運動によって血行が促進されているからです。

血行を良くする上で、ジョギングのような下半身を使った運動は特に効果的であるとされています。

それは下半身の静脈を心臓に戻すのを助ける役割があるからです。

これにより、心臓のポンプ機能を助け、血行が促進されるのです。

ストレス発散につながる

ジョギングがハゲの改善をする二つ目の効果は、ストレスの発散につながることです。

なぜストレスを感じるとハゲるのでしょうか?人が不安や緊張といったストレスを感じるとき、心拍数が上がって血圧が上昇します。

このとき血管が収縮するのです。

髪の毛に栄養を運ぶには毛細血管が行き届いている必要があるので、これが脱毛につながってしまうのです。

ジョギングにはストレスを軽減させる効果があります。

運動をするとセロトニンやエンドルフィンと呼ばれる神経伝達物質が分泌されます。

セロトニンは心を安定させ、エンドルフィンは幸福感を増大させるので、これらが分泌されることでストレスが軽減させるのです。

自律神経のバランスがよくなる

ジョギングがハゲを改善させる第三の効果は、自律神経のバランスがよくなることです。

自律神経とは、人間が活動するときに働く交感神経と、休息したりリラックスしたりするときに働く副交感神経の二つがあります。

ストレスの蓄積や不規則な生活習慣を続けていると交感神経ばかりが働いてしまい、副交感神経の働きであるリラックスができなくなってしまいます。

すると体は慢性的にストレスのかかった状態に置かれることになり、ハゲの原因になってしまうのです。

自律神経のバランスを改善するためには、適度な運動をすることがよいとされています。

ジョギングはストレスの軽減につながるので、副交感神経を働かせ、自律神経のバランスをよくすることができるのです。

DHTの排出につながる

ジョギングがハゲを改善させる第四の効果は、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる、薄毛の原因となる物質を排出させることです。

ジヒドロテストステロンは、汗や尿と一緒に体外に排出されます。

ジョギングをして汗をかけば、ジヒドロテストステロンを減少させることができるのです。

【本題】ジョギングだけではハゲは良くならないかも…

ジョギングがハゲの改善に効果的であるのはわかりましたが、ジョギングをしているだけではハゲを改善させることはできません。

ハゲの原因には、睡眠や食生活をはじめとする生活の乱れ、洗髪の仕方や頭皮のケアなど様々なものがあるからです。

睡眠不足はストレスの原因になります。

もし睡眠不足を自覚しているなら、なるべく早く寝るようにしましょう。

頭皮から多くの皮脂が分泌されると、皮脂が毛穴に詰まって脱毛の原因になります。

脂っこい食べ物が好きな人は控えましょう。

また、洗髪するときは毛穴に詰まった汚れをきちんと洗い流すことが必要です。

髪の毛だけでなく、頭皮もマッサージするように洗いましょう。

また、洗い流すときは頭皮にシャンプーの洗い残しがないように気を付けてください。

シャンプーの洗い残しがあると頭皮を痛める原因になってしまいます。

ジョギングの効果をアップさせるポイント

ハゲを改善させるためにジョギングを始めようと思っているなら、いくつか気を付けるべき点があります。

ただジョギングをすればいいわけではなく、より効果を上げるための方法があるのです。

外に出る前に、ジョギングの方法について気を付けるべき点を見ていきましょう。

おしゃべりできる余裕があるくらいのスピードで

ジョギングのスピードは速ければ効果があるわけではありません。

おしゃべりできる余裕があるくらいのスピードがよいとされています。

スピードを上げ過ぎると体に負荷がかかってしまい、体を痛めてしまいます。

体に負荷がかからないよう、無理のないペースを心がけ、余裕のあるジョギングをしましょう。

もしスピードを上げたいなら、ジョギングに慣れてきて体力が上がってきてから、徐々に上げていきましょう。

20分以上ゆっくり続ける

ジョギングをする時間は20分くらいの長さがいいとされています。

あまりに時間が短すぎるとジョギングの効果はありません。

かといって長く走り続けるのも辛いので、無理のないスピードで、20分程度の時間を走り続けられるペースをつかんでいきましょう。

とはいえ、ジョギングの習慣がなかった人が最初から20分も走り続けるのは辛いかもしれません。

その場合は、短い時間でいいので、徐々に体を慣らしていきましょう。

毎日ジョギングが習慣化すれば、やがて20分以上走り続けられる体力がついてくるでしょう。

景色やおしゃべりを楽しみながら走る

毎日ジョギングすることを習慣にしようと思っても、なかなか続けていくのは難しいですよね。

ジョギングを続けていくモチベーションを保つためには、工夫が必要です。

例えば、ずっと一点だけを見つめながら走るのではなく、周囲の景色を楽しみながら走るのではどうでしょうか。

綺麗な景色を見ると心が安らぐのでストレスを軽くすることにもつながりますし、ジョギングをするときの楽しみのひとつにもなります。

また、一人ではなく誰かと一緒にジョギングするのも効果的です。

誰かとおしゃべりしながら走れば、毎日のジョギングは辛いだけでなく楽しいものに変わるでしょう。

朝や空腹時に行うと効果的!

ジョギングをするのは朝や空腹時が効果的であるとされています。

夜や夕方に走るよりも、朝の日光を浴びながら走ると爽快感があり、一日を気持ちよく始めることができます。

ジョギングで汗を流した後はシャワーを浴びてさっぱりしましょう。

また、空腹で血糖値が低い状態のときにジョギングをすると、スタミナがつくという効果もあります。

ジョギングのその他にも嬉しい効果がある!

ジョギングをすることでハゲの改善に効果的であることはわかりました。

しかしジョギングの効果はそれだけではありません。

体脂肪の燃焼や心肺機能の上昇、骨密度が高くなるなど、体の健康に大変良い効果があるとされています。

ひとつずつ見ていきましょう。

体脂肪が燃焼してダイエットに

ジョギングをすると体内の脂肪を燃焼させるので、ダイエットに効果的です。

体内の脂肪を燃焼させるには、燃焼の材料として酸素が必要です。

有酸素運動をすると、体内に酸素を送り込むことができます。

ジョギングをして体温が上がると脂肪を分解する酵素が働くので、脂肪を燃焼させることができるのです。

また、太りにくい体質を作るためには基礎代謝を高めることが必要です。

基礎代謝は筋肉を増やすことによって高まるので、継続的にジョギングをすることで筋肉をつけ、太りにくい体質を作ることができます。

血中の脂肪やコレステロールや糖質が減る

ジョギングをすることで血中の中性脂肪や悪玉コレステロール、糖質を減らすことができます。

脂肪には皮下脂肪や内臓脂肪に蓄積される中性脂肪があり、これがエネルギーに変換されずに溜まっていくと肥満の原因になります。

コレステロールの中でも悪玉コレステロールと呼ばれるものは、量が多すぎると動脈硬化の原因になってしまいます。

糖質もまた、血中の量が多すぎると肥満や糖尿病の原因になります。

ジョギングはこれらの肥満や病気の原因となるものを減らしてくれる効果があるのです。

心肺機能が上昇する

ジョギングを続けていると、心肺機能が上昇するという効果があります。

心肺機能とは、体中に酸素を循環させる肺と、体中に血液を循環させる心臓の機能のことです。

継続的にジョギングをしていると、心臓や肺の機能が強化されていきます。

具体的には、心臓が大きくなることで心拍数が減り、毛細血管が増大します。

また、肺活量が増えて酸素を取り込む効率も高くなります。

心肺機能が上昇することで血液や酸素の循環が良好になり、体を健康に保つことができます。

骨密度が高くなる

ジョギングを習慣化すると、やがて骨密度が高くなっていくという効果があります。

骨密度とは骨の強度のことです。

骨密度が低いと骨折をしやすくなり、骨粗しょう症の原因にもなります。

ジョギングをして骨に適度な負荷をかけることで、骨密度を高めることができます。

ジョギングは骨粗しょう症の予防にも良い効果を発揮するのです。

ジョギングするときの注意点

ジョギングはハゲの改善にも健康にも良い効果を及ぼしますが、注意しなければいけないこともあります。

ジョギングを始める前に見ておきましょう。

スピードを上げすぎないこと

ジョギングをしていると、楽しくなってついスピードを上げたくなってしまうことがあります。

しかし、あまりスピードを上げ過ぎると息切れして体力が続かなくなってしまうので、適度なスピードを保つようにしましょう。

無理をしないこと

いくらジョギングが体に良いからといっても、無理をしてまで走るのはやめましょう。

なんとなく気分が乗らないとか、天候が悪いとき、体が痛んだり調子が悪いときは、無理してジョギングせずに休みましょう。

ジョギングを継続させることも重要ですが、たまには体を休めて心身の調子を整えることも必要です。

膝が悪い人はジョギングはしないこと

ジョギングは膝に負荷がかかるので、膝が悪い人はやめておきましょう。

怪我が悪化して治りにくくなってしまいます。

ジョギングをするなら怪我が治ってからにしましょう。

ジョギングで心も体も健康的になろう!

ジョギングは血行を促進したりストレスを軽減させたりする効果があるので、ハゲの改善にも良いことがわかりました。

また、ジョギングにはハゲだけでなく、体のほかの部分にも良い影響を及ぼし、肥満や骨粗しょう症の予防にも効果的です。

それだけでなく、ジョギングをすると心の健康も保ってくれます。

毎朝少しだけ早く起きて朝日を浴びながらジョギングをすれば、爽やかな一日を過ごせることでしょう。

ハゲを改善させるだけでなく心も体も健康でいたいという方は、ぜひジョギングを始めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です