【2019年度版】育毛剤ランキングを見る →

AGA(男性型脱毛症)は病気なの?両者の意見を紹介

AGAは病気?病気じゃない?

男性型脱毛症は病気なのでしょうか?

近年、AGAで薄毛になり、AGA治療専門クリニックや育毛剤を使用して、薄毛の治療を始める人が増えています。

AGAの人はなんと、1,260万人以上。

やはり、薄毛「治療」というからには、AGAによる薄毛は病気なのでしょうか。

でも、調べてみると、AGAによる薄毛は、病気ではないという人もいるようです。

本当のところはどちらなのか、病気なのでしょうか、病気ではないのでしょうか。

病気かどうかによって、自分の心構えが違ってきますし、対策も異なりますよね。

今回は、AGA(男性型脱毛症)は病気なのか、病気ではないのか、本当はどちらなのかを調べてみました。

AGA(男性型脱毛症)ってそもそも何?

そもそも、「AGA」とは、何なのでしょうか。

「AGA」とは、Androgenetic Alopeciaのスペルの頭文字をとった略語です。

日本語では「男性型脱毛症」といわれています。

成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことを指し、思春期以降に、額の髪の毛の生え際や、頭頂部のどちらか一方、もしくはその両方から薄くなり始め、進行性という特徴をもっています。

世界中にAGAを発症している人がみられますが、現在日本全国で、AGA(男性型脱毛症)を発症している人は、1,260万人以上いるといわれています。

人口から換算してみると、20歳から69歳の成人男性のうち、約3人に1人はAGA(男性型脱毛症)による薄毛を発症しているという計算になります。

また、特に何らかの治療やケアを行ったという方は650万人以上いるといわれています。

このように、現在増えているAGA(男性型脱毛症)ですが、なぜAGA(男性型脱毛症)になるのでしょうか。

なぜ薄毛になるのでしょうか。

一般的に、AGAの原因は、大きく3つだと考えられています。

男性ホルモンの一種「DHT」

ジヒドロテストステロンの強力な脱毛作用

AGA(男性型脱毛症)によって薄毛になる主な原因であり、直接の原因だと考えられているのが、男性ホルモンの一種である「DHT」です。

この「DHT」は、ジヒドロテストステロン(dihydrotestosterone)の略称です。

テストステロンという男性ホルモンに、5αリダクターゼという物質が作用して、テストステロンから、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変化します。

DHTは、強力な脱毛作用を持っています。

このDHTの働きが、髪が生え始めてから抜けるまでの「ヘアサイクル」が乱れてしまう原因になります。

髪が太く長く成長しきる前に抜け落ちてしまい、産毛のような未熟な髪の毛が増えると言われているのです。

遺伝子

DHTが遺伝すると男性脱毛症になりやすい

AGA(男性型脱毛症)は遺伝すると言われています。

直接的なAGA(男性型脱毛症)の原因は、男性ホルモンの一種である「DHT」だとおわかりいただけたかと思います。

このDHTが作用する「アンドロゲンレセプター」とDHTが反応しやすくなっていると考えられており、DHTの影響を受けやすいといわれています。

ちなみにこのアンドロゲンレセプターは後頭部や側頭部の毛根には、ほとんど存在していないため、AGAの症状が出ても後頭部や側頭部は薄毛になりにくいのです。

生活習慣の乱れ

髪を成長させるのに必要な正しい生活習慣

不規則な生活習慣で身体のホルモンバランスが乱れることによっても、AGA(男性型脱毛症)が発症しやすい原因になります。

食事の時間がバラバラだったり、睡眠時間が十分に確保できない生活をしていると、AGAのリスクが高まります。

特に睡眠時間に関しては、成長ホルモンを促す時間帯に就寝できないでいると、毛髪が成長するタイミングを逃してしまうんです。

成長ホルモンを促す時間帯は、通称ゴールデンタイムと呼ばれています。午後10時から翌2時までがゴールデンタイムです。

生活習慣が乱れると、もちろん健康にも良くありませんが、毛髪にも影響を与えてしまうことになるんですね。

AGA(男性型脱毛症)が病気かどうか調べた結果…

いったいどっちなんだ!

AGA(男性型脱毛症)の原因については、おわかりいただけたかと思います。

それでは、AGA(男性型脱毛症)は、病気なのか、そうでないのかという疑問について。

じつはこれ、調べれば調べるほど、よくわからなくなるというのが現状なんです…。

その理由は、「AGA(男性型脱毛症)は病気である」という人もいるし、「AGA(男性型脱毛症)は病気ではない」という人もいるから。

病気かどうかを論じているのは素人ばかりでなく、実は医療従事者である、AGA(男性型脱毛症)関連医師などの間でも意見の分かれるところ。

だからこそ、調べれば調べるほど、病気なのかそうでないのかは、わからなくなってしまうのです。

それではここから、AGA(男性型脱毛症)は病気だという方の意見を見てみましょう。

AGA(男性型脱毛症)は「病気」という意見

CMからはじまったAGA病気説

AGA(男性型脱毛症)が病気であるとする説は、あるCMがきっかけになって唱えられはじめました。

CMで「病院で治療ができます」と大々的に宣伝されてから、そういった意見を唱える人が増えた印象があります。

病院で治療できるのであれば、病気だということで間違いないという考えですね。

一般的には、このざっくりとした意見から、病気だと納得してしまう方が多いようです。

また、AGA(男性型脱毛症)治療に携わる専門家の中にも病気説を唱える人がいます。

AGA(男性型脱毛症)の原因が、ストレスなどによる血行障害が原因である場合も多いことがその理由です。

血行障害は病気の症状のひとつなのだから、すなわちAGA(男性型脱毛症)は病気である、との解釈です。

確かに、薄毛は精神的、すなわちメンタルヘルスの領域と深く関連しています。

そのため、薄毛の治療を行いながら、メンタルヘルスの治療を並行して行う人もいます。

そういう観点から考えると、確かにAGA(男性型脱毛症)による薄毛は、病気なのかもしれないという意見は十分に納得できますね。

しかしながら、一般的な意見はさておき、医学界で主流となっているのは「AGA(男性型脱毛症)による薄毛は病気ではない」との意見です。

それでは次に「AGA(男性型脱毛症)は病気ではない」という意見をご紹介しましょう。

AGA(男性型脱毛症)は「病気ではない」という意見

AGA治療は保険適応外だから病気じゃない説

まずは、厚生労働省の見解をチェックしてみましょう。

厚生労働省では、AGA(男性型脱毛症)治療は保険の適応外としています。

病気ならば保険適応になるはず、だから、AGA(男性型脱毛症)は病気ではないとの判断ですね。

次に、AGA(男性型脱毛症)は加齢による自然な生理現象であり、病気ではないと考えている人もいます。

同じ薄毛になる原因として、加齢からくる老人性脱毛症という症状があります。

AGA(男性型脱毛症)も一定年齢に達してから発症するので、老人性脱毛症と同じく老化現象のひとつだとも言えるでしょう。

そのため、病気ではないという判断がされているのです。

3つ目の理由は、AGA(男性型脱毛症)に「遺伝」が関係しているからです。

前述のとおり、AGA(男性型脱毛症)は遺伝で受け継がれます。

つまり、AGA(男性型脱毛症)になりやすい体質が子供に受け継がれるということ。

例えば、外国人の中には金髪の人がいますが、その遺伝子は子供に受け継がれて、子供も金髪になることがあります。

しかしながら、金髪だからといって、それが病気だという人はいません。

特に、命を脅かす要因は薄毛にはないので、病気ではないとされているのです。

4つ目は、AGAが生活習慣と関係しているから病気ではないという意見もあります。

先ほども申し上げたとおり、睡眠不足が続くとAGA(男性型脱毛症)の要因になります。

同じように睡眠不足になって、目の下にクマができても、それを病気だとは言う人はほとんどいないでしょう。

AGA(男性型脱毛症)も、目の下のクマと同じように、病気ではないと捉えられているのです。

AGA(男性型脱毛症)になったらすぐやること

AGA(男性型脱毛症)が、病気なのかどうなのかは、結局結論が出ていません。

ただどちらにしても、AGA(男性型脱毛症)が実際に病気なのか病気でないのかは、どうでも良い問題です。

本当の問題は、すぐに対策をしないといけないということです。

なぜなら、AGA(男性型脱毛症)の特徴は「進行性」。

対策をしなければ、原因は存在し続けますので、どんどんと薄毛は進行していきます。

期間が空けば空くほど、治療に要する手間も時間も費用もかさんでいくことになります。

ですから病気であってもなくても、、早めの対策が必要となるのです。

それでは、実際にはどのような対策をとればよいのでしょうか。ご紹介しましょう。

日常生活を見直す

栄養バランスも重要です

前述のとおり、生活習慣はAGA(男性型脱毛症)による薄毛の要因となります。

ですから、AGA(男性型脱毛症)かもしれないと思った段階で、まずは自分自身の生活習慣を見直しましょう。

バランスの取れた食生活を送っているかどうか。

十分な睡眠をとっているかどうか。

喫煙や過度のアルコールはとっていないかどうか。

過度のストレスを溜め込んでいないかどうかなどをチェックしましょう。

AGA専門クリニックに通う

信頼できるクリニックを見つけよう

最近AGA(男性型脱毛症)治療専門のクリニックが増え、それぞれのクリニックが、さまざまな特徴を打ち出しています。

ですから、自分に合ったAGA専門クリニックを見つけてみましょう。

安心し、信頼して治療を任せることのできる先生に出会えれば、こんなにも心強いことはありません。

あなたに合った最適な治療プランを提案してもらえます。

もし効果が出にくかったり、副作用が起きてしまった時でも、きちんと対応してもらえるでしょう。

育毛剤を使う

ポイントは頭皮に優しい成分を選ぶこと

発毛や育毛の基本がこれ、育毛剤です。

AGA(男性型脱毛症)治療クリニックにおいても、育毛剤を外用剤として処方されることも多いです。

ですから、まずは自分に合う育毛剤を見つけてみてはいかがでしょうか。

ポイントは、副作用がほとんどない、頭皮に優しい成分の商品を選ぶこと。

育毛剤は長期間使用するものです。

副作用が少なく、天然成分を抽出してできたものなど、頭皮に優しい育毛剤を選びましょう。

また、AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンが影響して起こる薄毛です。

ですから、男性ホルモンを抑制することができる育毛剤を選ぶと、高い効果が期待できます。

それでは、具体的にAGA(男性型脱毛症)に効果があると評判が良い育毛剤をいくつかご紹介しましょう。

それぞれのおすすめポイントを詳しくご説明します。

①ポリピュアEX

ポリピュアEXは、医療機関からも高く評価されている育毛剤です。

医大や研究機関などで広く購読されている雑誌「医学と薬学」にも、ポリピュアEXの育毛効果が掲載されていました。

医薬部外品のポリピュアEXですが、医療の現場からも熱い視線が送られているということですね!

ポリピュアEXのおすすめポイントは、比較的安価に購入ができること。

1万円以上する育毛剤も多い中で、税込7,800円と良心的なお値段です。

さらに定期コースでの購入であれば、税込7,800円のところ、税込6,800円にプライスダウンされます。

定期コースとは言っても、いつでもお休みやサイクル変更は可能です。だから実質、誰でも6,800円で購入できることになりますね。

公式サイトはこちら

②ブブカ(BUBKA)育毛剤

ブブカ(BUBKA)育毛剤は、数ある育毛剤の中でも、特に人気が高い育毛剤です。

多くのメンズ雑誌でもとりあげられていますから、ご存じの方も多いでしょうね。

肌に優しい天然の育毛成分M-034を配合して2011年に発売されたブブカですが、その後もさらに開発を続け、リニューアルを繰り返しています。

ブブカのおすすめポイントは、育毛効果がある天然成分を豊富に配合している点です。

海藻成分M-034をはじめ、毛包幹細胞に含まれるコラーゲンを独自配合、さらに、頭皮の常在菌を安定させる乳酸菌まで。

なんと59種類もの育毛成分を配合しているんですよ!

逆に、頭皮に不要な成分はとことん排除し、頭皮を乾燥させるアルコール分は極力カットしています。

髪と頭皮に良いものだけ!を徹底したメーカーのこだわりを感じますね。

公式サイトはこちら

③チャップアップ

チャップアップは20代~60代までのAGA(男性型脱毛症)に悩む男性のための育毛剤です。

おすすめポイントは、完全無添加・無香料であること。

さらに、チャップアップ利用者に安心して育毛剤を使ってもらえるための、厳しい第三者機関の商品検査をクリアしている点です。

育毛剤は長く使うものですから、身体に悪い成分は望ましくありませんよね。

皮膚のパッチテスト、低スティンギングテスト、RIPT(アレルギーテスト)に加え、チャップアップでは放射線物質検査も行っています。

もちろん、気になる発毛効果についても自信があります。

その自信のほどは、効果がなかった際には全額返金する「永久返金保証書」がついてくることからもわかります。

永久ってすごいですね!はじめは良くても、だんだん効果が薄れてくるような育毛剤とは、一味ちがいますね。

公式サイトはこちら

AGA(男性型脱毛症)と病気に関してまとめ!

重要なのは、まず走り出すこと!

今回は、AGA(男性型脱毛症)が病気なのか、それとも病気ではないのか考察しました。

いかがでしたでしょうか?結局、どっちつかずになってしまったような気がしますね。

しかし一番重要なのは「病気か否か」ではありません。

そんなことに気をとられるよりも、早めに自分に合った治療方法でAGA(男性型脱毛症)の対策を講じることの方が、ずっと重要なのです。

薄毛に悩みだしたのであれば、一刻も早く解決に向けて走り出す必要があります。

まずは、どんなAGA対策が自分に合っているか考えて、すぐにはじめてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です