【2019年度版】育毛剤ランキングを見る →

育毛剤を塗ってもムダ!?コラーゲンで本当に育毛できるの?

コラーゲンで育毛可能?徹底解説します

コラーゲンと育毛について解説!

コラーゲンは肌に良いということは多くの人に知られていますが、その一方で育毛効果について期待されている面もあります。

というより、頭皮の環境を良くすることが、髪の毛にとって良いことを考えると、肌、頭皮に影響を与えるコラーゲンというのは、髪の毛にとっても良い要素を持つことは想像に難くありません。

髪の毛をよりしっかりと成長させていく上で、コラーゲンがどのような効果、影響力を持っていくのかについて知っておいて損はないでしょう。

コラーゲンは美容に関して注目をされていますが、その延長線で髪の毛にも良い効果があるとされています。

髪の毛にとって良い効果というのは、あくまでも健康であることが大前提であり、決して治療効果等ではないことに注意が必要です。

正しく、成分のことを知って、正しく活用することができれば、それだけ薄毛の対策はしっかり行なっていけることになります。

コラーゲンの育毛作用とは

肌や育毛に効果が期待できるコラーゲンですが、育毛効果には実際にどのような効果があるのでしょうか?

どのような育毛効果があるのか気になりますよね!

それでは、以下にコラーゲンにどのような育毛効果があるのかを解説していきます。

まずはコラーゲンの効果を知ることから始めてみましょう!

太い髪を育てる効果

髪の毛を太くする!?

コラーゲンが間接的に髪の毛を太いものにしていくということはわかってきていますが、コラーゲンが直接髪の毛を太くしていくかどうかについてはよくわかっていない部分があります。

間接的に・・・というのは、コラーゲンが頭皮の状態を良くすることで、髪の毛が成長しやすくなることから影響していると言えるでしょう。

毛髪科学研究会において、女性に対して、一定の期間コラーゲンペプチド(吸収効率を高めたコラーゲン)を摂取してもらったところ、髪の毛が太くなったという研究結果もあります。

これからの研究に期待!!

間接的に影響していることからも、研究結果としてデータが出てきていることからも、直接的に髪の毛を太くする何かしらの作用がある可能性は高いです。

ただ、現状としてコラーゲンが髪の毛を直接的に太くする作用に過剰な期待を寄せていくことはしないほうが良いでしょう。

今後の研究に対して、期待をしていくべきところです。

抜けにくい強い髪を作る効果

髪が抜けにくくなるの!?

コラーゲンは、肌に大きく影響をしていく栄養素です。

美容関係で取り上げられるコラーゲンは、まさに肌の土台と言えるものであり、コラーゲンがしっかりと存在することは、機能的な肌を維持する、肌の室を維持することにつながります。

髪の毛の土台となる肌がしっかりとしていれば、当然髪の毛は成長しやすくなり、同時に、抜けにくい髪の毛へと変化していきます。

コラーゲンを摂取していても、頭皮環境が悪化していれば意味はありませんが、コラーゲンは頭皮環境を改善していくための1つの要素になります。

頭皮環境を整える、土台をしっかりさせるという意味でコラーゲンは十分髪の毛に良い影響をもたらしてくれます。

ツヤのある若々しい髪を作る効果

頭皮環境をしっかりと改善していくと、それは髪の毛のきれいさにもつながっていきます。

若々しい髪の毛は、頭皮から作られてくると言っても過言ではありません。

頭皮環境を良くすることはそれだけ髪の毛にとっても良い影響がふんだんにあることになります。

コラーゲンは、肌を支える成分です。

コラーゲンで肌が健康に!

同時に肌の状態を丈夫にし、良いものにしていくため、頭皮における血流も良くなり、代謝も良くなります。

髪の毛をキレイにしていこうとする場合、髪の毛自体に栄養を与えようと考える人もいます。

ただ、髪の毛は抜け落ちるものです。髪の毛自体に栄養を与えても、栄養を与えた髪の毛が抜け落ちてしまえば当然、意味がなくなってしまいます。

頭皮の環境を良くしておくことは、常に髪の毛に栄養を与えていけることになるので、髪の毛自体に栄養を与えるよりも効果的です。

頭皮の保湿&頭皮を柔らかくする効果

頭皮が柔らかくなるの!?

コラーゲンによって肌の土台がしっかりしていくと肌から水分が抜けにくくなり、肌が自分で水分を保持しやすくなります。

いわゆる保湿効果が大きくなるのです。

これは美容などでコラーゲンの効能として大きく注目されている部分であり、当然頭皮にもこれらの効能は見られます。

水分が十分に保持されている皮膚というのは弾力があり、やわらかいものとなります。

弾力、やわらかさというのは髪の毛を育てていく上で大切で、血行に大きく影響していくだけでなく、皮膚のバリア機能にも大きく影響していきます。

東京医科歯科大学の研究により解明されたコラーゲンの事実

研究結果とは?!

東京医科歯科大学の研究により、コラーゲンの事実が解明されたのです!

これは説得力のある研究結果が期待できますよね!

それでは、コラーゲンの何が解明されたのか以下に解説していきましょう。

コラーゲンが薄毛とどうリンクしているのか、早く知りたいですね。

育毛剤を既に使っているかたも、これから育毛剤を使う方も必見ですよ!

コラーゲンが減ることが加齢による薄毛の原因だった

コラーゲンの髪の毛への直接的な影響力への研究は積極的にされており、東京医科歯科大学における研究で特定のコラーゲンが、薄毛に影響している可能性があることがわかりました。

その特定のコラーゲンというのは17型コラーゲンと呼ばれるものです。

毛包幹細胞という細胞に存在している成分であり、毛包幹細胞というのは髪の毛の色素に関する機能を持っていると考えられています。同時に、髪の毛の成長にも関与している細胞です。

この17型コラーゲンが不足していくと、髪の毛を成長させる機能が正常に働かなくなり、それによって髪の毛が抜ける、あるいは色が抜けて、白髪になるということが研究でわかったことになります。

ではこの17型コラーゲンはどうすれば摂取して、効率よく利用できるのか・・・ということですが、それは今現在よくわかっていない状況となり、今後の研究に大きな期待がかかっていることになります。

コラーゲンがないと髪を作ることができなくなる

17型コラーゲンが、髪の毛の成長に関与しているということから、コラーゲンが髪の毛に対して、大きな影響力を持っている可能性はより高くなっています。

しかし、だからといって、コラーゲンを摂取すればそれで良しということではありません。

コラーゲンに関しては単純に摂取をしてもあまり意味がないとされている部分もあり、「ただ摂取すれば良い」と考えることは良くありません。

あくまでも現段階では17型コラーゲンが影響しているということがわかっただけであり、その17型コラーゲンをどのようにして摂取していけば良いのか、人工的に作ることができるのかどうかなどは、研究されている段階となります。

現段階ではコラーゲンに関して対策をしたいと考えた場合には、間接的な効果を期待し、頭皮環境を整えるという意味で活用していくことをオススメします。

【噂検証】コラーゲンは食べても塗っても意味ない!?

コラーゲンは効果なし?!

コラーゲンは食べても塗っても効果がないと検証された?!

タイトルを見て驚いた人は多いことでしょう。

コラーゲンは育毛剤に限らず、サプリや化粧品にも配合されていますよね。

美肌や健康に効果が期待されると誰もが思っていることでしょう。

しかし、実は食べても塗っても意味がないことが分かったのです!

その理由を以下に解説していきましょう。

コラーゲンはアミノ酸とペプチドとして吸収される

コラーゲンを栄養として摂取しようとしても、多くの場合、アミノ酸とペプチドに分解されて吸収されます。

つまりコラーゲンをそのまま吸収することはできないのです。

吸収されたアミノ酸は「アミノ酸」として利用され、ペプチドは「ペプチド」としてそれぞれ必要な時、必要な場所で利用されます。

再度結合してコラーゲンになるということは実はそこまで多くありません。

それゆえに食べて摂取というのはあまり効率が良くないとされています。

効率よく摂取をしていく方法として、コラーゲンペプチドという人工的なペプチドを活用する方法があります。

ただ、このペプチドも分解されてしまう傾向があり、コラーゲンを効率よく摂取するというところまでは行き着かないことが多いようです。

しかしコラーゲンをそのまま摂取するよりも、断然効率が良いとされているので、コラーゲンを栄養として効果を得ていきたい場合には、コラーゲンペプチドを利用していくことが現時点では大切です。

頭皮に塗っても効果がないは半分ウソ!

コラーゲンというのは本来外部から摂取することよりも、体内で作ることに力を入れたほうが効率は良いことになります。

ただそれでも、局所的にコラーゲンが足りていないような場所に対して、塗ったりすることは一定の効果があるとされています。

しかし、体内での合成量が足りておらず、髪の毛や肌に栄養が出てきている場合、塗ることによるコラーゲンの作用というのは本当に一時的なものになりがちであり、効率はあまり良くありません。

このような場合には、上記で紹介したコラーゲンペプチドを摂取し、そしてコラーゲンへの合成を促進する、ビタミンCを必ず摂取していくことが大切です。(コラーゲンペプチドだけでは、あまり効率は良くなりません)

コラーゲンで育毛したい時にできる2つのこと

コラーゲンで望ましい薄毛対策を解説します!

大学の研究によるコラーゲンの事実が理解できましたでしょうか?!

それでは、どうすればコラーゲンで薄毛対策をすることができるのでしょうか?

効率があまりよくないコラーゲンですが、どのような育毛剤を選ぶといいのか気になりますよね。

そしてどのようなことに注意すればより薄毛対策に効果が期待できるのか、皆さんの疑問に答えていきましょう!

頭皮環境を整えるためにコラーゲン入りの育毛剤を使う

コラーゲン入りの育毛剤を選ぶというのは1つの選択肢です。

コラーゲン入りであれば頭皮環境を良くしていける効果は通常の育毛剤よりも期待していける可能性はあります。

ただ、コラーゲンが入っているからといって、劇的に効果が変わるということではありません。

コラーゲンが入っているから、育毛剤としての効果が良くなり、使ったその日から頭皮環境が良くなることはありません。

基本的に育毛剤は育毛剤と考え、他の対策、工夫をしっかりしていなければ大きな変化を期待することはできないということはしっかり知っておく必要があります。

過度な期待は、どんな薄毛対策も無駄なものにしてしまうので注意が必要です。

コラーゲンが減らないように活性酸素対策をする

加齢による薄毛の場合、活性酸素が大きく影響していることがあります。

活性酸素は老化に影響を与える存在であり、当然老化による薄毛等にも関係していきます。

コラーゲンを体内で増やしていく方法として重要な栄養成分がビタミンCなのですが、このビタミンCは活性酸素を排除していく際に利用されてしまうものであり、活性酸素が多ければ、多いほど、ビタミンCは減り、コラーゲンの体内生成が難しくなっていきます。

それゆえに活性酸素の増加というのは、コラーゲンの現象と深く結びついていることになるのです。

この点はしっかり知っておいたほうが良いでしょう。

いかにコラーゲンや、ビタミンCを摂取しようとしても活性酸素が多くある状態であると、対策として不十分になってしまうことがあるということです。

※活性酸素自体が悪いものということではありません。

適度な活性酸素は体を最近から守ったりする機能性を持っています。

増えすぎる状況が良くないということです。

ビタミン類は活性酸素を除去する機能性を持っているため、コラーゲン生成という意味以外にもやはり積極的に摂取していくことをオススメします。

トマトやにんじん等がオススメです。

コラーゲン入りの育毛剤はこれ!

コラーゲンが配合されている育毛剤として、知名度があるのがブブカ(BUBKA)となります。

育毛剤として利用をしている人が多く、安全性も高いため、利用しやすい育毛剤として人気があります。

利用をしている人が1万人以上いるとされており、実績としては十分であると言えるでしょう。

とはいえ当然育毛剤には相性があり、効果の有無は利用をしてみないとわからない部分があります。

それゆえに、すべての人に100%効果があるということではありません。

効果が見られない人も当然いるので注意が必要です。

ただ、数少ないコラーゲン配合の育毛剤。一度試してみる価値はありそうですね!

コラーゲン入りの育毛剤を使ったほうがいい人

自分はどっちだろう?

それでは、コラーゲン入りの育毛剤が自分には合うのかどうか気になってきますよね。

より効果を得るためにも、コラーゲン入りの育毛剤が自分に合うのかどうか知る必要があります。

それでは、コラーゲン入りの育毛剤がおすすめな人とおすすめできない人の特徴を紹介していきましょう。

ご自身の頭皮の状態や体質などとあわせて参考にしてみてくださいね。

おすすめな人はこんな人

薄毛があまり進行していないが、どうも髪の毛が心配だ・・・

薄毛対策を早めにしておきたい、それほど強い作用のものは必要ない・・・

という人がコラーゲンが入っている育毛剤を利用していくと良いです。

長期的に見て頭皮環境を良くしていける要素があるのであれば、(食事改善や、運動習慣等によって)コラーゲン入りの育毛剤でそれをサポートしていくのは当然効果的です。

コラーゲンを利用して、肌に異常が出ないかどうかもしっかりとチェックしていくべきでしょう。

おすすめできない人はこんな人

加齢によって体内のコラーゲンが圧倒的に足りていない人は、育毛剤によるコラーゲンの効果は期待できないので、利用をすることはオススメできません。

添付をしていくと言っても、一時的なものであり、ある程度コラーゲンがしっかりと体内で生成されている人でないと恩恵を受けていくことは難しいでしょう。

老化による薄毛は、体内のコラーゲン不足が影響していることが多く、これらを改善していくためにはしっかりと体内でコラーゲンが生成される状況を作っていくことが望ましいです。

またコラーゲン入りの育毛剤を利用しないほうが良い人というのは、コラーゲンに対してアレルギー反応を示したことがある人です。

アレルギー反応を示したことがある人は、育毛剤であっても、配合されているコラーゲンに対して過度な反応をしてしまうことがあります。

アレルギー反応は、重度のものになると、とても深刻な症状に発展していくことがあります。アレルギー症状が出た人は利用しないほうが良いです。

また、摂取をするわけではないので、影響力は小さくなりますが、たんぱく質の量に関して制限を受けている人、腎臓に関して何か病気を持っている人も、利用をする前に、担当医等に相談していくことをオススメします。

コラーゲンはたんぱく質でもあるため、これらの制限を受けている場合、影響がないか確認しておいたほうがより安全です。

AGAなど、明らかに薄毛の原因がある場合、薄毛治療をしないで、コラーゲン入りの育毛剤を利用しても当然あまり意味がありません。

AGAの場合には、体内の酵素が大きく影響しており、コラーゲンはそこに影響を与えていくことはありません。

それゆえに、育毛剤を利用しても、薄毛の進行を食い止めていくことはできない状況となります。

育毛剤は、薄毛治療をしっかりしていて、なおかつ体にしっかりとあっている場合に利用をしていくべきです。

この点についてはコラーゲンが入っている、入っていないに関係なく大切になる点です。

コラーゲンで育毛する前に読むべき内容

事前にチェックしましょう!

コラーゲンで育毛対策をする前に確認して欲しいことがあります!

より効率的に効果が得れるようにぜひ以下の点をチェックしてくださいね。

コラーゲンで育毛対策をするために、事前に正確な情報を得ておくことは非常に重要です。

しっかり情報を得たうえで対策をし、より薄毛の効果を実感できるように対処していきましょう。

【チェック事項①】コラーゲンだけで薄毛は解决しない!

コラーゲンは髪の毛に影響していく栄養成分ですが、コラーゲンを摂取したからといって、薄毛のすべてが解決するわけでは決してありません。

この点についてはしっかりと注意をしてください、

この点について勘違いをしてしまい、コラーゲンばかり食べていると当然体に良くなく、内臓に負担をかけてしまいます。

薄毛の場合、明らかにAGA等の原因がある場合は、AGA専門の治療をしていったほうが効果は高いです。

原因にそった治療をしていった上で、コラーゲン等をサブ的に改善要素としてとり入れていくことが大切です。

コラーゲンに対しての過度な期待は禁物です。

【チェック事項②】まだ研究途中

コラーゲンは髪の毛に深く影響していることがわかってきています。

しかしまだ研究途中であり、コラーゲンをどのようにして利用すれば、効率が良いのかハッキリしていない部分もあります。

美容関係でよく見られますが、コラーゲンを利用すれば、それでキレイな肌が手に入るというような情報等については過度に信頼をすべきではありません。

コラーゲンもあくまでも成分であり、食品に含まれていることを考えると劇的な効果というのは当然持っていません。

あくまでも、予防、健康な状態での改善効果を期待していける程度であり、病気や症状を治療していけるものではないことは最低限知っておかなければいけません。

【チェック事項③】育毛剤と一緒に必ず生活習慣も改善!

最大限の予防策としては、しっかりと栄養バランスの良い食事を取ること、そして体をある程度鍛えておくことです。

これは薄毛対策としてももちろん重要ですが、老化対策としても意味を持ってきます。

薄毛に対しての治療や、対策、グッズ、商品等さまざまなものがありますが、最終的に重要になってくるのは食事、運動などの、非常に基本的なことであることは間違いないでしょう。

育毛剤に関して、利用をしていても効果がないという場合には、育毛剤を変えることも当然大切ですが、基本的なことを見直していくことも大切になります。

薄毛に対して総合的にプラス要素を大きくして対策することが重要です。

コラーゲンはプラス要素の中の1つとなります。

【番外編】コラーゲンは配合されてないけど有名な育毛剤

どのような育毛剤があるのだろう?

コラーゲンが配合されていないけど、人気の育毛剤があるのです!

コラーゲンが含まれていないのにも関わらず、どうして人気なのでしょうか?!

以下に人気の育毛剤を3つ紹介していきますので、どこに人気の理由があるのかチェックしてみてくださいね!

以下3つは人気度も認知度も高く、薄毛対策の改善にも効果が期待できる育毛剤ですよ。

チャップアップ

チャップアップは無添加で無香料の育毛剤であるため、体や頭皮にダメージを与えません。

海藻の中でもミネラル分が豊富なミツイシコンブエキスM-034を含んでいることがチャップアップの特徴の一つと言えます。

M-034には、育毛を促進し脱毛を予防する効果が期待できるのです。

また、育毛に有効とされる成分を独自で配合しており男性にも女性にも使用できる育毛剤となっています。

さらに、天然成分を由来としているため10代でも使用することができるのです。

購入後はお客様サポートセンターが親身に相談にのってくれるため、不安や疑問があるときは気軽に電話することができますよ。

使用方法や生活の改善方法など、何でも相談できるのは心強いですよね。

公式サイトはこちら

フィンジア

限界の濃度に成功したフィンジアは、髪の奥まで有効成分が届くとされる育毛剤です。

これはカプサイシンを配合することで頭皮を柔軟に保ち、和らげる効果があるためなのです。

2大先進のスカルプ成分「キャピキシル5%」と「ピディオキシジル2%」を配合していることもフィンジアの特徴と言えます。

キャピキシルには女性ホルモンに似た働きをしており、乱れた頭皮環境を整える効果が期待できます。

ピディオキシジルは頭皮環境を整えるのに必要な成分を頭皮までしっかり届ける役割があるのです。

ほかにも研究と実績を重ねた10種類の毛髪成分を配合しており、頭皮や毛髪を清浄してすこやかに保ちます。

また、フケやかゆみを抑えて毛髪にハリやコシを与える効果も期待できるのです。

公式サイトはこちら

イクオス

お客様満足度がなんと97.5%もあるイクオスは、育毛剤を超えた育毛剤と言われているのです。

イクオスは薄毛や抜け毛に有効とされる天然由来成分を38種類、そしてアミノ酸を16種類含んでいます。

ビタミン類も合計で7種類含んでいるほか、独自で調合した「Algas-2(アルガス-2)」を配合しているのです。

このアルガス-2は、2つの海藻エキスを凝縮して配合しており、敏感肌の人にでも安心して使うことができます。

また、含まれている海藻エキス「スサビノリエキス」には力強い毛髪を育む効果が期待されているのです。

海藻3種類を含むことでトリプル効果が実現し、薄毛や抜け毛にしっかりアプローチしていきます。

公式サイトはこちら

コラーゲンと育毛に関してまとめ

コラーゲン入りの育毛剤も要チェック!

いかがでしたか?

コラーゲンの役割や育毛への効果が理解できましたでしょうか?

コラーゲン自体は肌に大きな影響を与える栄養素ですが、コラーゲンを摂取することで薄毛が改善するわけではありません。

コラーゲンにつきましては、まだ研究途中なので今後の発表に期待がかかりますね!

育毛剤を使用するときは、ご自身の生活習慣も見直しながらより効果を実感できやすい環境を作ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です