【2019年度版】育毛剤ランキングを見る →

チャップアップはいつまで使い続ければいいの?

チャップアップはいつまで続けるべき?

チャップアップの使用を開始すると、個人差はありますが、大体の場合は3~6ヶ月程度でその効果が表れ始めます。

抜け毛が減り、産毛のような新しい毛髪が生え始め、少しずつ薄毛が解消されていきます。

また一本一本に、コシやツヤが出てきて、太くしっかりとした毛髪となっていくのです。

それまでは、とにかく「なんとかしたい」という気持ち一つで、藁にもすがる思いで使い続けてきたチャップアップに対して、「もしかしたらもう改善されたので、使わなくても良いのかも……」などと思いたくなる気持ちもあるでしょう。

相応にお金もかかるものだから、「やめてしまえばその分出費も抑えられるし……」と考えてしまうのも仕方のないことかもしれません。

しかし、まだこの状態は育毛の改善途中です。

チャップアップの有効成分によって改善に向かっている途中なのです。

このタイミングでやめてしまうと、その育毛効果が止まってしまう可能性が高いと言えるのです。

そればかりか、「リバウンド」と言って、元の状態まで戻ってしまうことだってあり得るのです。

ですから、効果が出てから最低でも1~2年、できることならばその後もずっと継続して使い続けるのが理想と言えるでしょう。

チャップアップのリバウンドとは?

リバウンドとは、一言で言ってしまうと、チャップアップの使用を止めてしまった後、再び抜け毛が増えて薄毛に戻ってしまうことを指します。

チャップアップの育毛有効成分の働きによって、頭皮環境が整い始め、また育毛に必要な頭皮内の細胞が正常に機能し始めた状態のところで、いきなりその有効成分が断ち切られてしまうのです。

それでは、徐々に頭皮内の活性化し始めていた細胞はまた休眠状態に向けて活動を弱めていき、また血行も滞るようになってしまうので栄養が行き渡らなくなってしまいます。

そもそもチャップアップは、使う人の体質自体を改善するものではなく、あくまでも抜け毛や薄毛となる原因を抑制する防波堤の役割を持つ商品なのです。

抑制していたものが突然供給されなくなれば、当然ながらそこから状態が好転することはないと考えるべきものなのです。

チャップアップをやめたことによってリバウンドする理由は、いくつか考えられます。

今回は、その主なものを以下に記していきましょう。

(1)育毛に必要な栄養素が途切れる

チャップアップは、センブリエキスなどの成分によって、頭皮に栄養を行き渡らせ、同時に保湿作用を与えることにより、頭髪の成長促進を助けています。
また、ダイズエキス・ドクダミエキス・オドリコソウエキスなどの成分により、皮脂過剰分泌や抜け毛、フケ、毛穴詰まりを抑制します。
それらの栄養素の補給が突然途絶えてしまうと、当然ながら頭皮内の細胞は栄養不足となってしまいます。
そうして、それまでせっかくつくり上げてきた、良好な頭皮環境が突然に乱れていってしまうことでバランスが崩れ、リバウンドが発生しやすくなってしまうのです。

(2)皮膚改善の進行が止まる

チャップアップは、ジフェンヒドラミンHCなどの成分によって、炎症や痒みを抑えると共に、血行を促します。
また血流改善を目的とした成分も、20種類配合されているので、毛髪一本一本に栄養を行き渡らせることが可能です。
更に、ウメ果実エキスやチンピエキス、マロニエエキスなどによって頭皮の硬化を抑え、育毛剤の浸透を補います。
そういった有効成分が途切れることで、血流が滞って皮膚改善の進行が止まり、結果リバウンドが起こりやすい状態へとなってしまうのです。

(3)男性ホルモンが乱れる

先程も少し記しました通り、男性ホルモンが「5αリダクターゼ」という還元酵素の働きによって「ジヒドロテストステロン(DHT)」という強力な男性ホルモンへと変換されてしまうと、毛母細胞の増殖が抑制され、毛髪の成長期間が短くなってしまいます。

その影響で薄毛となってしまうのですが、チャップアップには、この還元酵素の働きを抑制するオウゴンエキス、チョウジエキス、ヒオウギ抽出液などの有効成分が含有されています。

これらの有効成分が供給されなくなると、当然また5αリダクターゼの働きが活性化してしまいます。

するとまた、毛母細胞の増殖が抑制されて、毛髪の成長期間が短くなってしまい、その結果、抜け毛が増えて薄毛になっていってしまうのです。

リバウンドに陥りやすいのはどんな人?

インターネット上などでチャップアップの口コミを読んでいると、「効果があった」という内容のものが多い反面、「効果がなくてやめた」という内容のものも少なからず見られます。
更に、「やめたらリバウンドした」と怒り心頭の人も中にはいるようです。
また「やめたけどリバウンドはなかった」という人もいる中、一体どのような人がリバウンドに陥りやすいのでしょうか?
ここでは、リバウンドに陥りやすい人の特徴を記していきましょう。

(1)生活習慣が乱れている人

実は意外と多いケースだと思いますが、そもそもの日常生活に問題のある人です。

常に睡眠不足であったり、仕事終わりに毎晩のように呑み歩いて暴飲暴食を繰り返していたり、運動不足だったり、あまり入浴などをせずに身体を清潔に保てていない人などです。

このように不規則で乱れた生活習慣の人の場合、いくらチャップアップの有効成分を塗布したところで、せいぜい現状維持が関の山、大きな効果を期待することは難しいと言えるでしょう。

その上、効果を実感できないからとやめてしまったら、現状維持していた状況さえ保てなくなり、当然リバウンドが起こりやすくなるのです。

(2)チャップアップの使用期間が短い

そしてチャップアップの試用期間が短い人。

例えば「1~2ヶ月使ってみたけど、何も変わらないからもうやめた」など。

チャップアップの育毛有効成分が効き始めたとしても、育毛の準備から実際に新しい毛髪が生えてくるまで、個人差はありますが、最低でも3ヶ月、本来6ヶ月はかかるものです。

それを待ちきれずにやめてしまっては、せっかく正常に機能し始めた毛髪のヘアサイクルを止めてしまうことになります。

すると、すぐに抜け毛が増えたり更に薄毛になってしまう可能性が高くなると言えるでしょう。

リバウンドを起こさないために

チャップアップに限らず、実際に育毛効果がある育毛剤に関しては、常にリバウンドとは隣り合わせだと考えて良いでしょう。

リバウンドが起こるということは、つまりは効果が出始めていたということなのです。

ではリバウンドを起こさないためには、どうしたら良いのでしょうか?

少し難しいことを言うようですが、チャップアップの育毛有効成分の効果を最大限に発揮できる環境をつくり、「効果が出ないからやめる」という選択肢を取り除くことが一番の解決法でしょう。

ただチャップアップを使っているだけでは、そう簡単に抜け毛や薄毛の悩みの解決には繋がりません。

先程記しましたような日常生活の改善や、最も効果的な塗布するタイミングの見極めなど、使用する人自身の生活や考え方も変えていくことが大切です。

その上で、最低でも1年は使い続けてみることが、リバウンド回避への有効な手段となるでしょう。

いつまで使うべきか理解しよう!

漢方薬のように体質改善を目的としたものとは違い、その時々で不足している栄養などを補うのがチャップアップの役割です。

つまりやめてしまったら、その時点でそれまでチャップアップの有効成分によって補われていた細胞の機能が停止、または弱化してしまいます。

チャップアップは、考え方としては健康サプリメントなどと一緒なのです。

つまり、「改善が見られたからもう大丈夫」といった考え方ではなく、基本的にはずっと使い続けていくことが望ましいのです。

先程、「最低でも1年」と記しましたが、あくまでもそれは、金銭的な都合も含めて「どうしてもやめなければならない事情がある」場合です。

基本的にチャップアップは、長期間継続して使い続けるのがオススメとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です