【2019年度版】育毛剤ランキングを見る →

育毛剤を2種類使うのはあり?なし?複数併用のリスクとは?

育毛剤を2種類併用して使うのはあり?なし?

育毛剤を2種類併用して使うのはあり?なし?

育毛剤って本当にたくさんの種類がありますよね。

どれが自分に合うのか、何を使うべきなのか、選ぶことがなかなか難しいと思います。

商品によって使われている成分もさまざまですから、2つの商品を使えば効果は2倍になるのでしょうか?

残念ながら、たくさん使えば単純に効果が増えるものではないようです。

基本的には1つ1つ単体で使用することが前提となっているようです。

ここでは、2種類以上の商品を使用するべきではない理由を考えていきましょう。

育毛剤は基本的に2種類以上併用しちゃダメ?

併用してはいけません

2種類以上の育毛剤を併用することで、単純に成分が効きやすくなったり、効果が増えるのではないか?と期待してしまいますよね。

なぜ、2種類以上の育毛剤を併用してはいけないのでしょうか?

たくさんの成分を取り入れるのに、効果がアップしないのはなぜでしょうか?

その理由やリスクなどを説明していきたいと思います。

効果がアップするということはほとんどない

育毛剤には、髪の毛に効果的とされるさまざまな成分が配合されています。

それらはその商品において、一番効果的に作用するよう調整され、その量や種類が決められ独自配合されています。

そのため別のものと併用することで、過剰に成分を使用することになります。

すると、適切な成分バランスが崩れ、想定していた効果が発揮されなくなってしまうことが考えられます。

2倍の量を使用したからといって効果も2倍にアップする訳ではないことを、理解しておきましょう。

長期的に使わないと効果は発揮されないので1種類で十分

育毛剤は長期間の使用が大事!

育毛剤の効果は含有成分により異なります。

薄毛の原因となる物質を抑制したり、血行促進を促すなどの頭皮環境の改善、また髪を生成するために必要な栄養素の補給などが主な作用になるでしょう。

これらはヘアサイクルとも関係しているため、どうしても改善までに数ヶ月~数年かかることが多いのです。

そのため育毛剤は、長期間にわたり継続して使用することを前提に開発されています。

長期間、2種類以上の育毛剤を併用することは費用がかかるばかりでなく、頭皮にも負担を与えかねません。

自分に合った商品を見つけ、長期的に継続していくことが一番の近道です。

そもそも併用することを考えて作られていない

基本的に、ひとつの育毛剤で十分な効果を発揮できるよう作られています

何かと併用することや、他の成分との相乗効果を考えて開発されたものではありません。

複数の商品を同時に使用することは想定されておらず、効率的な使い方とは言えないでしょう。

そのため2種類以上の育毛剤を併用する必要はなく、1種類を継続して使い続けていくことが大切です。

2種類以上の併用は安全性が保証されていない

それぞれの成分がどのような作用をし、それらを効果的に発揮できるよう調整・配合されています。

自己判断で併用することで、その育毛剤で本来得られる安全性が確保できなくなります。

成分によっては同時に摂取することで、効果が半減してしまったり、思わぬ弊害がでることも予測できます。

研究された成分配合をそのまま使用することが安全であり、効果的と言えます。

髪の毛は大切な部分ですから、安全性が確認された方法で薄毛対策をしていきたいですよね。

副作用が強く出るリスクがある

2種類以上の育毛剤を併用することで、頭髪に過度な有効成分を与えてしまうことになります。

これにより決められた用法用量に意味がなくなってしまい、頭皮へかかる負担が大きくなってしまうのです。

適量であれば効果的な成分も、過剰な使用により炎症やかぶれを引き起こすことがあるでしょう。

なぜ1日の用量が決められているのかといえば、その成分には適切な使用量があることに他なりません。

安易に増量することで、副作用がより強く出てしまうリスクが伴うでしょう。

育毛剤は内服するものと比べると副作用のリスクが低いと言われていますが、油断は禁物です。

人によりかぶれや痛み、心臓へ負担がかかる成分などもあるので、決められた量を超えて使用することは控えましょう。

効果が薄くなるデメリットがある

必要以上に使用することで、毛穴が詰まってしまったり、炎症などの頭皮ダメージを招いてしまう場合があります。

このような状態の頭皮に対して、育毛成分が効果的に作用することはありません。

頭皮環境を改善するための成分が、頭皮環境の悪化を引き起こすことになってしまいます。

安易な考えのもと、無暗に2種類以上の育毛剤を併用することは、せっかくの効果を半減させてしまうといえます。

併用しても大丈夫な育毛剤もある?

医師の診断があれば併用してもOK

ここまで、育毛剤は併用せず使用しましょうと説明してきました。

しかし全ての育毛剤ではありませんが、実は併用することができる育毛剤もあるんですよ。

以下のような場合は併用しての使用がおすすめできますので、ご紹介していきたいと思います。

医師から2種類以上使うようにと処方された育毛剤はOK!

専門クリニックなどを受診し、医師から2種類以上の育毛剤の併用を指示された場合は、問題なく使用できますので従いましょう。

クリニックではその人の薄毛の症状に合わせた、最適な治療方法を提案しています。

併用に問題がない場合や、併用することで相乗効果が認められるものを使用していくと考えられます。

医師の診断のもと、安心して治療を続けていきましょう。

違うタイプの育毛剤同士なら2種類使える

AGA治療の一番効果的な治療方法として有名なのは、フィナステリドの服用とミノキシジル育毛剤の併用です。

フィナステリドはⅡ型5α-リダクターゼを阻害しDHTへと変換されることを抑制し、ミノキシジルは血管拡張により血行促進を行います。

これらは有効成分が異なり、脱毛の抑制、発毛促進など効能や効果に違いがあります。

それぞれの薬が悪影響を与えない場合、このように服用タイプと育毛剤タイプを併用することは可能です。

併用することで薄毛改善の効果を高めることができるとされているので、こちらも医師への相談のもと使用しましょう。

育毛効果のあるシャンプーと併用するのもOK!

育毛シャンプーを併用することは、薄毛改善の効果を高めると言えるでしょう。

育毛シャンプーは、髪に必要な栄養や潤いを与え、頭皮へのダメージを最小限に抑えて洗うことができます。

育毛剤の有効成分をしっかりと浸透させるためには、頭皮の汚れを負担をかけずに洗うことが必要不可欠です。

育毛シャンプーを併用することで、そのあとに使用する育毛剤の効果や浸透を高めることができます。

育毛シャンプーとの併用は、育毛の効果を高めるために有効であるといえるでしょう。

育毛剤の多くはシャンプーを商品ラインナップとして揃えていることが多くあります。

お互いの働きを高めるためには、同一のメーカーやシリーズで使用するのがベストではないでしょうか。

以下に、オススメの育毛シャンプーをご紹介します!

チャップアップシャンプー

チャップアップシャンプーは、育毛ケアにオススメのシャンプーです。

以下が、チャップアップシャンプーをオススメするポイントになります。

  • 全額返金保証
  • ノンシリコン、弱酸性、オーガニック、アミノ酸
  • 公式サイトが優良ネットショップに認定

これだけの特徴があります!

いくつかの制限はありますが、全額返金保証があると、初めての人がチャレンジしやすいのではないでしょうか。

さらに、ノンシリコン・弱酸性・オーガニック・アミノ酸洗浄成分など、弱った頭皮を優しく洗えるように作られています。

優しいケアによって頭皮が改善されると、次に使う育毛ローションを安心して使うことができますよね!

そして、チャップアップの公式サイトは、優良ネットショップに認定されています。

購入される場合は、公式サイトがオススメです!

公式サイトはこちら

haruシャンプー

haruシャンプーには、どのような特徴があるのでしょうか?

下記を参考にしてみてください!

  • 100%天然由来成分
  • リンス、コンディショナー不要
  • 10種類の無添加

haruシャンプーは、特に女性の頭皮ケアにオススメです。

もちろん男性も使えます!

100%天然由来成分を使用しているため、髪にはもちろん、頭皮にも低刺激に作られています。

また、大きな特徴として、リンスやコンディショナーがいりません。

育毛シャンプーでありながら、洗い上がりの良さを実現しました。

10種類の無添加処方であることから、頭皮ケアにこだわりのある人も、満足できる育毛シャンプーだと言えます。

年齢を重ねてパサついた髪や、頭皮のうるおいが気になる人に、オススメのシャンプーです!

公式サイトはこちら

育毛効果のあるオイルと併用するのもOK!

天然成分由来のオイルが、育毛に効果的であることはご存じでしょうか?

ココナッツオイルやナツメグオイル、ホホバオイルなど、育毛や頭皮環境の改善によいとされるオイルはたくさんあります。

保湿殺菌抗酸化作用などの効果があると言われています。

それら自然由来のオイルであれば、育毛剤との併用は可能です。

オイルを使用し頭皮マッサージを行うことで、血行促進など育毛にとってより良い頭皮環境へと導くことができるでしょう。

しかし過剰に塗布することで、毛穴のつまりや過剰な油分を与えてしまうこともあります。

それらのトラブルが引き起きないよう、こちらも適切な量を使用することが大切です。

1種類でもOK!育毛剤を最大限活かす方法

1種類でも大丈夫!育毛剤の効果をアップする方法

ここまで、育毛剤の併用をなぜおすすめできないのかについて説明してきました。

基本的に育毛剤はその1つで効果が出るように作られていることも、おわかりいただけたかと思います。

自分の症状に合った育毛剤を使い続けることで、個人差はありますが改善の効果を感じることはできるでしょう。

育毛剤の効果を最大限高めるために、以下の点をポイントとして正しく使用していきましょう。

基本的に付けるタイミングは夜

育毛剤を使用するタイミングは夜がベストです。

夜シャンプーで頭皮や髪の汚れを十分に落としてから、育毛剤を使用することをおすすめします。

また、髪の成長には睡眠が大きく影響します。

ヒトは夜寝ている間に蓄積されたダメージを回復させますので、髪も寝ている間に成長すると言われています。

寝る前に使用することで、有効的に髪へと栄養を浸透させ、睡眠中に成長を促すことができるでしょう。

睡眠時間を有効的に活用するためにも、寝る前に頭皮を清潔に整え十分な栄養を与えることがいいとされています。

正しいシャンプーで髪と頭皮を清潔にする

シャンプーの時に、ゴシゴシと力を込めて洗ったりしていませんか?

力強いシャンプーは毛穴の汚れを落としきれないだけでなかく、頭皮にダメージを与え、乾燥や頭皮の荒れを引き起こします

頭皮の汚れは、優しく泡で落とすことを意識しましょう。

指の力ではなく泡で優しく洗浄することが大切ですから、爪を立てず指の腹マッサージするように洗い上げましょう。

また洗浄成分が頭皮に残らないように、しっかりとすすぐことも重要なポイントです。

優しくタオルドライ&正しくドライヤーをする

洗顔後そのままにしておくと、乾燥してつっぱってしまいますよね。

頭皮も同じで、濡れた状態が一番傷みやすく、乾燥を引き起こしてしまいます。

また髪が濡れている時はキューティクルが開いた状態なので、強くこすることで髪が傷んでしまいます。

シャンプーのあとは優しくたたくようにタオルドライし、しっかっりとドライヤーで乾かします。

濡れたままで寝てしまうことは絶対にやめましょう。

ドライヤーの熱が頭皮にダメージを与えないよう、適度な距離を保って根本からしっかりと乾かしましょう。

頭皮に育毛剤を直接付けてマッサージをする

髪がしっかりと乾いたら育毛剤を使用します。

育毛剤はそれぞれ用法用量が決められていますので、適量を守って塗布しましょう。

直接頭皮へ塗布し、指を使ってゆっくりと頭皮に育毛剤を揉み込みマッサージします。

育毛剤を塗布する際、同時にマッサージすることは非常に有効です。

頭皮をマッサージすることで、育毛剤の成分を行き渡らせることができるだけではありません。

血行促進や頭皮を柔らかく保つことができ、さらにはリラックス効果も期待できますから、眠る前に毎日続けていきましょう。

1種類でも期待できる育毛剤はこれ!

オススメの育毛剤

育毛剤といってもたくさんの種類が発売されていますよね。

いざ決めるとなると、あまりの商品数の多さに迷ってしまうかと思います。

ここではAGA通信おすすめ、1種類でも効果が期待できる育毛剤をご紹介したいと思います。

それではチェックしてみましょう!

チャップアップ

まずご紹介したいのは、チャップアップです。

チャップアップ育毛ローションから、特に気になる育毛成分をピックアップしました。

チェックしてみましょう。

センブリエキス・グリチルリチン酸・ダイズエキス・ウメ果実エキス・クロレラエキス・ジオウエキス・ボタンエキス

大きく分けると、センブリエキス・グリチルリチン酸・ダイズエキス・ボタンエキスには、炎症を抑えたり、血行を促進する作用があります。

ウメ果実エキス・クロレラエキス・ジオウエキスには、頭皮を保湿する効果があり、硬くなった頭皮にうるおいを与えてくれます。

頭皮環境の改善・血行の改善によって、育毛成分が髪に運ばれる仕組みを踏まえると、オールマイティな商品だと言えるのではないでしょうか?

他にも、育毛に有効な天然成分が数十種類も配合されています。

1本で効果を得たい!と考える人に、オススメの育毛ローションです。

公式サイトはこちら

イクオス

つづいてご紹介するのはイクオスです。

イクオスには、どのような特徴があるのでしょうか?

こちらも、特に気になる成分をまとめたので、参考にしてください。

グリチルリチン酸2K・ジフェンヒドラミンHC・センブリエキス・オウゴンエキス・ヒオウギエキス

グリチルリチン酸2KとジフェンヒドラミンHCは、頭皮の炎症を抑えて、頭皮環境を正常にします。

特に2KジフェンヒドラミンHCは、抗ヒスタミン剤として使用されているほど、アレルギーなどの炎症に効果の高い成分です。

また、センブリエキスには、毛乳頭の働きを活発にする作用があります。

これは嬉しい効果ですよね!

そして、オウゴンエキス・ヒオウギエキスには、男性ホルモン抑制効果があるので、男性型の脱毛に高い効果を発揮します。

全体的な効果が高いので、これ1本で育毛ケアに集中できるのではないでしょうか。

公式サイトはこちら

フィンジア

そして最後にご紹介する育毛剤がフィンジアです。

フィンジアの育毛効果を、成分の効果別に見てみましょう!

グリチルリチン酸2K・キャピキシル・ピディオキシジル・カプサイシン

まず、多くの育毛剤に使われているグリチルリチン酸2Kが、きっちりと配合されています。

やっぱり、頭皮の炎症は育毛の大敵ですよね。

キャピキシルには、有名な育毛成分であるミノキシジルの3倍もの育毛効果があると言われています!

また、ピディオキシジルは、ミノキシジルを改良して作られた成分です。

より安全に、より効果的になったようです。

そしてカプサイシンですが、こちらは辛味成分として、馴染みがあるかもしれませんね。

頭皮の血行と新陳代謝を促進して、成分の浸透を助けてくれます。

優しさと使用感を高めた、オススメの商品だと言えます!

公式サイトはこちら

【ちなみに】育毛剤と発毛剤を2種類併用するのはどう?

育毛剤と発毛剤の2種類併用は大丈夫?

ここまで2種類以上の育毛剤の併用を、お勧めしないことについて説明してきました。

それでは、育毛剤発毛剤を併用するのは、大丈夫なのでしょうか?

一般的に育毛剤は、抜け毛を減らして、今生えている毛を育てるものです。

しかし発毛剤は、毛が生えていない部分にもアプローチする商品です。

目的が違うこの2種類が、同時に使用できるのかどうか?について調べました。

発毛剤ならスカルプD メディカルミノキ5

まず、その前に、AGA通信おすすめの発毛剤「スカルプD メディカルミノキ5」をご紹介します。

2018年8月に発売されたばかり、頭皮ケアが気になっている人なら聞いたことがあるかもしれません。

発毛効果が認められている成分ミノキシジルは、とても有名な成分ですよね。

そのミノキシジルを5%も配合し、発毛を促進させます。

さらに酸化防止剤が不使用、塗布の際に余計なストレスを感じさせぬようヘッド部分も特別に開発。

シャンプーの種類も取りそろえているので、併用することをおすすめします。

発毛剤を使いたいと考えている人は、スカルプD メディカルミノキ5にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

発毛剤と育毛剤の併用もNG

まず発毛剤と育毛剤が可能かの説明の前に、オススメの発毛剤スカルプD メディカルミノキ5を紹介させていただきました。

しかし、残念ながら発毛剤と育毛剤の併用はNGです。

それでは、なぜ併用ができないのでしょうか?

大きく分けて、二つの理由があるので、引き続きご説明いたします。

  • 同時に使用しても両方の成分を吸収できない
  • 成分が混ざり合うことによって副作用のリスクが高まる

まず発毛剤も育毛剤も、1本の中に含まれている成分で、互いの効果を高められるよう、絶妙なバランスを保ちながら配合されています。

そのため、二つの商品を使用したために、配合バランスが崩れてしまい、効果が発揮されなくなってしまうのです。

また、大きな問題のひとつが、副作用のリスクが高まってしまうことです。

発毛剤は大きな効果が期待ができる一方、ただでさえ副作用のリスクが存在します。

そこで想定されていない別々の商品の成分が混ざることによって、予想外の副作用が起きる恐れがあります。

危険なので、同時に使うのはやめましょう!

2種類以上の育毛剤の併用は控えるのが無難!

育毛剤の併用は控えましょう

育毛剤は併用せず、1つの商品を継続して使用していきましょう。

ただし医師による指導のもと併用する場合や、内服タイプと塗布タイプなど種類が異なる場合は、併用することが可能な場合もあります。

しかし、併用することで思いがけない副作用やリスクが発生することもありますから、個人で判断するのは危険と言えます。

不安なことや心配なことがある場合は、クリニックなどに相談してみましょう。

育毛剤は医療品である発毛剤とは違って、その作用は非常に穏やかであると言われています。

自分の症状や好みにあったものを見つけて、根気よく長期間続けていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です