【2019年度版】育毛剤ランキングを見る →

頭蓋骨の成長によるハゲや薄毛の対処法【歪ませないことが大切】

頭蓋骨が成長するとハゲや薄毛に!?

頭蓋骨は脳を守ってくれる重要な骨です。

この部分が損傷してしまうと重症になってしまいます。

この頭蓋骨が成長すると言ったら意外に思われるでしょうか。

成長と言うと普通は手足が伸びたり背骨が伸びたりすることを想像されるかと思います。

しかし頭蓋骨だって成長するのです。

頭蓋骨は手足や背骨と同様に成長期になると成長し始め、成長期が終わると止まります。

そしてさらに意外なことに、実は頭蓋骨が成長することでハゲになることがあるようなのです。

頭蓋骨の成長でハゲや薄毛になる理由

頭蓋骨が成長するとなぜハゲになると言われているのでしょうか?その理由について詳しく見ていきましょう。

皮膚が引っ張られて緊張状態になるから

頭蓋骨が成長すると皮膚が引っ張られます。

皮膚が引っ張られると皮膚が緊張状態になります。

そもそも皮膚が緊張状態になるというのはどういうことでしょうか。

一枚の布を想像してみるといいでしょう。

布の端っこを二人でもって両側から引っ張ってみましょう。

すると布がピンと張って硬くなるのがわかると思います。

それが緊張状態のことです。

では、なぜ頭蓋骨が成長すると皮膚が引っ張られた緊張状態になるのでしょうか。

この場合の皮膚とは厳密に言えば頭皮のことですが、頭皮が引っ張られて緊張状態になると頭皮に負荷がかかることになります。

頭皮に負荷がかかると痛んでしまい、抜け毛の原因になってしまいます。

緊張状態で頭皮が硬くなるから

頭蓋骨が成長することで頭皮が緊張状態になることは先ほど説明しました。

頭蓋骨が成長して頭皮が緊張状態になると頭皮に負荷がかかってしまい、それが抜け毛の原因になることも説明しましたが、抜け毛の原因はそれだけではないのです。

実は頭皮が引っ張られることで緊張状態になると、頭皮が硬くなってしまいます。

頭皮が硬くなると毛が生えにくくなってしまいます。

また、頭皮が硬くなることで育毛剤やシャンプーなどが頭皮に浸透しにくくなり、これが発毛や育毛を妨げるということもハゲの原因として挙げられます。

血行が悪くなって栄養や酸素が十分に送られなくなるから

頭皮が引っ張られることで緊張状態になることと、頭皮が硬くなってしまうことは先ほど説明しました。

頭蓋骨が成長することでハゲになることの理由は実はそれだけでなく、血行が悪くなると栄養酸素が十分に送られなくなるということも挙げられます。

毛髪が発毛し、そして成長するには栄養と酸素が欠かせません。

毛髪に栄養を送るのは頭皮を流れる毛細血管がその役割を担っています。

しかし、血行が悪くなってしまうと毛細血管が収縮し、毛髪に栄養や酸素が送られなくなってしまうのです。

血行が悪くなる原因は様々で、代表的なものは運動不足やストレスですが、頭蓋骨が成長することによって頭皮が引っ張られることでも起こります。

リンパの流れが悪くなって代謝が落ちるから

リンパとは体中の静脈に張り巡らされたリンパ管と、その中を流れるリンパ液のことです。

リンパ液は身体の老廃物を外に排出する役割があります。

このリンパ液の流れが悪いと老廃物が体外に排出される効率が悪くなり、代謝が落ちてしまいます。

古いものを体外に排出して新しいものを取り入れ、代謝を活発にさせることは健康な体作りに不可欠です。

特に毛髪を成長させるには活発な代謝がきわめて重要です。

もし代謝が落ちてしまったら老廃物が身体に溜まっていってしまい、血液を通して髪に悪い影響を与えてしまいます。

そもそも頭蓋骨って成長するものなの?

頭蓋骨が成長すると聞いて驚いた方も少なくないかと思います。頭蓋骨が成長するというのは果たして本当なのでしょうか。

男性の場合は40代くらいまで成長する!?

頭蓋骨は生まれてから身体の発育・成長が止まるまでずっと成長し続けます。

身体の発育・成長が止まるのと同じくらいに頭蓋骨も成長が止まります。

身体は成長が止まったのに頭蓋骨だけ伸び続けるということは基本的にはありません。

もしそうなったら世の中は顔や頭が大きい人ばかりになってしまいます。

しかし、歳とともに頭蓋骨が変化していくのは事実です。

特に男性の場合、男性ホルモンの影響で40代くらいまでは顔が若干伸びたり大きくなったりはするようです。

女性の場合も中年になると鼻の下が伸びます。

20代から60代までの40年間で約3cmも伸びると言われているのです。

これもまた加齢による男性ホルモンの増加の影響であるとされています。

ただし頭皮の成長は止まってしまう

男性の場合は40代くらいまでは頭蓋骨が成長すると説明しましたが、頭皮の方は成長が止まってしまうのです。

頭蓋骨の方の成長に伴って頭皮も成長してくれればいいのですが、頭皮の方がこれ以上成長することはありません。

すると頭蓋骨は大きくなっているのに頭皮の方は大きさが変わらず、結果的に頭蓋骨の成長に伴って頭皮が引っ張られてしまうことになります。

頭皮が引っ張られてしまうとどうなってしまうかは少し前に説明した通りです。

頭皮が引っ張られると緊張状態になり血行が悪くなり、リンパの流れも悪くなって代謝が落ちたりと抜け毛の原因になってしまう様々な現象が起きてしまうことになります。

基本は頭蓋骨を歪まないようにすることが大切!

頭蓋骨が成長することによるハゲは対策をすることができます。頭蓋骨が歪まないように日々の生活の中で気を付けていきましょう。

頭蓋骨が歪むとさらにハゲになりやすくなる

頭蓋骨が歪んでしまうとハゲの原因になります。

頭蓋骨を歪ませないためには日々気を付けて生活していく必要があります。

頭蓋骨はどんなことが原因で歪んでしまうのでしょうか?

それは無理のある姿勢をとったり、長時間体が凝るような姿勢を続けたり、身体の一部分だけに負荷がかかるような運動をしたりなど様々な原因があります。

身体の姿勢や運動だけで頭蓋骨まで歪んでしまうというのは意外に思われるかもしれませんが、身体の骨はすべて繋がっていることを考えれば納得できるのではないでしょうか。

頭蓋骨を歪ませてしまう行動

先ほども説明したように頭蓋骨を歪ませてしまう原因となるものには日常の様々な身体の姿勢や運動があります。

たとえば現在では肉体労働よりも室内で働くオフィスワークが増えました。

特にIT業界を始めとして室内で長時間パソコンを使っている仕事はあるでしょう。

現在ではITに限らずあらゆる仕事でパソコンは欠かせないものになっています。

椅子に座ったまま長時間作業していると身体が硬くなってしまい、凝りの原因になります。

身体の凝りが慢性的に続くと骨が歪んでしまい、頭蓋骨の歪みに繋がっていきます。

ストレスでも歪んでしまうことがある

ストレスで頭蓋骨が歪んでしまうことをご存知ですか?

ストレスというのは精神的、心理的なものなのになぜ頭蓋骨が歪んでしまうのか不思議に思われる方もいるでしょう。

ストレスは確かに精神的・心理的なものですが、身体の健康と関係ないことはありません。

ストレスを溜めることで身体にいろいろな変調が起きてきます。

ストレスが溜まってくることでイライラすると片頭痛や肩こり、腰痛の原因になります。

同じように頭蓋骨にも歪みとなってストレスの影響が現れるのです。

頭蓋骨の歪みを解消するなら頭蓋骨矯正がおすすめ!

頭蓋骨の歪みを解消する方法はあるのでしょうか?

頭蓋骨は自分で歪みを治すのは難しいので、専門家に頼るのが一番いいです。

骨のトラブルといえば接骨院です。

もしハゲや薄毛に悩んでいる方で、頭蓋骨が歪んでいるかもしれないなと感じられる方は接骨院に行って頭蓋骨を矯正してもらいましょう。

もちろん、矯正をしたからといってすぐに頭蓋骨の歪みが治るわけではありません。

一度矯正してもすぐに戻ってしまうので、何度か通院して矯正を繰り返す必要があります。

しかし、たとえ一回の矯正でも一時的にではあれ効果は実感できるはずです。

姿勢を正すことで改善することも!

骨の歪みはなんとっても悪い姿勢が影響しています。

姿勢を悪くしているとだんだん骨の方が歪んでいきます。

特にオフィスワーカーの方は一日の大半を椅子座って作業をするので、長時間同じ姿勢でいるうちに猫背が固定されてしまったりして骨が歪んでいってしまいます。

骨を歪ませないように姿勢には日々気を付けていきましょう。

頭蓋骨による薄毛やハゲについてまとめ

頭蓋骨の成長を抑える方法はありませんので、頭蓋骨の成長は仕方ないものと思って諦めましょう。

しかし、頭蓋骨の成長による骨の歪みは諦める必要はありません。

骨が歪まないようにしたり、血行が悪くならないようにしたりなどの工夫はいくらでも行うことができます。

一度骨が歪んだまま何年も経ってしまうと歪んだまま固定されてしまうので、気付いた時には手遅れだったということにならないよう気を付けましょう。

もし骨が歪んでしまったら、頭皮の血行が悪く鳴ったりリンパの流れが悪くなったり頭皮が硬くしまい、ハゲや薄毛の原因なってしまいます。

そうならないためにも日々姿勢には気を付けていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です